物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

200ドルちょいとほどほど価格の2K解像度Androidタブレット「CHUWI Hi9 PLUS」レビュー

CHUWIから10.8インチの2in1タブレット「CHUWI Hi9 PLUS」をGearBest様からご提供頂きましたのでレビューしていきます。

CHUWI Hi9 PLUSの主な特徴

CHUWI Hi9 PLUSは10.8インチ 2K解像度(2560×1600 WQXGA)のタブレットで、専用のキーボードとスタイラスペン(共にオプション)が使え、2in1にもなるタブレットです。*今回はタブレット単体としてのレビュー10.8インチディスプレイはIPSで、段差のないOGS対応になっています。

CPUはMediaTek Helio X27搭載で、MediaTek SoCを載せているタブレットとしてはほぼ最高峰。AnTuTuベンチマーク(ver7)だと、9万点前後程度かと思われます。メモリは4GB、ストレージは64GB eMMCです。

またSIMスロットがあるので、SIMを入れれば4G LTE通信が可能。4G Bandは1/3/5/7/8/20/40なのでソフトバンク系のSIMを入れればプラチナバンド対応しますし、外でもネットが使えるのは便利です。(最近はSB系データSIMも安く手に入りますし)

主要スペック

開梱&同梱物


同梱物はマニュアル、SIM/microSD取りだしピン、USB充電器、USB Type-Cケーブルとなっています。USB充電器は見ての通り、日本では使えないコンセント形状なので、基本的には別途用意したほうがいいでしょう。

外観

10.8インチディスプレイの解像度はWQXGA(2560×1600)。いわゆる2K解像度ですが、さすがに発色も良くて綺麗です。ただ少し前にレビューした10.1インチのWUXGA解像度のCHUWI Hipadと見た感じがどれほど違うのかと言われるとそれほど解像度の差は感じません。下部にはキーボードドッキング用コネクタがあります。左側にはUSB Type-C、イヤホンジャック。あと分かりづらいのですが、イヤホンジャック左の裏側にSIM/microSDトレイがある。LTEはB1/B3/B5/B7/B8/B20とタブレットにとしては対数周波数帯が多く、docomo/Softbank系SIMなら使いやすい。右側には、電源/ボリュームボタン。縦画面にして使うにはちょっと上過ぎるかなぁという感じ。ただ横画面で持つと、左手がちょうどボタン類に掛かるので使いやすい。10.8インチですし、基本的には横持ちが多いと思いますし、これでOKでしょう。
背面はこんな感じでマットカラーでシンプル。左側にスリットのように見えるのがスピーカーでステレオになっています。こちらも配置的に横画面で使えという感じですね。ちょっと気になるのは、マット仕上げなのに手垢が結構残ります。このあたりは値段相応。

実重量と使用感

実重量を計測してみました。公式サイトでは550gですが、実際は536gで、14g軽いという結果。10.8インチとしては軽量なほうで、実際手に持っても軽く感じます。もちろんiPad系のようにあそこまで薄く軽いものではないのですが、200ドル前後の価格帯であることを考えれば充分軽くて使いやすい。

日本語化

初期設定時から日本語がちゃんと選べます。起動後は当然完全日本語版です。

プリインストールアプリ

以下プリインストールアプリの一覧。良い意味でたったこれだけ。余計なものが入っていないのでシンプルです。

 

ベンチマーク

CHUWI Hi9 PLUSの実力をAnTuTuベンチマークで試してみました。

ベンチマーク結果としては10万点オーバーと、同じHelio X27搭載のHipadと概ね同じ結果。以下は参考までに過去のスコアです。スマホと混ぜたスコアとなっているので中の下風に見えますが、AnTuTuで10万点あれば、3Dゲーム以外では概ねサクサク動きますし、実用レベルでは充分な性能です。ただ10万点越えにしては、ほんの少しだけもっさりすることがあるのは気になります。

機種名 SoC(CPU) AnTuTu Ver7スコア
vivo NEX S Snapdragon845 289691
OnePlus 6 Snapdragon845 287343
XPERIA XZ2 Snapdragon845 266288
XPERIA XZ2 Compact Snapdragon845 265800
Xiaomi Mi MIX 2S Snapdragon845 258741
HUAWEI P20 Pro Kirin 970 210380
XPERIA XZ1 Compact Snapdragon835 205788
honor 10 Kirin 970 204400
HUAWEI honor 9 Kirin960 165134
Xiaomi Mi Pad 4 Snapdragon660 142708
Elephone U Pro Snapdragon660 140784
ZenFone5 ZE620KL Snapdragon636 139085
ZenFone4 Snapdragon660 137253
Xiaomi Redmi Note 5 Snapdragon636 115626
CHUWI Hi9 PLUS MediaTek Helio X27 103025
CHUWI Hipad MediaTek Helio X27 102014
HUAWEI honor8 Kirin 950 97517
TECLAST M89 MediaTek MTK8176 97775
XPERIA XA2 Ultra Snapdragon630 90087
HUAWEI nova lite 2 Kirin 659 89273
Vernee Active Mediatek Helio P25 79228
KOOLNEE K1 Trio Mediatek Helio P23 67080
UMIDIGI A1 Pro Mediatek MT6739 45258

 

電子書籍漫画リーダーとして

10..8インチで2560×1600という高精細ディスプレイを搭載しているHi9 PLUSは、横画面時の縦方向もやや長めなので、電子書籍漫画リーダー向きです

まずは雑誌系を読んでみましたが、これは断然読みやすい。写真の説明等文字が小さめのところは少し拡大が必要ですが、普通の雑誌であれば、見開き2ページで充分読み取れます。

もっと良いのは漫画で、漫画本に近いサイズで、雑誌同様見開き2ページで読めるので非常に楽ちん。

私はいつも8インチタブで漫画読んでますが、10.8インチで2画面で読める便利さを改め痛感。ただ手に持っていると長時間読書は重いので、ベッドにタブレットスタンド置いて、Bluetoothリモコンでページ送りさせながら、ずぼら読書をし始めました。

レビューまとめ

価格が200ドル強のタブレットであることを考えると、全体的に欠点少なめの良質なタブレットです。

10.8インチと大きく、2K解像度で高精細な発色のいいディスプレイは電子書籍/漫画リーダーとしての相性がいい。オプションのキーボードを買えば、PCライクに使えますし、同様にオプションのスタイラスペンを使えばお絵かきも可能。ほどほどに軽量で、10インチ超のタブレットを欲しかった方にとって価格とのバランスから「このぐらいで良いんだよ」という人は結構多いと思う。AmazonのFireタブレットみたいなロースペックでは困るけど、そんなにハイスペックで価格が高いものは要らない、、、そんな中間層にちょうどいいタブレットです。

CHUWI Hi9 PLUSの価格

記事作成時点の価格ですが、GearBest では219.99ドルでセール中です。

GearBest販売ページ : CHUWI HI9 PLUS CWI532

GearBestでの購入方法などは、下記記事に取り纏めていますので、参考にしてください。

・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ベッドにタブレットスタンド置いて、Bluetoothリモコンでページ送り


    これ、すごく便利そうですね!
    詳しく解説いただければ絶対読んでみたいです!

コメント

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top