物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【128GB版が409.99ドル!】Xiaomiフラッグシップ『Xiaomi Mi 8』発売!ノッチデザイン/スナドラ845の最先端スマホ

※セール/クーポン情報を最下部に追加しました。

中国のスマートフォンメーカーXiaomiからフラッグシップとなる『Xiaomi Mi 8』が発売されました。

Xiaomi Mi 8の主な特徴

Xiaomiフラッグシップスマートフォン「Mi 8」が遂に発売です。Mi6から7を飛ばしてMi8になったのは8周年に合わせてという事みたいですね。

ディスプレイは18.7 : 9という特殊なアスペクト比で、先代のMi6の5.15インチから6.21インチ縦長ディスプレイへと大幅にアップしました。

6インチオーバーですが、縦長ディスプレイの為、実質5.5インチサイズです。解像度は2248×1080でFHD+。ディスプレイタイプはAMOLED(有機EL)で、恐らくは極上の発色の良さでしょう。ディスプレイ上部には流行のノッチがあります。

カメラは背面には12MPx2のダブルレンズとなっています。カメラのベンチマークであるDxOMarkで105(Photoのみ)と、HUAWEI P20に迫るスコアでiPhone Xの101も超えています。 SoC(CPU)はSnapdragon845で、AnTuTuベンチマークスコアは30万点オーバー。メモリは6GB、ストレージは64/128/256GBから選択できます。

これでもかと惜しみなく性能をつぎ込んだハイエンドスマホでありながら、64GB ROM版は500ドル台とかなり安い。

ライバルとなるであろうOnePlus 6と比較すると、ドコモプラチナバンド非対応(ソフトバンク B8はあり)な点ぐらいしかマイナスポイントが見当たりません。*結構重要だけど

また、ディスプレイ指紋認証、Face IDが搭載されるExplorer Editionも機能的に相当魅力的な為、本当の意味でのフラッグシップはそちらにはなりそうという点もマイナスではありますが、「そこまでの機能は要らない」というなら、無印Mi8はとても魅力ある端末です。

主要スペック

価格

Geekbuyingでの価格は419.99ドル。

Geekbuying販売ページ : Xiaomi Mi 8 Global ROM

以下は記事執筆時点でのその他サイトも含めた価格比較です。*6GB+64GB版

販売サイト 価格 有償配送費用 配送会社
GearBest 579.99ドル 2.84ドル Priority Line 5-9営業日配送
Banggood 569.99ドル 0.48ドル Japan Direct Line 3-9営業日配送
TOMTOP DHL
Geekbuying 419.99ドル 7ドル DHL Express 3-5営業日配送

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページに行けます。
価格はあくまで記事作成時点でのものですので、最新価格は直接サイトで確認してください。(セール等で思いの外安くなっている場合もあります)

配送オプションですが、もし買うなら有償配送がお勧めです。通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はEMS/DHL等のExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。概ね4-10営業日で届く予定で、大手国際配送業者なので安心感があります。ちなみにEMSの場合は遠隔地配送料=Remote Area Feeも掛かりませんので、地方の方には特にお勧めです。

セール/クーポン情報

Geekbuyingで使えるクーポンです。6GB+128GB版は407.99ドルでカラーが3色から選択可能。6GB+64GB版は379.99ドルでカラーはブルーだけです。30ドル程度の差なら128GB版がお勧めです。

6GB RAM+ 128GB ROM グローバルバージョン版
カラー : ホワイト / ブラック / ゴールド
クーポンコード: WWVJRNFA (407.99ドル) 

6GB RAM+ 64GB ROM グローバルバージョン版
カラー : ブルー
クーポンコード: EIGVRUAH (379
.99ドル) 

販売ページ

関連ページ

・公式ページ: Xiaomi Mi MI 8 (中国語)
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・TOMTOP買い物ガイド :TOMTOPでの買い物の仕方~日本語もあるので輸入も比較的簡単~

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 欧州バンド(B20)や北米バンド(B2/B4/B12/B17)が、
    Mi 8からサポートされているのに、
    全く無視される日本って一体…
    2年後、オリンピックがある国とは思えませんね。(笑)

    やっぱりXiaomiにとって、日本市場は魅力がないんでしょうかね?

    • Mi MIX 2SとかB19はサポートされていたりするので、確かにMi 8のバンドは意図的な気がしますよね。
      発表会でも「中華第一」とか言ってましたし、日本は眼中にないのでしょう。
      まぁMi8だけでなく、Mi6やRedmiシリーズ等サポートしていないわけで、基本国内向けと考えられている製品と、最初からグローバル戦略機のものとで分かれているだけだと思うので、今後も拡大路線を取るなら次第にB19などの日本のプラチナバンド対応製品は増えていくと思います。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top