物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

これで2万円ちょいは凄いのでは!? ナイトビジョンカメラ搭載「F150 R2022」発売! Helio G95搭載でミドル機性能&デザインとカラーも価格も欲張ったタフネススマホ

スマートフォンメーカーのOUKITELのサブブランドから、個性的で使えるレベルの性能を持ったタフネススマホ『iii F150 R2022 』が発売されました。

F150 R2022の特徴

F150 R2022はF150 B2021のデザインコンセプトは継承しつつ、非力だったCPUをHelio G95に大幅アップし、日本のLTEプラチナバンドに対応。またナイトビジョンカメラまで搭載して価格は200ドル切りとリーズナブルなタフネススマホとなっています。特にデザインと機能は挑戦的で、サブブランドならこういう事をやるべきですね。

そのF150 R2022のディスプレイは6.78インチ解像度はフルHD+(2460×1080)。
中央上に極小パンチホールの16MPカメラを搭載。

しかもリフレッシュレートはタフネススマホとしては異例の90Hz、タッチサンプリングレートも180Hzと高めです。

SoC(CPU)はMediaTek Helio G95。AnTuTuベンチマークv8では約30万点というスコアで、このスコアならミドルレンジ。そしてRAMは8GB、ストレージは128GBとこちらもタフネススマホとしては強力。microSDも256GBまでサポートされます。

カメラはメインに64MPのレンズを採用。タフネススマホとしては高画素です。
そしてサブに20MPのナイトビジョンカメラ、もう一つ2MPマクロカメラを搭載しています。

非常に珍しい20MPナイトビジョンカメラでは、その名の通り夜間/暗所での撮影ができます。

公式では以下のように真っ暗でもこのような写真が撮れると謳っています。キャンプなどに持っていったら楽しめそうですね。

バッテリーは8,300mAhと一般的なスマートフォンの2倍と大容量で、それを18Wの急速充電が可能。

そしてもちろんタフネススマホなのでIP68/69K防水防塵。

対応周波数帯は4G LTEはB8(Softbank)/B19(docomo)/B18(au)と国内3キャリアプラチナバンド対応。

2G: GSM: B2/B3/B5/B8
3G: WCDMA: B1/B2/B4/B5/B8
4G: FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B18/B19/B20/B25/B26/B28A/B28B/B66
TDD-LTE: B38/B40/B41

カラーはボルカニックというブラックと、F150 B2021のコンセプト通りサハラカラーがあります。

そして、もう一つ304スチールと呼ばれるシルバーが追加されています。タフネススマホらしくないメタリックさですが、これが工業製品っぽくてかっこいい。

これだけのスペックで、プリセールでは199.99ドルと破格値。メインでも使えそうなミドル機性能は期待しかありません。

主要スペック

iiiF150 R2022
ディスプレイ 6.78インチ 2460×1080 フルHD+ IPS
リフレッシュレート90Hz
タッチサンプリングレート180Hz
SoC(CPU) MediaTek Helio G95 Octa-core 2.1GHz
メモリ+ストレージ 8GB
128GB UFS2.1
OS Android 11
カメラ ・バック
64MP(メイン)
20MP (ナイトビジョン)
2MP (マクロ)
・フロント
16MP
バッテリー/充電 8300 mAh / 18W急速充電
WiFi/Bluetooth WiFi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
SIMスロット Dual SIM (nano SIM x2)
microSD 有り  (最大256GB)
対応周波数帯 2G: GSM: B2/B3/B5/B8
3G: WCDMA: B1/B2/B4/B5/B8
4G: FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/
B13/B17/B18/B19/B20/B25/B26/B28A/B28B/B66
TDD-LTE: B38/B40/B41
サイズ 175.7*84*15.5 mm
重さ 350g
カラー ボルカニック/サハラ/304スチール
その他 ・USB Type-C
・側面指紋認証リーダー
・IP68/69K防水防塵
・3.5mmイヤホンジャックあり

 

価格

Banggoodでは、199.99ドル=22,440円で発売中です。(記事作成時点の価格)
これはプレセールプロモーション価格となっていて先着200台まで、その後は23,562円、24,684円と販売台数に応じて価格が上がる仕組みです。欲しい方はお早めに。

日本への配送は10-15営業日配送のJapan Direct Mailが139円とほぼタダみたいな価格です。

Banggood販売ページ

関連ページ

・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 9月10日にポチッた
    3週間たったけど
    未だ発送されず

    • orderされたときは分かりませんが、いまだとEstimated Delivery on Oct 28th-Nov 2nd,2021 (10/28-11/2に発送)となっているので、プレオーダー状態だったという感じではないのですかね?
      オーダーだけして発売日自体先というのはよくありますし。
      ただこれがもう発送されているはずの日程だったのであれば、ショップに文句言ってもいいとは思います。
      とは言ってもモノがなければ発送しようもないのでしょうけど。あくまでEstimateなので”予定”なんで、このあたりは微妙な所です。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More
Return Top