物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Android 11.0搭載タフネススマホ「Blackview BL6000 Pro」が379.08ドル(220.91ドルオフ)で発売 : PR

Blackviewは世界初の5G対応タフネス・スマートフォン「Blackview BL6000 Pro」に最新のAndroidバージョン11.0 OSを搭載したアップグレード版を379.08ドル(220.91ドルオフ)で5月に発売します。

キャンペーン期間は5月22日から6月8日までです。

Android 11 の新機能

最新のAndroid 11.0 OSには、「ビジュアルエクスペリエンスの向上」、「よりスマートなデバイスコントロール」、「プライバシーの強化」を中心とした新機能が搭載されています。

具体的には、最新のAndroid 11.0 OSでは、通知とチャットバブル(フローティング表示)が一体化したことで、会話の管理方法が変わりました。異なるアプリ間でのチャットや新しい通知の確認が容易になります。さらに、より親しみやすいインターフェースになり、スマートホームデバイスやメディア再生などのデバイスコントロールがより速く、よりスマートになります。さらに、この新しいOSは、アプリがデバイスのマイク、位置情報、カメラへのアクセスを制限するためのワンタイムの権限を与え、プライバシーの安全性を保証します。

Blackview BL6000 Proは、このようなAndroidバージョン11.0の強力な新機能を備えているため、従来のAndroid 10.0のOSからアップグレードし、ユーザーエクスペリエンスをさらに向上させています。

Android 10.0 搭載した旧「BL6000 Pro」を最適化

この新しいBlackview BL6000 Proは、Android11OSのアップデート加えて、よりスムーズで効率的な操作を実現するために、100以上の改良と最適化を行っています。

そのハイライトは以下の通りです。
Android 10.0 OSを搭載した以前のBL6000 Proスマホと比較して、画面タッチの感度を適度に下げ、認識精度を犠牲にすることなく、ディスプレイを誤って押してしまうことによるミスタッチを防ぐようにしました。
さらに、ジェスチャー認識の精度が向上したことで、スライド操作の誤動作を改善。内部にはより感度の高いセンサーパネルを採用することで、更に高速な指紋認証ロック解除を実現し、ロック画面を瞬時に開くことができます。

また、BL6000 Proの電波信号強度と充電速度も向上させ、より快適に使用できるように改善しています。

Android 11搭載のBlackview BL6000 Proは、379.08ドル(220.91ドルオフ)

最新のAndroid 11 OSを搭載したアップグレード版のBlackview BL6000 Proは、もともと599.99ドルという低価格で販売されていますが、5月22日から6月8日までは、379.08ドル(220.91ドルオフ)で手に入れることができます。

旧BL6000 Proは6月5日にOTAアップデート可能

旧Android 10.0 OSのBL6000 Proをお持ちの方にも、6月5日に配信されるOTAアップデートにより、手動でのAndroid11へのアップグレードが可能です。
製品についての詳細はこちらをご覧ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top