物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

今度の極小スマホはタフネス「Unihertz Atom」! 6月からクラウドファンディング開始

世界最小のLTEスマートフォン「Jelly/Jelly Pro」を発売した スマートフォンメーカーUnihertzが、新しい小型スマホ「Atom」の発売を予告しました。

今度の極小スマホはタフネスです。

Unihertz Atomの特徴

今度のAtomはタフネススマホ。しかもちゃんとホーム/ナビゲーションボタンもあります。しかもホームボタンは指紋認証リーダーがあるっぽいイメージです。(新しいホームボタンに気付きましたか?というようなコメントをしているので、恐らくあるのでは無いかと)

Jellyとのスペックの比較。CPUはオクタコア(2GHz x4 + 1.5GHz x4)となり、大幅に性能向上を果たしています。またRAMも倍増の4GB、ストレージも64GBと普通のスマートフォンとして見ても充分な容量を確保。バッテリーは倍以上で2000mAh。カメラはフロント8MP、背面16MPとこちらもどこを取っても普通レベルのスマホになっています。写真ではぱっと見多少厚みは増したかなという程度でサイズは変わっていないように見えますから、このサイズにどんだけ詰め込んだんだという仕様です。

AtomはKickstarterにて、6月からクラウドファンディングで出資受付開始予定です。

ここからは個人的な意見ですが、まずタフネススマホ好きとしては間違いなく買います(出資します)。Jelly ProでもSoC(CPU)が若干遅いかなと感じる事はあるものの、操作性に不満はありません。どうせこの小型スマホでできる事は電話/LINEとか限られていますしね。ただバッテリーの持ちはあまり良くないので2倍以上に増加はうれしい。カメラも画質が高ければかなりうれしい。というのも、趣味がSUPとか釣りなんで、持っていくスマホは小さければ小さいほど助かるのです。SUPなんか荷物は特に限られますし。その際に連絡用兼デジカメもでるきなら尚GOODです。いまはXZ1 Compactにハード目のカバーを付けているのですが、それがAtomでまかなえるなら助かるんですよね。但し画質が悪ければ(普通のローエンド中華スマホレベルなら)乗り換えるのは厳しいかな。

しかし、小型タフネススマホという完全にニッチな世界に製品を狙うあたり、かなりいい線を狙ってます。

私はJelly Proを小学生の娘用にしていますが、やはり落下による傷は避けられない。カバー付きで運用していても傷が付くくらいなので。そういう意味では子供に持たせるスマホとしてはこれ以上無いと思います。

関連サイト

・公式ページ :Unihertz

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 居着いたガジェオタ

    衝撃の、ホームボタン搭載!
    しかもほぼ同じサイズでバッテリーが倍以上、これでタフネスって、いきなり進化しすぎでしょう(笑)

    jellyで不満だったのが、
    ・せっかく小型だからカバーつけてサイズアップしたくなかったけど裸で持ち歩くと傷ががが。
    ・防水じゃないから雨の日に持ち出すの怖かった。
    ・ロック解除がめんどくさい。生体認証は必須と感じた。
    ・やっぱり電池がすぐ無くなる。
    ・セルスタンバイどうにかして

    まぁ、セルスタンバイは改善されてるかわからないけど、2000mAhあれば気にならないでしょう。
    不満だったところがほとんど解消されてて驚きました。
    えぇ、もちろん出資します。正直、自分には用途がそんなに無いけど、もうコレクションでいいやw

    • 返信遅くなってしまいました。
      いやほんと進化しすぎです。
      しかも最新の情報ではUSB Type-Cです。出し惜しみなしで清々しい。
      逆に中華の小メーカーは、こういう勝負をしていかないと生き残れないのかもとか心配になります。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top