物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【348.19ドル日本専用クーポン追加】『Xiaomi Mi MIX 2S』発売中! スナドラ845/ダブルレンズカメラ/Qi対応と大幅進化

※セール/クーポン情報を最下部に追加しました。

Xiaomiからフラッグシップスマホ「Mi MIX 2S」が発表されました。

スナドラ845、ダブルレンズカメラ搭載など、大幅な進化を果たしています。

Xiaomi Mi MIX 2Sの特徴

Xiaomi Mi MIX 2の後継機として、Mi MIX 2Sが発表されました。

MIX2の名称を引き継いで2Sとなった為「マイナーチェンジ」のようにも感じますが、充分フルモデルチェンジレベルの進化を果たしています。

大きく変わった点をまとめたスライドがこちら。

ディスプレイは5.99インチのフルHD+解像度は変わらず、縦長3面狭額縁デザインも変わりません。

一番大きく変わったのはカメラでしょう。背面はiPhone X風の縦配置のダブルレンズカメラ(12MP+12MP)になりました。MI MIXシリーズの唯一の弱点と言っても良かったカメラがダブルレンズ化されたのは大きなメリットでしょう。背面のレンズはf1.8となり、より暗所でも明るく撮れるようになりました。

ダブルレンズでは当然ポートレートモードで背景ボケ気味の写真も撮れ、更にAI搭載で風景や植物、人や動物などを見極めて、最適な設定で写真を撮ってくれます。そのため写真の品質ベンチマークであるDxO MARKでは「101」というスコアをたたき出しています。が、DxO MARKのサイトを見ると「97」の模様。どちらが正しいのかわかりませんが、Galaxy S9+が現時点では「99」で最高。iPhone Xが「97」である事を考えると、多少の誤差はあってもスマホでは最高レベルであることは間違いなさそうです。→この点数は動画+写真の点数で、「101」というスコアは写真のみでのスコアです。こちらに詳細ありました。J様、コメントでのご指摘ありがとうございました。また最新のランキング結果はDxOMarkにて確認してください。

また、SoC(CPU)も最新のSnapdragon845に進化。AnTuTuベンチマークでは27万点オーバーと異次元レベルです。

メモリ+ストレージ構成は、6GB RAM+64GB/128GB ROM、8GB RAM+256GB ROMという構成で、これでもかとハイエンド。

その他、ワイヤレス充電(Qi)対応にもなりました。対応周波数帯は、Mi MIX2と同様にグローバルの周波数帯を多数サポートし、日本のdocomo/SoftBank/auの3キャリアのLTEプラチナバンドを引き続きサポートします。

※B19プラチナバンド対応は 8GB RAM版のみ。ここはちょっと注意が必要です。但し6GB RAM版でも”グルーバルバージョン”では8GB版と同じフルバンドをサポートしますので、B19等の日本のプラチナバンド対応が欲しい場合は、6GB RAM版の場合はグローバルバージョンか8GB RAM版と言う事になります。

8GB RAM版/グローバルバージョン周波数帯
CDMA1X/EVDOBC0 / BC1 / BC6 / BC10
WCDMAB1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B6 / B8 / B9 / B19
TD-SCDMA B34 / B39
TD-LTEB34 / B38 / B39 / B40 / B41
FDD-LTE B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 /
B13 / B17 / B18 / B19 / B20 / B25 / B26 /
B27 /B 28 / B29 / B30

6GB RAM版周波数帯 (中国国内版)
GSMB2 / B3 / B5 / B8
CDMA1X/EVDO BC0
WCDMAB1 / B2 / B4 / B5 / B8
TD-SCDMAB34 / B39
TD-LTEB34 / B38 / B39 / B40 / B41
FDD-LTEB1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 /
B8 / B12 / B17 / B20

これで価格は、最小構成が3299 RMB(約5.5万円)という破格値で中国国内では2018年4月3日から発売。GeekbuyingやGearBest等のオンラインショップでの発売は5月頃になりそうです。

現行のMi MIX 2も魅力的な端末でしたが、Mi MIX 2Sは更に死角が無くなった完璧に近いハイエンド端末になってますね。

フォト/イメージ

主要スペック Mi MIX 2Svs Mi MIX 2

Xiaomi Mi MIX 2s Xiaomi Mi MIX 2
ディスプレイ 5.99インチフルHD+ (2160×1080)
アスペクト比 18:9
5.99インチフルHD+ (2160×1080)
アスペクト比 18:9
CPU Qualcomm Snapdragon 845 (up to 2.8GHz) Snapdragon 835 Up to 2.45 GHz
メモリ 6GB / 8GB 6GB
ストレージ 64GB / 128GB / 256GB UFS 64GB / 128GB / 256GB
OS MIUI 9(Android 8.0ベース) MIUI 9(Android 7.0ベース)
カメラ 背面 12MP + 12MP (f/1.8)
前面 5MP (f/2.4)
背面 12MP
前面 5MP
バッテリー 3400 mAh (QC3.0対応) 3400 mAh (QC3.0対応)
ネットワーク Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0 ,NFC
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.x ,NFC
SIMスロット nano SIM x2
デュアルスタンバイ
nano SIM x2
デュアルスタンバイ
microSD 無し 無し
対応周波数帯 ※8GB RAM/6GB RAMグルーバル版
GSMB2 / B3 / B5 / B8
CDMA1X/EVDOBC0 / BC1 / BC6 / BC10
WCDMAB1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B6 / B8 / B9 / B19
TD-SCDMA B34 / B39
TD-LTEB34 / B38 / B39 / B40 / B41
FDD-LTE B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 /
B13 / B17 / B18 / B19 / B20 / B25 / B26 /
B27 /B 28 / B29 / B30
2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
CDMA: CDMA BC0/BC1/BC6/BC10,CDMA EVDO BC0/BC1/BC6/BC10
3G: WCDMA B1/B2/B3/B4/B5/B6/B8/B9/B19
TD-SCDMA: TD-SCDMA B34/B39
4G: FDD-LTE B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8
/ B12 / B13 / B17 / B18 / B19 / B20 / B25 / B26 / B27 / B28 / B29 / B30
TDD/TD-LTE: TDD-LTE B34/B38/B39/B40/B41
サイズ 150.86 x 74.9 x 8.1mm 151.8 x 75.5 x 7.7mm
重さ 189g 185g
その他 ・USB Type-C
・指紋認証センサー
・ワイヤレス充電(Qi)
・USB Type-C
・指紋認証センサー
カラー ブラック、ホワイト ブラック、ホワイト

価格

既にGeekbuyingで販売がスタートしています。
気になる価格は、6GB RAM+64GB ROM版が639.99ドル(72143円)です。

Geekbuying販売ページ :Xiaomi Mi Mix 2S 6GB 64GB

以下は記事執筆時点でのその他サイトも含めた価格比較です。※6GB RAM+64GB ROM版

販売サイト 価格 有償配送費用 配送会社
GearBest 69493円 1622円 Expedited Shipping (DHL)
Banggood 75038円 129円 Japan Direct Mail 3-9営業日配送
TOMTOP DHL
Geekbuying 72143円 657円 DHL

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページに行けます。
価格はあくまで記事作成時点でのものですので、最新価格は直接サイトで確認してください。(セール等で思いの外安くなっている場合もあります)

配送オプションですが、もし買うなら有償配送がお勧めです。通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はEMS/DHL等のExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。概ね4-10営業日で届く予定で、大手国際配送業者なので安心感があります。ちなみにEMSの場合は遠隔地配送料=Remote Area Feeも掛かりませんので、地方の方には特にお勧めです。

セール/クーポン情報

Banggoodのクーポンを頂きました。

6GB RAM+ 128GB ROM版グローバルバージョン
カラー: ブラック348.19ドルクーポンコード:12BGX2JP  (日本専用クーポン)
販売ページ


GearBestでは6GB RAM + 64GB ROMのグローバルバージョン ホワイトがセールで379.99ドルです。

6GB+64GB版 グローバルバージョン

更に、349.19ドルまで下がる限定30台の激安クーポンが出ています。DHL(3-8営業日配送)送料がわずか3.41ドルで合わせて352.60ドル。めちゃ安いので恐らく瞬殺もあり得ると思います。

349.19ドルクーポンコード:  GBMPKBG36   (限定30台)

GearBest販売ページ

関連サイト

・公式ページ: Xiaomi Mi MIX2S (中国語)
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・TOMTOP買い物ガイド :TOMTOPでの買い物の仕方~日本語もあるので輸入も比較的簡単~

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 12 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DxO MARKの97点というのは、写真と動画の点を合わせた総合点であることに対し、Xiaomiの掲げる101点というのは写真のみの点数です。

  2. いつも参考にさしていただいています。
    標準バージョンと、8G ramバージョンでは、対応bandが違います。ご参考まで。(b19等のプラチナband対応は、8Gramバージョンのみ)

    • ご指摘ありがとうございます!
      確かにそうでした。尊享版(8GB)、标准版(6GB)で周波数帯が違いますね。
      ただいま追記させて頂きました!ありがとうございます。

  3. 8Gでたら即買いなレベルですね、
    いくらになるんでしょうね

    • 8GB版はほんと待ち遠しいですよね。日本で使うならプラチナバンドは欲しいですし。
      BanggoodもGeekbuyingも在庫はまだなものの、価格だけは公表していて、809.99ドル(9万円)、825.99ドル(9.3万円)となっています。
      (Geekbuyingはプリオーダーが始まりました)

  4. 初めてコメントします
    Mi Mix 2SのバンドについてなのですがGlobal Versionについてのもう少し詳細に言及をしたほうが良いかと思います
    というのもGlobal Versionは6GBしか存在しない代わりにバンドはすべて網羅しているからです
    Global Versionではないものだと確かに6GBと8GBでバンドが異なるため注意が必要ですが
    Global Versionを選べばその心配はないと書くと、よりわかりやすく親切で選択肢が広がると思います
    下記は香港のグローバル版の詳細ページです
    https://www.mi.com/hk/mix2s/specs/
    あと今安く変えるプレセールもやっているみたいです

    • ご指摘ありがとうございます。
      仰る通りです。リンクもありがとうございます。
      ただいま記事修正させて頂きました。
      今後ともよろしくお願いいたします。

  5. あれ?Huaweiのp20 pro がdxdで現状世界最高だったと思います

    • ご指摘のとおりP20 Proが現状最高レベルです。
      ただあくまで記事作成時点での結果でして、そのときはS9/S9 Plusがトップだったのでこの記載となっています。
      そのため記事に「最新のランキング結果はDxOMarkにて確認してください。」と追加させて頂きました。

  6. グッドデザイン賞の受賞製品眺めてたらMix 2(Sではない)が入ってたので近いうちに小米も日本進出するかもしれませんね。

    • XiaomiはMi MIX(初代)、MIX2と2世代続けて受賞なんですね。知らなかった。情報ありがとうございます。

      まぁ既にmi mix 2sのバンドは日本にマッチしてますし、後は技適取って売るだけなんですが、そうしたら販売網も考えなきゃいかんし、サポート体制も・・・なんてのが面倒なのかもしれませんね。
      またXiaomiはどちらかと言うとシェアの取りやすい国を優先しているので、そういう方向性もあるのだと思います。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top