48MPカメラに進化した「UMIDIGI F1 Play」~ Helio P60/5150mAh大容量バッテリー搭載で国内3キャリアプラチナバンド対応

UMIDIGIから、ハイコスパで売れていたスマートフォン F1のブラッシュアップ版である「UMIDIGI F1 Play」が発売されました。

Helio P60搭載、4G B19等プラチナバンド対応等、大容量バッテリーなど見所の多いスマホです。

UMIDIGI F1 Playの主な特徴

F1からの進化点としては以下公式比較が一番分かりやすいかと思います。

大きな進化としては、まずは背面のメインカメラが16MP+8MPから48MP+8MPへと画素数が大幅に向上した点でしょう。絞り値f1.7は変わりませんが、より夜景の撮影などにも強くなっています。

あとはメモリが4GB → 6GBへと増量。そしてストレージは128GB → 64GBへと減量されています。メモリのアップは嬉しい改善ですが、ストレージ半減はアップデート版としてはどうかな?という面もあります。ただmicroSDが256GBまでサポートされるので、デュアルSIMを使わないならそれほど問題無いですし、価格を抑えるという意味でも冷静な判断だと思います。

カラーはF1であったゴールドが無くなり、レッドとブラックの2色。

対応周波数帯も引き続き国内3キャリアLTEプラチナバンド対応です。3G もB6/B19とサポートされているので安心です。
3G: EVDO BC0,BC1
3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /6 /8 /19
3G: TD-SCDMA 34 /39
4G: TDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /25 /26 /28A /28B

5150mAhの大容量バッテリーも変わらず。重量は193gで7gほどF1から増えましたが、誤差レベル。

価格は200ドル台半ばちょい程度で発売されていますが、3G/4Gプラチナバンド対応でこの価格というのはまずまず安いですし、クーポン/セールを逃さなければもう少し安く買えるはずです。UMIDIGIは日本のAmazonでも販売する為、周波数帯的には日本フレンドリー仕様だし、海外SIMフリー機としては優秀のスペックです。

主要スペック

UMIDIGI F1 Play 価格 スペック

価格

気になる価格はGearbestでは269.14ドルで販売スタートしています。
Gearbest販売ページ

Banggood販売ページ

最新割引クーポン情報はこちら
[maxbutton id=”1″ url=”https://butsuyoku-gadget.com/gearbest-coupon-4/” linktitle=”Gearbest最新クーポン” ] [maxbutton id=”2″ url=”https://butsuyoku-gadget.com/banggood-latest-coupon/” linktitle=”Banggood最新クーポン” ]

関連ページ

・公式ページ: UMIDIGI F1 Play
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全


最新情報をチェックしよう!