物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

HUAWEIミドルスペックなのに価格は29,800円の『HUAWEI P9 lite』発売! ローエンドスマホの概念を変えそうな1台

広告

HUAWEIは、P8/P8 Liteの後継版となる『P9』『P9 Lite』を発表しました。

日本ではSIMフリー機として2016年6月17日から発売される。現時点では楽天モバイル、NifMo、DMM mobile、OCNモバイルONEなどで、P9もしくはP9 Lite、その両方が発売される。

この2機種、サイズと見た目が似ているのですが、全然別機種と考えた方が良いです。価格も倍違う。

製品 HUAWEI P9 Lite HUAWEI P9
ディスプレイ 5.2インチ, FHD(1920×1080ドット), IPS 5.2インチ, FHD (1080×1920ドット), IPS
CPU Huawei Kirin650 オクタコア (4×2.0GHz+4×1.7GHz) HUAWEI Kirin 955 オクタコア
(4 x 2.5GHz A72 + 4 x 1.8GHz A53)
RAM 2GB 3GB
ROM 16GB 32GB
カメラ 前面 800万画素/
背面 1300万画素
前面 800万画素/
背面 1200万画素
ライカダブルレンズ
価格 29,800円~ 59,800円~

その中でも今回はP9 liteをご紹介。HUAWEI P9 lite細かいスペックは下記にまとめたので見て欲しいが、全体としてはミドルペック。CPUはHuawei Kirin650 オクタコアを搭載し、ディスプレイは5.2インチ フルHD解像度のディスプレイ。RAMは2GBでストレージは16GB。バッテリーは3000mAh。

注目はP9ライクなデザインとその価格でしょう。デザインはP9を踏襲していますが、材質はプラスチック。そこは価格からしたら仕方の無い事で、29,800円がなんと定価。Kirin650のベンチマークスコアは海外のサイトで50,000越えをしており、性能的にはミドルスペックと言って良いでしょう。この性能で3万円アンダーというコスパは素晴らしいと言えます。HUAWEI P9 lite

SIMフリー機として気になるのは「ドコモ LTE周波数帯をきちんとサポートしているか?」ですが、さすが日本市場に参入して長いHUAWEI。LTEバンドにはしっかり対応しています。のB1/B3/B19/B28の4つのバンドに対応しているので、日本で安心して使えるのも良い所。(B28は今後開局予定)

主要スペック

製品 HUAWEI P9 Lite
ディスプレイ 5.2インチ, FHD(1920×1080ドット), IPS
CPU Huawei Kirin650 オクタコア (4×2.0GHz+4×1.7GHz)
RAM 2GB
ROM 16GB
OS Android 6.0.1 (Marshmallow)/ Emotion UI 4.1
カメラ 前面 800万画素/
背面 1300万画素
バッテリー 3000 mAh
ネットワーク Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac,
dual-band,Bluetooth 4.2, NFC
SIMスロット nanoSIM
SDカードスロット microSD (最大128GB)
3G/
4G(LTE)
FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE : B40
W-CDMA : B1/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
サイズ 縦146.8/幅72.6/厚み7.5mm
重さ 147g
その他 ・指紋認証
・USB TYPE-C
価格 29,800円~

写真で見る「HUAWEI P9 lite‏」

HUAWEI P9 liteHUAWEI P9 liteHUAWEI P9 liteHUAWEI P9 liteHUAWEI P9 liteHUAWEI P9 liteHUAWEI P9 liteHUAWEI P9 liteHUAWEI P9 liteHUAWEI P9 lite

ローエンドスマホの質感と価格の概念を変えるかも

基本的にはローエンドスマホに類するP9 lite。スマートフォンとしての新機能やワクワク感はないものの、29,800円という価格に、ドコモLTE周波数帯に4つ対応するなどSIMフリー機として基本をしっかりと押さえています。このあたりは先代のP8 liteで培った土壌をしっかり受け継いでいけそうです。

ライバルはFREETEL REIや、ZenFone2 Laserあたりになりますが、質感・スペックで既に上回っていると思う。REIのポップなデザインは好みが分かれる所ですが、私は好きです。ただワンボタンのみ(設定でソフトウエアボタンを出せるらしいが)のAndroid端末は無理があると思うし、奇をてらう理由がいまひとつ分からない。そういう意味でオーソドックスなデザイながらも、きっちりそつなく作り上げたP9 Liteは好感が持てます。

位置づけ的にはローエンドスマホなのですが、スペックはミドルレベル。これは自社CPUの強みもあるでしょうね。RAM 2GB、ROM16GBは確かにローエンドですが、画面がフルHD解像度であったり、ベンチマークスコアが50,000越えする(ということであれば)など、確実にローエンドスマホの底上げがされているように見えます。これは結構凄い事ですよ。

関連リンク

・HUAWEI公式サイト : HUAWEI P9 lite

楽天モバイル 



コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top