物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Blackview BV4900とOSCAL C20シリーズが同時アップグレードされて発売!Android 11+UNISOC SoCの「BV4900s」と、同じくUNISOC SoCとカメラをアップデートした「OSCAL C20 Pro」が登場 : PR

Blackview BV4900sは、新たにUNISOC オクタコアCPUを搭載し、5580mAhのバッテリーを搭載したタフネススマホとして登場。
OSCAL C20 Proは、流行デザインとAndroid 11 OSを搭載し、更にC20からUNISOCの新たなCPUを搭載したエントリースマートフォン。ともに非常に競争力のある価格でデビューします。

Blackview BV4900s – 格安のAndroid 11タフネススマホ

Blackviewで最も人気のある製品カテゴリーは間違いなくタフネススマホです。
タフネススマホメーカーとしてスタートしたBlackviewは、近年では一般的なスマートフォン、タブレット、ラップトップPC、イヤホン、スマートウォッチなども発売し、製品を拡充させていますが、Blackviewユーザーのためのタフネススマホの開発にも手を緩めていません。数週間前には手頃な価格のサーマルイメージングタフネススマホとしてBV6600 Pro、そして大容量バッテリー搭載のタフネススマホ BV6600Eを発売しましたが、更に最も安価なタフネススマホとしてBV4900sを発売することになりました。

Blackview BV4900シリーズには、BV4900とBV4900 Proの2つのバリエーションがあり、どちらもタフネスさと性能で好評です。BV4900sはBV4900シリーズの特徴である、軍用レベルの優れた堅牢性、ロックブラック、マウンテングリーン、サンセットオレンジ、デザートイエローの4色の宇宙カプセルのようなデザイン、5.7インチHD+ディスプレイ、5580mAhバッテリー、5MPフロントカメラなどは継承しつつ、新たなアップデートを施したBV4900s独自の特徴を備えています。

BV4900とBV4900 Proは、Android 10 OSを搭載していますが、BV4900sでは、Android 11 GOをベースにしたBlackviewのDoke OS 2.0を搭載し、より親しみやすく、新たなインターフェースと機能でスムーズなOS動作ができるようになっています。さらに、BV4900sは、オクタコアのUnisoc SC9863A CPU(BV4900はHelio A22)、2GB RAM、32GB ROMを搭載しており、マルチタスクを迅速かつスムーズに行うことができます。

BV4900シリーズは、タフネススマホとしての要件を満たしつつも100ドル以下で販売予定です。
また既存のBV4900 ProにもAndroid 11の新機能を求めるユーザーが多いことから、Blackviewは近い将来にアップグレードする予定です。

OSCAL C20 Pro – デザインにも力を入れた4Gスマートフォン

OSCALはBlackviewの新たな兄弟ブランドとして、若者向けに性能と流行のデザインを備えたスマートデバイスを、より親しみやすい価格で楽しんでもらうことを目指しています。これまでOSCALは、エントリーレベルのタブレット端末「OSCAL Pad 8」やAndroid 3Gスマートフォン「OSCAL C20」を発売してきました。今回、3つ目のスマートデバイスとして、4G Android 11スマートフォン「OSCAL C20 Pro」を発売します。

「C20 Pro」は、「C20」のアップグレードバージョンです。「C20」は、スマートフォンの基本機能を十分にカバーしていますが、3Gまでのスマートフォンであり、一般的にはより多くのユーザーがもっと高機能を求めているため、OSCALはアップグレードされた「C20 Pro」を発表しました。
C20 Proは、ラベンダーパープル、アップルグリーン、エアリーブルー、ミッドナイトブラックの4色のカラーバリエーション、6.088インチHD+ディスプレイ、3380mAhのバッテリー、アプリフリーザー機能を搭載した直感的な操作が可能なAndroid 11 Go OS、2メガピクセルのフロントカメラなど、C20の特徴を継承しつつ、ユーザーの利便性を高めるためにいくつかのアップグレードを行っています。

C20は3Gスマートフォンですが、C20 Proは4Gに対応し、より速い接続性を実現しています。また、C20はクアッドコアのUnisoc SC7731Eプロセッサと1GBのRAMと32GBのROMでしたが、C20 ProはオクタコアのUnisoc SC9863Aプロセッサとなり、2GBのRAMと32GBのROMと大幅にアップグレードしました。これにより応答性、スムーズさ、効率性が向上しています。最後に、C20は5MPのリアカメラでしたが、C20 Proはよりよい写真撮影ができる8MPのリアカメラを搭載しています。

C20 ProはC20と比較して大きく性能がアップしているので、C20がニーズを完全に満たしていないと感じたら、OSCAL C20 Proをお選ぶと良いでしょう。

価格と販売状況

Blackview BV4900sとOSCAL C20 Proは、早期割引キャンペーンを実施しています。

Blackview BV4900sは、日本時間10月20日まで98.79ドル(オリジナル価格129.99ドル)で販売しています。

OSCAL C20 Proは、10月13日から10月26日まで、79.19ドル(当初価格119.99ドル)で販売しています。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top