物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

たった2.5万円~! Xiaomiが日本で「Redmi Note 9S」「Mi Note 10 Lite」を発売!

中国のXiaomiが日本で「Redmi Note 9S」「Mi Note 10 Lite」を発売すると発表しました。
Redmiシリーズは日本初上陸です。

特にRedmi Note 9Sは価格的にも安く魅力的。

Redmi Note 9S

Redmi Note 9Sは6.67インチでフルHD+解像度ディスプレイのスマートフォンで、フロントカメラはパンチホール型とトレンドを抑えたデザインになっています。

SoC(CPU)はSnapdragon 720G。AnTuTu(V8)ベンチマークは27~28万点程度は見込める模様。このスコアはSnapdragon845クラスの性能があるわけで、2万円台のスマホでは破格のスコア。

RAM/ROMは4GB+64GB、6GB+128GBの2構成。

カメラは背面がクアッドレンズで、 48MP(1/2インチ f/1.79)のメイン、8MP (119度広角 f/2.2)、5MP (マクロ f/2.4)、2MP (深度用 f/2.4)と低価格路線とは思えない豪華な仕様。フロントは16MPです。

指紋認証リーダーは側面の電源ボタンに内蔵されています。

対応周波数帯は国内3キャリア4Gプラチナバンド対応。

WCDMA:B1/2/4/5/6/8/19
TDD LTE:B38/40/41
FDD LTE:B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28

これだけの性能でありながら、国内販売価格は4GB+64GB版で24,800円、6GB+128GB版は29,800円と激安。しかも税込み価格。

中国のオンラインストアでも210ドルぐらいで安い方なので、プラチナバンド対応且つ国内販売で24,800円というのは、ほぼ個人輸入と変わらない価格で驚きです。

発売日は以下の通り。

【209.99ドルクーポン】Xiaomiの価格破壊スマホ「Redmi Note 9S」発売中~SD 720G/パンチホール/クアッドカメラ搭載で2万円台

Mi Note10 Lite

Mi Note10 Liteは6.47インチフルHD+解像度ディスプレイを持ったスマートフォン。

SoC(CPU)はSnapdragon 730Gで。AnTuTu(V8)ベンチマークは25~26万点程度と概ねRedmi Note 9Sと同じレベル。

RAM/ROMは6GB+64GB、6GB+128GBの2構成で、ローモデルのRAM容量がRedmi Note 9Sより2GBアップしている。

カメラは背面がクアッドレンズで、 64MP(1/1.73インチ f/1.89)、8MP (広角 f/2.2)、5MP (深度 f/2.4)、2MP (マクロ f/2.4)となっています。

指紋認証リーダーは画面内に組み込まれています。

対応周波数帯は国内3キャリア4Gプラチナバンド対応。

WCDMA:B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
LTE FDD: B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28
LTE TDD:38/40/41(2535 ~ 2655 MHz)

国内販売価格は6GB+64GB版で39,800円、6GB+128GB版は44,800円。こちらは海外のオンラインストアで売られている価格からすると少しだけ割高感ありますが、それでもミドル機としてはMi Note10ベースで日本のプラチナバンド対応でこの価格というのは安いと言えるでしょう。

発売日はRedmi Note 9Sと同様、2020年6月2日から予約受付、6月9日から発売開始となります。

Xiaomi Mi Note10 の廉価版「Mi Note10 Lite」グローバル版が発売~カメラスペック以外ほぼ同じで3万円台と割安

関連ページ

・Xiaomi公式サイト : Redmi Note 9S / Mi Note10 Lite

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Xiaomiかなり本気出してますね。
    こうなると例のCMは本当に余計でした…。

    • あのCMはXiaomiの心底を見てしまった気がしますね。
      でもRedmi Note 9Sの日本版が2.5万円はかなり強気に攻めてきているのは間違いないですね。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タブレット

More
Return Top