物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

台湾にいくならこれ!「FAREASTONE 台湾プリペイドSIM」~830円で爆速LTE使い放題

海外旅行の心配ごとの一つに「ネット回線=SIMどうする?」という点があります。

先週台湾に行ってきたのですが、私は台湾初上陸で、同じような悩みがあったのです。
しかし、実は「プリペイドSIM」で解決。これが凄く良かったのでご紹介。

事前予約?空港で契約?それとも買っておく?

事前に調べると「中華電信」のSIMが良さそうなんです。日本語ページもあってとても親切。

ちゃんと予約サイトもあって、渡航14日~3日前までなら予約受付可能です。あとは空港のカウンターで手続きしてお金払って受け取るだけ。

但し、私の場合は、貧乏出張だったので、LCCでAM 7:00前着でした。なのでカウンターやってないのです。と言う事でどうしたかというと、プリペイドSIMを事前に買っておくという方法に出ました。遠傳電信(FarEasTone)のSIMです。

FAREASTONE 台湾プリペイドSIM LTEデータ通信5日無制限
[Billion Connect]
売り上げランキング: 6,605

事前購入プリペイドSIMがお勧めな理由

このプリペイドSIM、めちゃ良かったので紹介しているわけですが、メリットが非情に大きいです。

空港に着いたら既にネットに繋がる状態

以下届いたSIMカードセットですが、SIM取りだしピンとSIMカードが入ってます。SIMカードはnano/microなどの大きさ毎に手で切り抜けるようになっていて工具不要。

国内の空港で、搭乗口前にきたら、SIMを入れ替えます。このピンが入っているホルダーには、取り外したSIMを収納するケースも付いているので、無くさないようにしまって、日本用の財布にでもしまっておきましょう。

このFAREASTONEのSIMは、APNが「Internet」で設定するだけ。あとはなにもAPN設定要りません。めちゃ簡単なのでこれも搭乗口前でやっちゃいます。設定したら、機内モードにしておく。

で、台湾に着いたら機内モードを解除して、あとは接続を待つだけ。超簡単です。最初だけFAREASTONEのLTEと3Gのどっちに繋ぐ?みたいなのが表示されたぐらい。

とにかく、ネットに即繋がるので、「※※行きたい」「※※したい」といった言語の問題があっても、ネット翻訳できるので、安心感が段違い。

契約の手間が要らない

台湾の空港について、そこでカウンター行って、パスポート見せて契約して・・・って正直面倒じゃないですか。台湾は比較的日本語が通じる場所ではありますが、万が一日本語対応できる人がおらず、英語で契約ってなったときにトラブルになったらとか考えるだけで英語が苦手な人は不安になりますね。

また家族や友人達で行く場合、人数分の契約も時間と手間がかかるしやや面倒。

プリペイドSIMなら事前に買っておくだけなんで、そのあたりの不安も解消されちゃいます。

対応バンド

遠傳電信(FarEasTone)の対応バンドは、B3/B28。SIMフリースマホでしたらだいたいの端末で対応しているので、安心です。

なお、Amazonの製品ページには以下記載もあります。

 本商品は遠伝電信、中華電信、台湾之星の3つの通信会社の電波を受信する事ができ、 利用する場所のより強い電波を選択するようになっております。 利用する際には都度、接続している通信会社のAPNの選択をお願い致します。

安い

なにせ安い。5日間 LTE使い放題で830円(記事作成時点の価格)
データSIMなので通話できませんが、LINE電話とかはできますので、私の場合は充分これで要求を満たしてくれました。

速い

「LTE 使い放題」って言っても、速度は日本のMVNOぐらいなんでしょ?と思っていたら、全然違いました。

台湾桃園空港の計測で46Mbps、南港というイベントホールがある場所では60Mbps弱という爆速。pingは若干遅いかなぁぐらいですが、繋がったらめちゃ速い。台北101のあたりでも40Mbpsは軽く超えていました。さすがは台湾のキャリアSIM。

ホテルではWiFiがありましたが、これぐらい速いなら最悪WiFiが無くても(あるいはホテルWiFiが遅くても)、テザリングでPC繋いでとかも充分使えそうなレベルです。

初めての台北と言う事で、Google Map見ながらタクシー/バスなどに乗りましたが、全く途切れることもなく、快適でした。

まとめ: 1000円以下爆速LTE回線を事前確保できる快適さ

この遠傳電信(FarEasTone)のプリペイドSIMですが、注意としては5日間の制限がある点と、パッケージに「利用期間制限」が書かれているので、その期間内で使わなければなりません。

私の場合は「2018/08/31まで」となっていましたので、それ以降に渡航予定があるなら使えないと言う事になります。とりあえず買っておいて、そのうち使おうという感じだとダメ。なので買うなら渡航1ヶ月とか2週間前ぐらいに買うのがお勧めです。

注意点はこれぐらいで、あとはメリットだらけです。速度は速いし、通信制限は無いし、APN設定は簡単だし、なにより安い。830円で使い放題というのはなんとも破格値です。今回の出張ではなかなかおいしいものを食べれなかったので、今度は家族でのんびり食べ旅行しようという話になっています。そのときは人数分のプリペイドSIMを事前に用意して持っていこうと決心しました。他の国用のもあるみたいなので、他国に行くときは基本プリペイドSIMにします。ほんとお勧めですよ。

FAREASTONE 台湾プリペイドSIM LTEデータ通信5日無制限
[Billion Connect]
売り上げランキング: 6,605

 

 

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 居着いたガジェオタ

    良心的すぎて利益が心配になるレベルですな。使い放題とかすごいなぁ。
    しかも日本のキャリアより実測値が速いなんて、ちょっと悲しい気もします
    ドコモで都心だと大体20〜30Mbpsくらいだから、倍ですか?(笑)

    自分も海外でzipsimってのを使いましたが、1週間で500mbまでで1600円くらいでした。
    通話はかけ放題でしたが、英語圏で通話なんて!いや、日本語サポートしてる場所でちょっと使ったけども(笑)
    まぁデータの使い放題の方が圧倒的に実用性高いですね。
    台湾はそのうち行きたい国の一つなのでとても参考になりました。

    • 1週間で500MBは厳しいですね。
      830円はちょっと安すぎですが、3000円ぐらい払ってもいいので、海外で使い放題で爆速回線が欲しいですよね。
      安さの秘訣はAmazon Reviewを見ると分かりますが、期限切れが近いプリペイドSIMを仕入れて売っているようなので、この価格なんだそうです。飲み物/食べ物なら賞味期限間近って怖い気もしますが、SIMなら「使えればいい」だけなので心配なしです。
      台湾行くときがあれば是非~

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top