物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Xiaomiが価格破壊機スマホ「Redmi Note 9S」発売~SD 720G/パンチホール/クアッドカメラ搭載で2万円台

中国のスマートフォンメーカーXiaomi から、Snapdragon720G搭載のグローバルスマートフォン『Xiaomi Redmi Note 9S』が発表/発売されました。

Xiaomi Redmi Note 9Sの主な特徴

XiaomiのハイコスパブランドRedmiの最新機「Redmi Note 9S」は 2万円台の超低価格ながら、ミドルハイクラスの性能をぶち込んだ価格破壊機のようなスマホです。

ディスプレイは6.67インチフルHD+(2400×1080)。フロントカメラはパンチホールでデザインもすっきり。

SoC(CPU)はSnapdragon 720G。型番的には730Gのほうが上ですが、クロック周波数はMax 2.3GHzと0.1GHz 720Gが上。ただ性能は遜色ないようで、AnTuTu(V8)ベンチマークは27~28万点程度は見込める模様。このスコアはSnapdragon845クラスの性能があるわけで、2万円台のスマホでは破格のスコア。

メモリとストレージは4GB+64GBか、6GB+128GBがあり、microSDは最大512GBまでサポートします。

カメラは背面がクアッドレンズで、 48MP(1/2インチ f/1.79)のメイン、8MP (119度広角 f/2.2)、5MP (マクロ f/2.4)、2MP (深度用 f/2.4)と低価格路線とは思えない豪華な仕様。フロントは16MPです。

指紋認証リーダーは電源ボタンに内蔵されています。

イヤホンジャックも削られずにありますし、XiaomiらしくIR(赤外線)も使えます。

カラーはホワイト/ブルー/グレーの3色。

OSはAndroid10ベースのMIUI11と思われます。

やや気になるのは209gという重量。これで190gぐらいなら完璧なんですが、金額も含めて全てが満たされるスマートフォンというのはなかなか無いものです。それでも最近は200g-210gまでなら許容範囲内だろうという風潮があるので多少重くても手帳型カバー着けてしまえば、スマホの10g程度の重さなんて誤差みたいなものという方も居ますしね。

周波数帯は以下の通りで、グローバル版なのにサポート周波数帯が少ない。ソフトバンク系はいつものようにLTE B8プラチナバンド対応です。
WCDMA: B1/2/4/5/8
TDD LTE: B38/40
FDD LTE: B1/2/3/4/5/7/8/20/28

ただし、Xiaomiは日本投入も示唆しているので、日本用は対応周波数帯をがっちり合わせてくると思われます。

主要スペック

価格

Gearbestでは既にプリオーダーが開始されていて、4GB+64GB版が249.99ドルとなっています。
出荷は4/27以降の発送です
Gearbest販売ページ

以下は記事執筆時点でのその他サイトも含めた価格比較です。

販売サイト 有償配送費用 配送会社
Gearbest 1.01ドル Expedited Shipping 3-8営業日配送
Banggood 5.21ドル Japan Direct Mail 6-12 営業日配送
ETOREN 1944円 主にFedEx 1-3営業日配送
Geekbuying EMS 7-15営業日配送

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページに行けます。
価格はあくまで記事作成時点でのものですので、最新価格は直接サイトで確認してください。(セール等で思いの外安くなっている場合もあります)

配送オプションですが、買うなら有償配送がお勧めです。通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はEMS/DHL等のExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。概ね4-10営業日で届く予定で、大手国際配送業者なので安心感があります。ちなみにEMSの場合は遠隔地配送料=Remote Area Feeも掛かりませんので、地方の方には特にお勧めです。

最新割引クーポン情報はこちら
Gearbest Banggood

関連ページ

・公式ページ:   Xiaomi Redmi Note9
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全


コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top