物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

第10世代Coreプロセッサ搭載、CHUWI新ミニPC「CoreBox Pro」発表~12GB RAM/256GB NVMe SSD搭載で充分使えるデスクトップPC

中国のPC/タブレットメーカーCHUWIが、デスクトップPC「CoreBox Pro」を発表しました。
クラウドファンディング形式にて2020年10月20日に発売予定。

既に発売されたCoreBoxに、現行の第10世代Core i3を搭載するなど大幅にスペックアップさせたモデルです。

・公式ページ : CHUWI 「CoreBox Pro」 

CoreBox Proの特徴

CoreBox Proは、CHUWIで既に発売されている「CoreBox」をベースにスペックを大幅にアップさせたデスクトップPCです。

CPUは現行世代である第10世代=IceLake世代のCore i3-1005G1 DualCore(4スレッド) Max 3.4GHzを搭載。
1005G1はIntelのCPUラインナップの中では下の方ではありますが、少し前にi3の中心的なCPUと言えるCore i3-10110Uと比較しても性能は高く、Core i5の少し下ぐらいの充分な性能を持っています。

CHUWIではOffice系の文書作成といったライトユースだけでなく、4K動画も快適に見れると謳っています。

メモリはLPDDR4で12GB もあり、ストレージは256GB NVMe SSD。i3+12GB RAM+256GB SSDなら、普通に見てもCPU以外はかなり余裕のあるスペックです。

更に、USB Type-CポートはThunderbolt 3ポートとなっていて、データ伝送や映像出力をサポートし、伝送速度は最大40GB/秒と超高速。グラフィック・ドックを接続すれば、4Kマルチディスプレイにも対応します。

また高速Wi-Fi6対応のAX200モジュールを採用しているので、最大2400Mbpsで通信可能。そこまでの高速性を必要とする方は少ないと思いますが、それでも余裕度があるというのは気持ち的にも助かります。

価格

発売は10月20日。定価は399ドルとの事ですが、クラウドファンディング形式での発売を予定していて、以下よりメルマガを登録すると、割引価格で購入できます。

・公式ページ : CHUWI CoreBox Pro 事前キャンペーンページ

関連ページ

・公式ページ : CHUWI

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. > メモリはLPDDR4で12GB もあり

    「12GBも」じゃないだでしょ💧
    メモリ 12GBってなんだよ?
    パッと見て、普通にあり得ない構成っていうんだよ。
    普通、4→8→16→32→64→… でしょ。
    12GBなんてモジュールないから、4+8GB構成ってことか。つまりはその時点で DualChannel を捨ててるのか。
    少しのコストを削るために(←多分)わざわざそんな歪な構成にする考えが理解できない。

    • 確かにメモリの構成としては不自然な数字ですが、ゲーム機ではないし、Dual Channelの効果は体感できるレベルとまでは分からないのが実情じゃないでしょうか。
      中華メーカーはそのあたり割り切っていることが多く、実用性とコストのバランスを取っているのかなぁという気がします。
      またミニPCに近い大きさなので、ここは私の想像ですが、マザーにオンボードメモリがあって、それプラス4GBか8GBしているのかなと思っています。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More
Return Top