物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

タフネスさを極めた無骨かっこいいデザイン「UMIDIGI BISON X10 Pro」発売~赤外線体温計や独立ボタン2個など普通じゃない独自性が魅力

日本にも参入しているスマートフォンメーカーのUMIDIGIから、タフネススマホ『UMIDIGI BISON X10』が発売されました。

兄弟製品でデザイン優先のBISON X10もありますが、X10 Proはゴツゴツとした無骨さを押し出したタフネススマホです。そしてX10同様に4G LTE 3キャリアプラチナバンド対応で価格も2万円台前半、更にストレージ強化と赤外線体温計もついたなかなか面白いスマホとなっています。

UMIDIGI BISON X10 Proの特徴

BISON X10はX10とX10 Pro2つのバージョンがあり、X10はデザイン、X10 Proはタフネスさに振って、ほぼ同スペックで2デザインという面白いラインナップをしています。

BISON X10 Proは背面パネルまで工業用ラバーで覆い、指紋はもとより擦り傷にも強く、落下衝撃から本体を守るいわゆるタフネス仕様。またごつさだけでなく、ビス留めもアクセントになっている美しいデザインです。

ディスプレイは6.53インチのIPSで、解像度はHD+(1600×720)とやや低め。これはX10と同じですが、スマホのサイズだとHD+あれば充分綺麗で、これより高解像度だとバッテリーライフにも影響がでる為、タフネス環境ではHD+に抑えられる傾向があります。
SoC(CPU)はMediaTek Helio P60でX10と同じ。AnTuTuベンチマークv8では約14万点程度でローエンドクラスとなっています。RAMは4GBでX10と同じですが、ストレージは128GBと倍増。microSDも256GBまでサポートされます。

カメラはメインに20MP+8MP 120度超広角+5MPマクロのトリプルレンズを採用。

面白いのはカメラ部に赤外線体温計があり、非接触で体温等を計測できます。入店時などでおでこや手首で体温が測れるあの機能がスマホにも付いているというわけですね。

バッテリーは6,150mAhと一般的なスマートフォンの1.5倍の大容量です。
但し急速充電はサポートされず、10Wなので充電自体はゆっくりです。

そしてもちろんタフネススマホなのでIP68/69K防水防塵。

そしてUSB Type-C端子もイヤホンジャックもキャップレス防水と、使い勝手も良いタフネススマホとなっています。

その他サイドにPTT/SOSボタンがあり、これは遭難とかした際に一発で指定した連絡先に繋げたり、PTTは無線アプリボタンで、無線っぽく使う事ができるようになっています。また電源ボタン兼指紋認証リーダーや、カメラのシャッターボタンも備わっていますので、使い勝手は最高。アンダーウォーターモードもあり、水中での撮影も可能です。

対応周波数帯は4G LTEはB8(Softbank)/B19(docomo)/B18(au)と国内3キャリアプラチナバンド対応。

4G:LTE: B1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /26 /28A /28B /66/ B34 /38 /39 /40 /41
3G:WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19 TDSCDMA(B34/39) CDMA EVDO(BC0/BC1)

スペック的にはHelio P60で少し非力な点が残念ですが、4GB+128GBでmicroSDも使え、日本の4G プラチナバンド対応点で、ローエンドながらもスマホでゲームバリバリ使うわけではないなら、タフネススマホらしいカバーなしで落下にも気を遣わなくて良い気楽に使えるスマホです。

アウトドア用サブ機としても良いと思います。私ならBISON X10同様にpovo 2.0のSIMを入れて、通常は0円運用して、海、川などのアウトドア環境に行くときだけトッピングしてSIMを活かしてネット環境使うみたいな使い方をすると思います。(180日以内で1度はトッピングが必要ですが)

主要スペック

UMIDIGI BISON X10 Pro
ディスプレイ 6.53インチ HD+(1600×720)
SoC(CPU) MediaTek Helio P60
オクタコア 最大2.0GHz
メモリ+ストレージ 4GB
128GB UFS2.1
OS Android 11
カメラ ・バック
20MP(f/1.75)
8MP (広角 120度)
5MP (マクロ)
・フロント
8MP (f/2.2)
バッテリー/充電 6150mAh /5V-2A:10W
WiFi/Bluetooth Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 5.2 / NFC
SIMスロット nano SIM x2
デュアルスタンバイ
microSD あり (最大256GB)
対応周波数帯 4G:
LTE: B1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /
17 /18 /19 /20 /26 /28A /28B /
66/ B34 /38 /39 /40 /41
3G:
WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19
TDSCDMA(B34/39)
CDMA EVDO(BC0/BC1)
2G:
GSM: B2 /B3 /B5 /B8
CDMA 1/X(BC0/BC1)
サイズ 169.7 x 82.1x 12.9 mm
重さ 285g
カラー グレー/イエロー/ブラック
その他 ・USB Type-C(キャップレス)
・側面指紋認証リーダー
・IP68/69K防水防塵
・3.5mmイヤホンジャック
(キャップレス)
・FM/気圧計
・赤外線体温計

価格

Banggoodでは、209.99ドル=23,916円で発売中です。(記事作成時点の価格)

日本への配送は10-15営業日配送のJapan Direct Mailが318円と激安です。

Banggood販売ページ

Aliexpress UMIDIGI公式ストアでは、249.98ドルとBanggoodよりも高い価格設定です。

ただし10月11日からキャンペーンがあり129.99ドルの価格設定になるようです。

Aliexpress公式ストア

関連ページ

・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top