物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【クラファン中!】超小型スマホが帰ってきた! 3インチ「Unihertz Jelly 2」がクラファン開始~大型スペックアップしてFelica対応も

世界最小超小型4Gスマホで話題となったUnihertzのJellyの後継機「Jelly 2」が2020年7月21日 22時よりクラウドファンディングサイト Kickstarterに登場します。Super Early Birdはたった48時間のみですが、129ドル(約1.4万円)と激安。

バッテリー倍増、2.45インチから3インチへと大型化、なによりFelica対応やHelio P60採用と盛りだくさんのスペックです。

※クラファンスタートしましたが、毎分100台ずつ売れていて(出資ですが)、格安のEarly Birdとかも無くなりそうです。欲しい方はお早めに。

Kickstarter : Unihertz Jelly2

Unihertz Jelly 2の特徴

Jelly2は3.0インチの超小型スマホで、先代の2.45インチから0.55インチ大型化されました。私もJelly(スペックアップ版のJelly Proですが)を使っていましたが、2.45だと文字打ちがキツかったのでサイズアップは嬉しい所。
解像度も432×240から854×480と倍増しています。

SoC(CPU)はMediaTek Helio P60。初代はややもっさりでこれでも仕方ないかなと思ってましたが、Helio P60ならAnTuTuベンチマークでも13万点ほどあり、ゲームなどはこの小さい画面ではやらない事を考えると充分サクサクとした動作が期待出来ます。

RAM+ROMも凄く、6GB+128GBです。よくこの小さなボディに詰め込んだと感心します。

またバッテリーも倍以上となっていて、初代の950mAhから2000mAhになりました。スペックアップした分消費電力も増すので駆動時間も倍以上になるか不明ですが、初代の難点の一つがバッテリーだっただけに嬉しい改善点です。

SIMはnano SIM x2で1つをmicroSDと共用します。

気になる周波数帯は、以下のようになっていて、3G B19や4Gは3キャリアプラチナバンド対応。
WCDMA: 1/2/4/5/6/8/19
FDD-LTE: 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28AB/66
TD-LTE:34/38/39/40/41

以下のように日本のdocomo/au/SoftBankのロゴまで入っていてがっちりサポートされています。

また凄いのが日本からの購入者だけ、Felica対応機で出荷される点。恐らくJellyはかなり日本で売れたのでしょうね。

初代との違いは以下の通り。

Kickstarter : Unihertz Jelly2

主要スペック

Unihertz Jelly 2
ディスプレイ 3.0インチ (854×480)
SoC(CPU) MediaTek Helio P60 MT6771
オクタコア 最大2.0GHz
メモリ+ストレージ 6GB
128GB
OS Android 10
カメラ ・バック 16MP
・フロント 8MP
バッテリー/充電 2000mAh
WiFi/Bluetooth Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.1
SIMスロット nano SIM + nano SIM
microSD 有り
対応周波数帯 GSM: 2/3/5/8
WCDMA: 1/2/4/5/6/8/19
FDD-LTE: 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28AB/66
TD-LTE:34/38/39/40/41
CDMA2000 :BC0/BC1
サイズ 95×49.4×16.5mm
重さ 110g
カラー ブラック
その他 ・USB Type-C
・背面指紋認証
・IR(赤外線)
・イヤホンジャック無し
・NFC/Felica対応

 

クラウドファンディング

Kickstarterでのクラウドファンディングは、2020年7月21日22時からスタート!

プロジェクトは既にゴール金額を達成しているので、出資=購入です。

現在は159ドルで1台、290ドルで2台が買えるようになっています。

Jelly2の発送は、順調にいけば2020年12月の予定です。

Kickstarter : Unihertz Jelly2

 

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. >また凄いのが日本からの購入者だけ、Felica対応機で出荷される点。恐らくJellyはかなり日本で売れたのでしょうね。

    Unihertzが過去に実施したKickstarterプロジェクトでは、Jelly以外の全て(Atom,Titan,Atom L,Jelly2)で日本からの出資者が最多のようです。(概ね日本、アメリカ、ドイツで上位3国を占めます)
    一般販売でも同様の傾向であれば、実際に日本からの需要が割合として非常に大きいのではないでしょうか。

    • やはりそうなんですね。基調な情報ありがとうございます。
      GPDなんかもそうですが、ニッチでも一芸に秀でた製品は日本人は好きですからね。
      Jelly2は特に日本人の心をぐっと掴んだ製品になっていると思いますし、その努力は確かによく研究しているなと思います。

  2. cpuはとにかくとして、ストレージがufs2.1対応ってことでatomよりも大幅に快適度は上がりそうですね。側面のラバーも剥がれないでしょうし(解像度などの関係上バッテリーの持ちで言うならatomのが良いとは思いますが…

    • ですよね。
      自分はatom触っていないのですが、HelioP60とUFS2.1なら基本的には快適に動くだろうし、以前のJellyのように「この小ささでAndroidが動くだけで感謝」みたいな我慢はしなくて良いのは凄く期待しちゃいます。

コメント

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

タブレット

More
Return Top