物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

デュアルカメラの性能は?ベンチマークは?など『DOOGEE MIX』を2週間使ってみた! 予想以上にレベルが高いスマホ

広告

5.5インチ3面狭額縁ディスプレイのスマートフォン『DOOGEE MIX』のレビュー後編です。今回はストレージ容量の空きは?といった基本的な点と、ベンチマーク、そして外に持ち出してカメラの実力を試してみました。

前回のレビューはこちら。

ブルーが映える3面狭額縁ディスプレイ『DOOGEE MIX』レビュー! 開梱~外観チェックしてみました

日本語ロケールは最初から入っている

日本語ロケールは初期セットアップ時から選択可能。以後は日本語でセットアップでき、設定メニュー等ほぼ全てが日本語化されます。

プリインストールアプリケーション

プリインストールアプリケーションはご覧の通り。アプリ一覧は縦スクロールタイプなので画像中多少重複してますが、メーカーオリジナルのアプリはほぼ無く、基本的なものとGoogle純正アプリがメインです。

メモリ /ストレージ使用量

4GB RAM + 64GB ROMという構成のDOOGEE MIX。実際のメモリ使用量は4GB中1.2GBでした。ストレージ空き容量は50GBほどで、microSDも使えますし容量としては余裕ですね。

AnTuTuベンチマーク結果

MediaTek Helio P25 Octa-Core 2.5GHzの実力をAnTuTuベンチマークで計測してみました。

AnTuTuベンチマーク結果は62139点とミドルレンジレベル。Xiaomi Mi MAX2のSnapdragon625とほぼ同スコア。

ミドルレンジなので当然ながらOS上の操作、ネット、Google系基本アプリの動作などでもたつきを感じる事はない。重い音ゲー関係をやらなければ、基本的にはゲームもサクサクといった感じ。私のやるツムツムやダビマスでは遅さ・もっさり感は感じませんでした。

機種名 SoC(CPU) AnTuTuスコア
XPERIA XZ Premium Snapdragon835 164422
OnePlus 3T Snapdragon821 163834
XPERIA XZ Snapdragon820 137776
HUAWEI P10 Plus Kirin960 136173
Galaxy S7 Exynos 8890 129310
Xiaomi Mi5 Snapdragon820 115337
Ulefone Gemini Pro MediaTek Helio X27 102112
Elephone S7 MediaTek Helio X25 100104
HUAWEI P9 Kirin 955 89387
XPERIA X Compact Snapdragon650 77226
Xiaomi Mi MAX Snapdragon650 73643
XPERIA XA1 Ultra Mediatek Helio P20 62428
DOOGEE MIX Mediatek Helio P25 62139
Xiaomi Mi MAX2 Snapdragon625 61284
HUAWEI honor 6x Kirin655 56936
XPERIA XA Ultra Mediatek Helio P10 49112
Elephone P8 mini MediaTek MTK6750T 43422
OUKITEL U20 Plus MediaTek MTK6737T 40570
Ulefone ARMOR MediaTek MTK6753 37435
京セラTORQUE G02 Snapdragon 400 25586
SHARP AQUOS SH-RM02 Snapdragon 400 23516

カメラ

DOOGEE MIXは背面に16MP+8MPのレンズを搭載しているいわゆるデュアルレンズカメラスマホです。

持ち味の一つとなっていますので、早速撮影してみました。※HDRだけOnにしていますその他は全てデフォルト設定です。

まずは風景写真。芝の鮮やかさ、空の青さはまずまず綺麗に撮れています。ただ青はより青くといった感じではなく、なんとも普通。緑も明暗がはっきりくっきりとは言いがたい。

次に近接での写真。デュアルカメラなのでぼけ感のある写真が撮れますが、デフォルトでは撮れません。カメラのメニューから「Bur」を選択する事でぼけ感のある写真が撮れます。あとはスライダーバーで背景をどの程度ぼけさせるかを調整しつつ撮るだけ。

するとこんな感じで、背景をぼかした写真が撮れます。

花の周りは若干不自然な感じもしますが、このあたりはぼけ感とフォーカス位置の調整をしていけばなんとかなります。ただ「撮った後から修正」ができないので、撮影時に微調整しつつ撮ることになる点はちょっとマイナスです。

HD(1280×720)のディスプレイは意外と綺麗

DOOGEE MIXはAMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載しているので、輝度・発色ともに抜群です。輝度は80%以上にすると眩しいぐらい。ベゼル付近まで均等に明るい。

ただ気になるのは「解像度」で、このDOOGEE MIXは1280×720ピクセルのHD解像度なのです。その為「5.5インチだし粗が目立つかな」と思っていましたが、このイメージは使ってみて一転。むしろHD解像度であることを意識する事が難しいぐらいです。

Yahoo!を見てもHD解像度だとは分からない。文字もとても綺麗です。ジャギーが目立つこともなく普通に違和感無く読めます。

ゲームなどで解像度を認識して画質を変えるようなものが無い限り、画質の粗さを判別するのは難しいのではないかなと思います。

これがAMOLEDの効果なのかは分かりませんが、輝度や発色は明らかに効果的で、その色合いの良さもあり解像度の低さは問題無いように感じられます。

総括 : DOOGEEのイメージが変わるスマホ

最初に、「DOOGEE侮ってた。申し訳ない。」と謝りたい。3面狭額縁ディスプレイスマホはMi MIXを皮切りに、どんどん中国で発売されてきましたが、DOOGEEは廉価なスマホがメインのメーカーなので、HD解像度という点も鑑み「どうせチープなんだろう」と侮っていました。

しかし実際は、メタル筐体でがっしりしっかりしていて、またデザインもよく、前面及び背面のミラー仕様は美しい。

Helio P25は充分速く、使用上ゲーム以外では遅さを感じる事は無いでしょう。デュアルカメラもXPERIAなどのハイエンド端末ほど綺麗に撮れるわけではありませんが、200ドル程度のスマホとしては明るく、そしてぼけ感のある写真も撮れます。欲を言えば、撮った後もリフォーカスできるうよな仕様だと完璧です。

メーカーが謳うベゼルレスというほどではありませんが、狭額縁としてデザインを損なわないレベルです。
全体として質感も高く、AMOLEDディスプレイは明るく綺麗。中華スマホはチープという概念が変わる1台でした。

DOOGEE MIXの価格

記事作成時点の価格ですが、Banggood にて6GB RAM版が約2.1万円で販売中です。4GB RAM版との価格差は1000円ほどなので、ハイスペック版のほうがお買い得です。以下のように1台買うとUSBケーブル、2台買うと20ドルOFFのキャンペーン中です。

DOOGEEキャンペーン会場 メーカーのキャンペーンページでは以下のようにBanggoodだけでなく、その他サイトでも販売中。ただAliExpressよりBangoodのほうが安いです。 Banggood販売ページ

Banggoodの送料は基本無料ですが、届くまで1ヶ月(7-20営業日)以上覚悟する必要があるので、オススメしません。オプションのEMSであれば7-15営業日で届き、トラッキングナンバーも付与されます。料金は1239円でと少し値が張りますが、海外から輸入していることを考えれば妥当な金額かと思います(安心料としても)。

Banggoodでの購入方法などは、下記記事に取り纏めていますので、参考にしてください。

・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Uniさん

    カメラレビュー楽しみにしていました。
    ディスプレイはFHDじゃないけどAMOLEDのおかげでHD画質とは思えないという感じなんですね。
    ハイスペックモデルまでのカメラ性能を求めないにしてもある程度きれいに撮りたいとなると、このDoogee Mixだと厳しい感じなんでしょうか?(値段相当レベル?)

    • コメントありがとうございます。

      カメラの性能はお値段以上ではありますが、Galaxy/XPERIAには及ばないって感じですかね。
      印象としてはXPERIAを100とすると60-70ぐらいでしょうか。
      それでもぼけモードはまずまずいい絵が撮れますよ。

  2. HD解像度にすることでバッテリライフの延びを狙っていたりするのでしょうか。
    似たようなバッテリ容量の機種と比較してバッテリライフが良い傾向はありますか?

    • 直接比較したわけではありませんが、バッテリーライフは比較的似たような中華スマホよりは持つ印象があります。
      表示解像度を下げるとバッテリーライフが伸びるのは間違いないでしょうから、よい影響があるとは思います。

      ただバッテリー駆動時間を延ばすためにわざわざHD解像度にはしていないとは思いますけどね。
      (ちょうどDOOGEEとやりとりしているので、ついでにHD解像度にした意図を聞いてみました。ただ「コスト以外の理由があれば教えて」と聞いてみましたので、もしあればお知らせしますね(無いような気もしますけど))

    • DOOGEEから返事が来ました。(意外でしたが)

      意訳ですが、概ねこう書いてありました。
      「HD解像度の理由はまずはコスト。
      ただAMOLEDディスプレイのHD画質は、FHDと遜色ないレベルなので、顧客に(ライバルに対して)更に安く提供できるからです。」

      確かにHD画質だとわかるようなことは普通に使っていて感じないので、DOOGEEが言っていることは的を射てますね。

      • 知らせていただいてありがとうございます。
        5.5インチHDなんてどこで使ってるんだ、余計にコストかかるんじゃ…と一瞬思いましたが、そういえばSamsungもローエンド機で採用していましたね。
        常々267ppiもあれば別に困らんだろうとは思っていますので、戦略としては正しい気がします。
        しかし、そうするとFHDでハードスペックと価格がほぼ同じなBluboo S1などは何を削っているんでしょうね…

        • 私もスペックで「??」って思われてしまう点以外は戦略としてはいいと思いますね。名より実を取る判断って、なかなかできないですよ。
          Bluboo S1は確かに直接的なライバルで、何が違うか持っていないのでわかりませんが、質感とか違うところでコストダウンするしかない気がしますね。利益を削ってなければ・・・

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top