物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Geekbuying

手のひらサイズのWin10 miniPC「Beelink Gemini J45」実機レビュー!200ドル前半でこの性能は凄い

Windows10 ミニPC「 Beelink Gemini J45」をGeekbuying様からお借りしたのでレビューします。Beelink Gemini J45 レビュー

Beelink Gemini J45の特徴

Beelink Gemini J45(以下J45)は、CPUにApollo Lake世代のPentium J4205を搭載したmini PCです。

OSはWindows10 Pro。メモリは8GBもあり、ストレージは128GB SSDという構成です。拡張性も高く、USB 3.0は4ポート、RJ45(有線LAN)、HDMI、microSDがあり、内部にはMSATA、SATA、PCIeスロットとわずか115mm x 102mm x43mmの筐体にこれでもかと詰め込んでいます。ここまで詰め込んで価格は200ドルちょっと。ベアボーンではなくWin10 OSもRAMもストレージもついてこの価格はかなりハイコスパです。

同梱物と本体周り

Beelink Gemini J45 レビュー箱裏にはスペック表があり、今回使っているのは8GB+128GB版。J45には他にも256GB/512GB版などもあります。Beelink Gemini J45 レビュー同梱物は、ACアダプタ、HDMIケーブルx2、マニュアル、ネジ、ブラケットです。Beelink Gemini J45 レビューマニュアルは日本語もあり、分かりやすい。Beelink Gemini J45 レビューブラケットとネジ。ネジはブラケット固定用だけでなく、増設用のHDD/SSDを固定するものも含まれていて、とても親切。Beelink Gemini J45 レビューブラケットは固定するとこんな感じ。これでモニター裏にネジ止めする形になる。Beelink Gemini J45 レビューACアダプタはちょっと残念で、日本のコンセント仕様と違うタイプでした。仕方が無いので自前の変換アダプタを付けてみましたが、やはりかさばりますね。Beelink Gemini J45 レビュー前面には赤い電源ボタンとUSB 3.0×2、イヤホンジャック。Beelink Gemini J45 レビュー背面にはUSB 3.0×2,LAN、HDMI x2,DCジャック。びっしりとは配置されていますが、決してキツキツではないところが良いですね。ちなみにサイドにはmicroSDスロットもあります。Beelink Gemini J45 レビュー本体をオープンすると、こんな感じ。SSDがMSATAに接続されています。その下にはPCIeスロットもあります。更に蓋側に2.5インチ SATA(SSD/HDD)が増設可能。HDDは放熱を考えるとあまり増設したくないですが、128GBでは足りない事も多々あるでしょうし、増設できるメリットは大きいですね。Beelink Gemini J45 レビュー

日本語化

初期設定時から日本語がちゃんと選べます。Beelink Gemini J45 レビュー起動後は初めから日本語版OSとして動くので、あとから言語パックをインストールしなくていいのは楽です。Beelink Gemini J45 レビュー

ベンチマーク

J45実力をベンチマークで試してみました。

まずはCrystalDisk Mark。128GB SSDを搭載しているのですが、結果は以下の通り。Beelink Gemini J45 レビュー ベンチマーク

シーケンシャルで403.1MB/sとSSDとしてはぼちぼちな速度です。ただHDDよりは当然ですが断然速いし、安いPCなんでこのあたりは許容範囲でしょう。デバイスマネージャーみたらZRW 128GBと表示されてました(メーカー良く分かりません)。

次にドラゴンクエストXベンチ。こちらは「普通」という結果。(1280×720での結果)Beelink Gemini J45 レビュー ベンチマーク

Pentium J4205という事で、Celeronの上ぐらいの性能なので、もともとゲームには向いていない仕様ですが、まずまず悪くない結果です。

静音&サクサク動作

特に感じたのは凄く静かという点。ベンチマークを実施していても非常に静かです。コンパクト故に放熱とか心配でしたが、ほぼ無音に近い。これならTV裏とかに設置して、動画視聴しても音が気になって集中出来ないなんて事も無いです。Beelink Gemini J45 レビュー

あとは体感上もそこそこ速いのも良いところ。これもベンチマークで結果が出ていますが、SSDと8GB RAMの効果で、Win10がサクサク動作します。

まとめと価格

Beelink J45のこの128GB SSD版は249.99ドルで販売されています。Beelink Gemini J45 レビュー正直、不満点もほぼなく、ネット見たり、Office系文書作成とかレベルなら、これで充分です。PentiumJ4205はそれほど速くはないものの、こうした使い方なら別に体感上遅さは感じません。唯一不満があるとすればACアダプタのコネクタが日本と合わない(変換コネクタ使用必須)という事ぐらい。モニター側にスピーカーがあればHDMI経由で音も出ますし、リビングTVでPCも使いたいとか、ノートPCじゃなくてもいいというなら、このBeelink J45で充分なレベルです。

Geekbuyingでは8GB+256GB版のほうがなぜか安いのでお勧めです。

Geekbuying販売ページ

関連ページ

・Geekbuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・Geekbuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. おはようございます。
    デスクトップが永眠したため、後継機としてminiPCを検討してました。
    色々物色してこちらのモデルを見てたら、アマゾンだと四万円近くするんですね。

    ふと類似品リストのchuwi GBOXに目がとまり、確認するとgearbestと価格的に変わらない様子。
    VGAとHDMIの両方が使えます。
    勢いで購入しました。
    結果的に他機種コメントになりますが、到着待ちです。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top