物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

OnePlus 6Tからの正常進化版「OnePlus 7」発表!全体的にスペックをブラッシュアップ

中国のスマートフォンメーカーOnePlus からOnePlus 6Tの後継である『OnePlus 7』が発表されました。

同時発表されたOnePlus 7 Proはいろいろと飛び抜けたスマホになっていますが、無印のOnePlus 7は正常進化版です。

OnePlus 7 の特徴

OnePlus 7シリーズは無印のOnePlus 7とOnePlus 7 Proという初の兄弟機となりましたが、OnePlus 7のほうがOnePlus 6Tの正当な後継機と言って良いでしょう。

というのも外観上の大きな違いはOnePlus 6Tと殆どありません。

筐体サイズは157.7×74.8×8.2 mmで、これはOnePlus 6Tと全く同じ。重量は3gだけ軽くなりました。

ディスプレイも6.41インチフルHD+ AMOLEDで変わりません。水滴ノッチも同様。また6T同様にインディスプレイ指紋認証リーダーを搭載しています。

基本スペックは進化に相応しいものとなっていて、SoC(CPU)はSnapdragon855にアップ。RAMは6GB/8GBで変わりません。ストレージは128GB/256GBとこちらも同じですが、Pro版と同様にUFS 3.0にアップしています。これにより書き込み速度がOnePlus 6T比で79%向上。

背面カメラはダブルレンズで変わりませんが、48MP(f/1.6) + 5MP (f/2.4)メインのレンズは画素数がアップ。

またスピーカーは7 Proと同様にステレオになりました。Dolby Atmosにも対応しています。これはOnePlus 6Tからの進化としては結構大きな部分ですね。

対応周波数帯も、日本の3キャリア 4Gプラチナバンド対応。

FDD LTE: Band 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/ 19/20/25/26/28/29/30/32/66/71
TDD LTE: Band 34/38/39 / 40 / 41 / 46
TD – SCDMA: Band 34/39
UMTS(WCDMA): Band 1/2/4 / 5 / 8 / 9 / 19
CDMA: BC0/ BC1

防水対応もありますが、IP68等の規格認証はしていません。OnePlusはIP認証は金が掛かるから要らないと宣言し、水の入ったバケツに端末を投げいれてもOKだと言っています。恐らくは防滴レベルだと思いますが、IP認証が一つの防水度の目安となっていただけにちょっと残念。金が掛かるなら「IP68レベルと同じぐらいだ」ぐらいの宣言はして欲しいところです。(穿った見方をすれば、IP認証取れないからやらないだけでは?(特に7 Proのポップアップカメラ機構とか) とも見えるので)

全体的にOnePlus 6T のマイナーバージョンアップ版のような形ですが、価格が499ユーロ=日本円で約6.1万円と比較的リーズナブルでOnePlus らしい価格帯の製品になっているのが良いところ。7 Proが最小構成で8万円以上ぐらいの価格帯なので少し遠いところに行ってしまった感がありますが、OnePlus 7は大きな驚きはないものの、いつものOnePlusだとちょっと安心しました。

主要スペック vs OnePlus 6T

価格

気になる価格は、公式では499ユーロ(日本円で約6.1万円)となっています。

各オンラインストアの価格が更新され次第追記していく予定です。

販売サイト 価格 有償配送費用 配送会社
Gearbest Priority Shipping  5-11営業日配送
Banggood EMS 7-15営業日配送
ETOREN 主にFedEx 1-3営業日配送
Geekbuying EMS 7-15営業日配送

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページで最新価格をチェックできます。

配送オプションですが、買うなら有償配送がお勧めです。通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はEMS/DHL等のExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。概ね4-10営業日で届く予定で、大手国際配送業者なので安心感があります。ちなみにEMSの場合は遠隔地配送料=Remote Area Feeも掛かりませんので、地方の方には特にお勧めです。

最新割引クーポン情報はこちら
Gearbest Banggood

関連ページ

・公式ページ :  OnePlus 7

・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 : GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top