物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【レビュー】6000円台で買える折りたたみスマホジンバル「Hohem iSteady X」は軽くて全部入りで毎日持ち歩ける携帯性が魅力

6000円-7000円台で買えるスマホジンバルハンドスタビライザー「Hohem iSteady X」をHohem様からご提供頂きましたのでレビューしていきます。

iSteady Xは折りたたむ事ができるので、使わない時/持ち運び時はコンパクトになり、持ち運びに便利なのも良いところでした。

主な特徴

HohemはTicTechというメーカーのジンバルスタビライザーブランドです。

そのHohemのiSteady Xジンバルは、3軸スタビライザー搭載で、基本的にはスマートフォン用のジンバルスタビライザーとなります。3軸ジンバルスタビライザーなのでスマートフォンで動画/静止画撮影時に手ぶれを抑えてスムーズな撮影が出来ます。

iSteady Xの最大の特徴は折り畳めることで、17.9cmと極めてコンパクト。

 

重量も259gと軽量なので、カバンに入れて持ち歩くのも楽です。

ジンバルとしては至って普通で、ジョイスティックやボタン類も一般的なものですが、価格が7000円台程度と非常に安く、「ジンバル使ってみたいんだけど1万円以上は高いなぁ」と二の足を踏んでいる方には買いやすい価格になっているのが魅力です。

開梱

箱を開けて中身を確認。同梱物は3脚トライポッド、USB Type-Cケーブル、マニュアル、キャリングバッグとなっています。

マニュアルはしっかりとした日本語。若干使えるまでに手順を踏む必要があるので、これは助かりました。

使える様にする

最初はこのようにコンパクトに畳まれています。これが最小の状態。畳んだ状態で固定されているので、矢印のネジを緩め、アーム後部のロックを解除する事でハード的には使用可能となります。

アプリとの連動/アクティベーションも必要で、まずは「Hohem Pro」をGoogle Play/App Storeからインストールしておきます。iSteady Xの電源ボタンを長押しして電源を入れておくと、自動的に拾ってきますのでペアリングします。続いてアクティベーションが必要で、メールアドレスとパスワードを決めて、登録するとアクティベーションされて使える様になります。

 

外観

本体前面にはジョイスティックや電源/録画ボタンがあり、ジョイスティックの上にはバッテリー残とBluetooth接続が確認できるLEDが付いています。

メーカーの画像のほうが分かりやすい。

充電端子はUSB Type-C。TypeCは表裏関係無くなく使えるし、Androidではもはや一般的な端子なので、使いやすい。

反対側にはズーム用のスライダーがある。

スマホのペイロードは280gまでで、メーカー公式スペックでは6.5インチとなっています。今回はあえてGalaxy Note10 Liteを使い6.7インチとオーバースペックなスマホを使ってみましたが、問題無く使えました。ただサイズ的にはカバー着けてギリギリでしたので、やはり6.5インチぐらいまでが推奨となるでしょう。

使ってみた

ちょうど管理釣り場に行く機会があったので、撮影してみました。デフォルトで付いてくる三脚を使うと、こうして置く事もできるし、タイムラプスでの撮影などにも便利。三脚自体もコンパクトで使いやすい。

電源ボタンを短押しすると、くるっと横画面/縦画面を切り替えてくれます。

アプリはタイムラプスやスローモーションといった設定もワンタッチで可能です。日本語化もされているので直感的に使え、大抵は分かるようになっている。

実際に撮影した動画はこちら。

渓流沿いを歩いたり、やや小走りで走ってみました。実は釣り用の靴を履いていたので、結構ドスドスと雑に歩いていたり走ったりしたのですが、そんなことを全く感じさせない動画撮影ができてしまいました。

総括

折り畳めて安くてエントリー向けという事もあり、ジンバルスタビライザー機能はあまり期待しないほうが良いかもなという心配は全くの杞憂に終わりました。動画の安定性は充分で、スマホ撮影ならこれで不満はあまり出ないと思います。

難点はほぼないのですが、スマホサイズとカバーによっては重さもシビアになってくる可能性があります。
幅90mm、厚み8.9mm、重さは280gまでなので、スマホ本体はおおむね 大丈夫でしょうが、カバーを着けた場合はスマホによっては厳しいです。(最悪はカバーを外して使うかサブスマホで使うのが良いと思う)

ただそうしたちょっとしたマイナス点も7000円台のスマホジンバルとしての良さには吹っ飛びます。
操作性も良いですし、ジンバルとして安っぽさもなくむしろかっこいいし、三脚も付いて余計なオプションを買う必要もない。すべてがオールインワンなので初心者はこれ買えば迷わなくて良いのが素晴らしい。

iSteady Xは余計な肩肘張らずにカバンにぽいっとiSteady Xを入れて持ち歩き、思いついた時に動画撮影をする。そんなスタイルが似合う使い方でしょうね。

価格

HohemはTicTechというブランドなので、TicTechのオンラインストアでもiSteady Xが買えます。
日本のAmazonにも正式参入しているので、そちらも公式なので買えますが、TicTechオンラインストアのほうが安く買え、保証規定などもAmazonと変わらないとのこと。TicTechが言うには配送方法もAmazonと変わらないようで、国内在庫から直送しているのかも知れません。(送料も無料)

Amazonでは7999円、TicTechオンラインストアでは7300円です。但しカラーはブラックのみ。
またTicTechオンラインストア用のクーポンもあり、上記ブルーのところの「COPY」を押して使うか、以下クーポンで20% OFFの55ドル割引(約6000円)となります。ちょっと配送先登録がAmazonよりは面倒ですが、1500円ほど安くなるので、価格重視ならTicTechオンラインストアがお得です。
55ドルオフ クーポンコード : Y1WN114H5ZWG 

Amazonでは7,999円でこちらから購入できます。こちらはホワイトも選択可能です。

Amazon販売ページ

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top