物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【グローバル版クーポン追加】スナドラ636搭載『Xiaomi Redmi Note5』発売! 前後ポートレートモード撮影可能でハイコスパなスマホ

※最下部にセール/クーポン情報を追加しました

中国のスマートフォンメーカーXiaomiからハイコスパ路線の中心となる『Redmi Note 5』が発売されました。

Redmi Note 5 の主な特徴

Redmi Note 5は中国市場で発売されたもので、スペック等あらゆるものがインド市場で発売された「Redmi Note 5 Pro」と同じと思われます。

背面は12MP+5MPのダブルレンズカメラ。他メーカーだとポートレートモードなどと呼ばれたりする背景ボケ気味で撮影できます。Xiaomi Redmi Note 5 4G Phablet 5.99 inch MIUI 9 Qualcomm Snapdragon 636 Octa Core 1.8GHz 4GB RAM 64GB ROM Dual Rear Cameras Bluetooth 5.0 Fingerprint Recognition 4000mAh Battery

フロントカメラは13MP。こちらはシングルですが、AIによる背景ボケ気味写真が撮れちゃいます。

ディスプレイは5.99インチの18:9縦長ディスプレイで解像度はフルHD+(2160×1080)。Xiaomi Redmi Note 5 4G Phablet 5.99 inch MIUI 9 Qualcomm Snapdragon 636 Octa Core 1.8GHz 4GB RAM 64GB ROM Dual Rear Cameras Bluetooth 5.0 Fingerprint Recognition 4000mAh BatterySoC(CPU)はSnapdragon636で、AnTuTuベンチマーク (ver7)で11万点越えと言われています。メモリは3GB/4GB/6GB、ストレージは32GB/64GBとなります。3GB+32GBという構成があるのはハイコスパスマホだから仕方ないですが、6GB RAM版もありかなり幅広い層に対応できます。デュアルSIMで1つはmicroSD(最大128GB)と共用可能。バッテリーは4000mAhと大容量です。

カラーバリエーションとしてはレイクブルーという新しいカラーが追加され、ブラック/ゴールド/ローズゴールドの4色から選択が可能です。

主要スペック

イメージ/フォト

価格

気になる価格は、Geekbuyingで4GB RAM+64GB ROM版が245.99ドル=27,823円でセール中。(記事作成時点の価格)

Geekbuying販売ページ

以下、各販売サイトの価格を比較です。(4GB RAM+64GB ROM版) GearBestと比較してもGeekbuyingが安いですね。

販売サイト 価格 有償配送費用 配送会社
GearBest 279.99ドル 1615円 DHL 3-8営業日配送
TOMTOP DHL
Banggood Japan Direct Mail 3-9営業日配送
Geekbuying 245.99ドル 3437円 EMS

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページに行けます。価格はあくまで記事作成時点でのものですので、最新価格は直接サイトで確認してください。(セール等で思いの外安くなっている場合もあります)

各ショップとも無料配送もありますが、10-25営業日配送と1ヶ月前後かかってしまいます。もっと早く欲しければExpedited Shipping(日本は主にDHL)やEMSが選べます。但しGeekbuyingのEMSだと3437円と結構割高。安いスマホだとこのあたり悩ましい所ですが、EMSなら3-5営業日、DHLは3-8営業日配送で、大手配送業者なので安心感が違います。

セール/クーポン情報

GearBestでグローバルバージョン 4GB+64GB版がセールでブラック/ブルーが199.99ドル。レッドは209.99ドルです。販売ページ


Banggoodで使えるクーポンです。

3GB+32GBクーポンコード : 8BGRN5B32 (161.49ドル)
販売ページ

4GB+64GBクーポンコード : 8BGRN54GB (186.89ドル)
販売ページ

レビュー

100ドル台から買えるXiaomiの低価格機『Redmi Note 5』ファースト・インプレッション

【レビュー後編】『Xiaomi Redmi Note 5』カメラやベンチマークなど試してみた~予想以上にこれは良いぞ

関連ページ

・Xiaomi 公式ページ : Redmi Note 5
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・TOMTOP買い物ガイド :TOMTOPでの買い物の仕方~日本語もあるので輸入も比較的簡単~

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いいですねー。
    ほぼ文句なしプロダクトだと思います。
    Redmi Note 4X から買い替えかな?
    でも、いつまで microUSB なのかな…

    • Redmi Note 4Xからだと性能的にも買い換えてもいいかなと思わせます。
      microUSBなのはいまいちですが。意外とUSB Type-Cへの世代交代が進みませんね。
      HUAWEIあたりがローエンドでもUSB Type-Cにするって決めたら、ブレイクスルーは一気に進みそうですけどね。

  2. By ちんちろりん

    なんでこんなに性能良いのに安いんですかね…?
    何か訳ありだったり…??と勘ぐってしまう笑
    今使ってるNexus6が電池ヘタってきてるから買ってしまいそう

    • ハイコスパはRedmiシリーズの一番の売りですからね。
      スナドラ636の供給価格が意外と安いのかもしれませんが、Xiaomiがそれだけ「数を売る」と断言して安く仕入れているのかもしれません。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top