物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

車でも急速充電を!『CHOETECH Quick Charge2.0対応急速充電カーチャージャー』レビュ

車に乗っている環境で、「やばい。スマホの電池が!」とか、「タブレットのバッテリーが足りない~」なんて事ありませんか?

私の場合、家族でドライブをしたり、車で旅行に行ったりという事が多く、その際に子供達はスマホなりタブレットで飽きないようにしている。でも2時間とかドライブしている最中、ずっとスマホなりタブレットを使いっぱなしだと、さすがにバッテリーが激減するわけです。

そんなとき、私はシガーソケットに以前980円ぐらいで買ったUSBチャージャーを挿して、充電しているんです。

しかし、これが結構充電が遅い。タブレットとかだとバッテリー容量も多いので、これがなかなかケーブルを抜いて使える環境にまでならない。
エンジンを切れば充電できないから、お昼ご飯食べたりどこか観光している間に充電されることはなく、「車で使える急速充電器は無いのかな?」と漠然と考えてました。

そんなとき、
Amazonで充電器やバッテリーなどのデバイスを製造・販売しているCHOETECH様と縁があり、『CHOETECH Quick Charge2.0対応急速充電カーチャージャー』をご提供頂く事ができました。CHOETECH Quick Charge2.0対応急速充電カーチャージャー

と言うことで早速レビュー致します。

同梱物と外観

この中身はこんな感じ。

シガーソケットに挿すUSBチャージャーですから、こんなに多くの物は要りません。CHOETECH Quick Charge2.0対応急速充電カーチャージャー

・USBチャージャー本体
・USBケーブル
・マニュアル

マニュアルは英語ですが、まぁシガーソケットに挿して使うだけだから、英語のマニュアルだからと言って苦労する事はないでしょう。CHOETECH Quick Charge2.0対応急速充電カーチャージャー

■USBチャージャーコネクタ部CHOETECH Quick Charge2.0対応急速充電カーチャージャー

■側面
クアルコム公認の入ったQuick Charge2.0認証ロゴ入り。CHOETECH Quick Charge2.0対応急速充電カーチャージャー

反対側には規格が書いてあり、Quick Charge2.0(以下QC2.0)の規格通り、5V 2.4A/ 9V 2.0A/ 12V 1.5AでのOutputが出来ることが書いてある。CHOETECH Quick Charge2.0対応急速充電カーチャージャー
なお、QC2.0の出力ポートは1だけで、USB端子側のブルーで囲まれたポートだけ。

下側のUSBポートは、5V/2.4A(Max)での充電が可能。

なおよく知らない家族が適当にUSB端子にデバイスるを接続してもちゃんと充電はしてくれる。機器側がQC2.0に対応しているかどうかを自動判別してくれて安全に充電できるようになっている。

ただQC2.0に対応したデバイスがあるのであれば、上のブルーで囲まれたQC2.0端子のほうがより急速充電できるので、意識して使えばより速くなる。

車に取り付けてみた

早速私の車である、MAZDA アテンザに取り付けてみました。CHOETECH Quick Charge2.0対応急速充電カーチャージャー

アテンザはセンターコンソール(アームレスト部)の中にシガーソケットがあります。
私はここにUSB端子を儲けていつも充電をしているので、このUSBチャージャーと交換します。CHOETECH Quick Charge2.0対応急速充電カーチャージャー

右が取り外した旧・USBチャージャー。CHOETECH Quick Charge2.0対応急速充電カーチャージャー

For iPadと書いてあり、上段が5V/2.1A、下段が5V/1Aしかない。

と言うことで早速CHOETECH製のUSBチャージャーを取り付けました。CHOETECH Quick Charge2.0対応急速充電カーチャージャー

ブルーのLEDがUSB端子の中を照らしてカッコイイ~。

実際夜とかに運転しているとUSB部はかなり見えづらいので、このLEDは結構役立ちます。

QC2.0に対応したhtc Desire EYEとGalaxy Note5を接続してみた。CHOETECH Quick Charge2.0対応急速充電カーチャージャー
※写真ではGalaxy Note5しか無いが、Desire EYEもQC2.0端子に接続してありました・・・写真が上手く撮れておらずごめんなさい。

Desire EYEは30%くらいまで下がった状態で接続しておき、30-40分ほど買い物でドライブしたが、あっという間に75%まで回復していた。さすがQC2.0。

Galaxy Note5は5V端子だったが、40%の残が40分で80%まで回復していたのでかなり速い。

総括:車での急速充電は重宝する

冒頭にも書いたのですが、車という隔離された環境で「スマホやタブレットを充電したい」という状況は、基本的には「出来るだけ急速に充電したい」状況が多い。

机の上に寝室に置いてあるUSBチャージャーのように、ゆっくり充電しておく環境ではない。うっかり充電し忘れた時や、長いドライブでバッテリーを消費しすぎた場合などのケースとなるから「移動中の30分でさくっと充電しておきたい」みたいな用途になることが多い。

そんなとき本製品のように、車内にQC2.0で充電できるチャージャーはこういった要求にマッチしていてとても有り難い。CHOETECH Quick Charge2.0対応急速充電カーチャージャー

更に、このCHOETECH製USBカーチャージャーは、USB端子がブルーのLEDで光って暗い中でもUSBケーブルが挿しやすくなるなど、車内での使用用途をよく考えらているなと感じる製品です。

出来ることなら、2つの端子ともQC2.0に対応していれば、どの端子がQC2.0に対応しているかという点を意識せずに急速充電ができるのにと・・・という面はありまずか、実際QC2.0対応端末を2つ持っているという状況も薄いというのもありますし、5V/2.4A端子でも十分速いので、困ることは少ないでしょう。

見た目も清潔感あるデザインでかっこいいので、車に接続しておいても恥ずかしくないのも良い点ですね。

関連サイト

CHOETECH公式ホームページ: http://www.choetech.com/

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top