物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【レビュー】全てが片手で出来ちゃう折り畳みスマホジンバル「Funsnap Capture π」~9000円ほどながら安定動画撮影が簡単にできる優れもの

約9000円台で買えるスマホジンバルハンドスタビライザー「Funsnap Capture π」をGshopper様からご提供頂きましたのでレビューしていきます。

Funsnap Capture πは手のひらサイズまで折りたたむ事ができる超コンパクトなジンバルスタビライザーです。

主な特徴

Funsnapは主にジンバルスタビライザーやドローンを発売しているメーカーです。

その中でもFunsnap Capture πジンバルは、3軸スタビライザー搭載で、基本的にはスマートフォン用のジンバルスタビライザーとなります。

3軸ジンバルスタビライザーなのでスマートフォンで動画/静止画撮影時に手ぶれを抑えてスムーズな撮影が出来ます。

最大の特徴は折り畳めることで、このように手のひらサイズにまで小さくなります。

重量も320gと軽量なので、女性でも扱いやすく、カバンに入れて持ち歩くのも楽です。

開梱

箱を開けて中身を確認。

同梱物は3脚のトライポッド、USB Type-Cケーブル、マニュアルとなっています。

マニュアルは英語版で、英語苦手な方には少し厳しいかも。ただ図解はあるし、基本的な操作がわかれば問題無いでしょう。

本体はこのように非常にコンパクトに折り畳めます。

使える様にする

まずアプリとの連動/アクティベーションもしておきます。まずは「Funsnap Capture 2 」をGoogle Play/App Storeからインストールしておきます。

新しいアカウントを作成してログインしておきます。

続いてFunsnap Capture πの電源ボタンを長押しして電源を入れておき、アプリからDevice 追加すると、自動的に拾ってきますのでペアリングします。

すると以下のようにアプリが使えるようになります。

但しアプリは英語版です。

外観

本体前面にはジョイスティックや電源/録画ボタンがあり、ジョイスティックの上にはバッテリー残とBluetooth接続が確認できるLEDが付いています。

右側には充電端子があり、端子はUSB Type-C。TypeCは表裏関係無くなく使えるし、Androidではもはや一般的な端子なので、とても使いやすい。

左側にはテレ/ワイドのズーム用のスライダーがある。

裏側にはトリガー。

下部には三脚用のねじ穴があります。

使ってみた

神田明神などに行って撮影してみました。

デフォルトで付いてくる三脚を使うと、こうして置く事もできるし、タイムラプスでの撮影などにも便利。三脚自体もコンパクトで使いやすい。三脚は一般的なものも使えるので、後付けで様々な使い方ができそう。

電源ボタンを短押しすると、くるっと横画面/縦画面を切り替えてくれます。

こうしたローアングルの撮影も簡単です。

実際に撮影した動画はこちら。

神田明神をやや小走りで走ったり、海沿いをドスドスと雑に歩いたり、階段を登ったりしましたが、安定した動画撮影ができてしまいました。スマホを触らずに片手でズームなどができるのも楽ちんです。

総括

価格は9000円程度と安く、折り畳めてコンパクトに収納できる点は大きな利点です。
ジンバルスタビライザーとしても動画の安定性は充分で、カバンからさっと取りだしてスマホをセットして撮影することが簡単にできます。

USB Type-C端子も最近でこそ当たり前ですが、エントリー向けとなると搭載してくれているだけでも有り難い。三脚も付いてるので置いて使えるし、ほぼ欲しいものが揃っているオールインワン。
初心者はこれ買えばいいという位迷わなくて良いでしょうね。

アプリは英語版な点がやや残念な所ですが、Bluetooth連動させておけば、録画開始/停止、ズーム、パン等の操作が全て片手でできるし、めちゃ楽です。そうした気楽に使える簡便さこそがFunsnap Capture πの魅力だと思います。

価格

FunsnapCapture πはGshopperでは9,022円で発売中です。

Gshopper販売ページ

Gshopperについて

GshopperはQoo10にも進出しているショッピングサイトで、日本にも多くの製品在庫をもっていて、Xiaomi/Lenovo/任天堂/Amazfit/等がAmazonや海外サイトからの個人輸入よりも安く買えます。

例えばXiaomiのスマート体組成計2はたったの1,777円。通常1万円前後するBRUNOのホットプレートが6,000円ちょっとと価格がかなり安いです。

価格表示が小数点以下も表示されているのでぱっと見「ん!?」と思いますが、そこだけ除けばサイト全体的に日本語化されていますし、サポート/返金ポリシーなどもしっかりしています。(日本語で問い合わせ可能)

ガジェット以外にも、デジタル家電なども充実していますので、興味があればチェックして見てください。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top