AnTuTu22万点でたったの99.99ドル! 「OUKITEL C32」発売-UNISOC T606+8GB RAM搭載し、ドコモ/SoftBankの4Gプラチナバンド対応

OUKITELから、UNISOC T606を搭載した低価格スマートフォン「OUKITEL C32」が発売されました。

日本のdocomo 4G LTE B19プラチナバンドに対応して、価格は以下のように、いきなり100ドル以下となっています。

価格は99.99ドル

OUKITELの公式AliExpressストアでは、109.99ドルで販売されましたが、ストアクーポンが10ドルあり、99.99ドルとなります。

AliExpress : OUKITEL Official Store

OUKITEL C32

最近のスマホは低価格帯でも良いデザインをしていますが、C32もデザイン的には100ドルのスマホに見えないレベル。

カラーはブラックとブルー、そしてパープルの3色。

AnTuTu 49万点のプロセッサとRAM/ストレージ

SoC(CPU)はUNISOC T606 8コア 1.6 GHz を搭載しています。タブレットでよく採用されているプロセッサですが、AnTuTu v9ベンチマークで22万点超と、100ドルのエントリー機としては破格のスコア。

メモリは8GBもあり、ストレージは128GB、またmicroSDカードも1TBまで使えて増設可能。

RAM 8GBというのは、この価格と見合わないスペックで、使い勝手の上でもかなり余裕度があって良いです。

ディスプレイ

ディスプレイは6.517インチ IPSとなっていて比較的大型です。解像度は1600×720とHD+レベルですが、実用上は6インチ程度ではフルHDでもHDでも大きな差はでにくい部分なので、このあたりはコスト優先したという事でしょう。

バッテリーと充電

バッテリーは5150mAhと比較的大容量。
ただし急速充電は10Wと旧来のもの。

カメラ

背面カメラは3眼に見えますがメインは20MPで、公式スペックがそれ以外の詳細を記載していない為、20MP+サブx2なのかダミーなのか分かりません。フロントカメラは5MP。

対応周波数とeSIM

対応周波数帯域はグローバルバンドをサポート。docomo/ソフトバンクの4Gプラチナバンドをサポートしています。*auのB18は非対応。

2G: B5/B8/B3/B2
3G : B1/b8
4G FDD-LTE: B1/B3/B5/B7/B8/B19/B20
TDD-LTE: B38/B40/B41

主要スペック

OUKITEL C32
ディスプレイ 6.517インチ 1600×720 HD+
IPSディスプレイ
SoC(CPU) UNISOC T606 8コア 1.6 GHz
メモリ 8GB
ストレージ 128GB
OS Android 12
カメラ ・バック
20MP
・フロント
5MP
バッテリー/充電 5150 mAh
WiFi/Bluetooth WiFi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
SIMスロット Dual SIM (nano SIM x2)
microSD あり : 最大1TB
対応周波数帯 2G: B5/B8/B3/B2
3G : B1/b8
4G FDD-LTE: B1/B3/B5/B7/B8/B19/B20
TDD-LTE: B38/B40/B41
サイズ 164.5 x 76 x 9.2mm
重さ 198g
カラー ブラック/ブルー/パープル
その他 ・USB Type-C
・側面指紋認証リーダー

関連リンク

OUKITEL公式サイト : C32

最新情報をチェックしよう!