物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

ETORENで海外SIMフリー版スマホやタブレットを購入する方法~買ってから届くまで

スマホやタブレットの日本発売はかなり遅く、海外から取り寄せた方が早いのが一般的です。
しかし海外が輸入するといっても「簡単じゃ無いでしょ?」と思うでしょうが、実はこれ簡単なんです。

特に安くて早い「ETOREN」はオススメです。

ETOREN購入のメリット

ETORENはシンガポール、香港、イギリスの3拠点で運営しているECサイト。主にAndroidやiPhoneといったスマートフォンやタブレット、その周辺機器を取りそろえています。

海外のサイトですが、日本語化もばっちり対応していて、とても海外サイトには見えないぐらい親切です。

輸入消費税が掛からない

海外からスマホやタブレット等を輸入するときは商品代+送料を支払って終わりではなく、通常は輸入消費税が別途掛かります。商品と引換で本体代金の数パーセントほどを支払ったり、あとで銀行振り込みするなどの面倒くさい処理があります。但しETORENの場合はこの輸入消費税込みの価格となっていて、決済した際の金額以外は全くお金が掛からない。つまり国内で買い物しているのと変わらない感覚で購入できるのがメリットです。

届くまでが早い

輸入というと「手に入るまで相当待つのでは?」と感じる方もいるでしょうが、ETORENはなんと1~3営業日で届きます。配送先の地域によって多少ばらつきはありますが月曜に注文すれば、火曜~木曜日ぐらいまでには届く目安です。

私は関東にいるのですが、FedExが主な配送業者(もしくはFedExから委託された業者:主に佐川急便)で、概ね2-3日で届きます。早いときは本当に翌日に届くこともありかなりびっくりします。

保証は?故障対応は?日本語で依頼はできる?

また輸入という観点からすると、「初期不良はどうするのか」「もしも壊れたら修理は?」など購入した後のことも心配ですが、ETORENでは日本人スタッフがいるので、日本語で問い合わせが可能。日本人であって「日本語ができるスタッフ」では無い点も大きなメリットです。

また故障の際は、海外まで発送する必要がなく、日本国内のETORENの修理拠点に送れば、あとはETORENが修理対応をメーカーとやってくれます。ただその間の代替機の貸し出しはありませんので、自分で用意する必要があります。だだこれはdocomoやau等のキャリアでスマホを買わない限り、国内でSIMフリースマートフォンを買っても代替機は用意されないと思いますので、充分なサポート体制だと言えます。保証期間も1年と国内で買うのと変わり有りません。

海外からSIMフリースマホ/タブレットなどを輸入しようと思ったときに不安に感じることや、「輸入って面倒だな」という点をかなり解決しているので、大きな不安無く買えるのがETORENの魅力です。

海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全

決済方法はクレジットカード/PayPal/銀行振り込みが可能

支払い方法は、VISA、Master、JCB、AMEXなどのクレジットカード、それとPayPal決済が可能。また日本独自の決済方法として、「楽天銀行」決済が可能です。

楽天銀行決済ではありますが、振込先銀行が楽天銀行になるだけで、振込手数料は掛かりますが他の銀行からの振り込みをすれば、決済が可能となっています。
※以下は楽天銀行決済を指定した際に購入時に送られてくるメール

購入方法

では実際の購入方法です。

購入したい商品のページにいき、「カートに追加」をクリック。

以下のような画面になるので、「運送保険」に加入しなければそのまま「チェックアウトへ進む」をクリック。以下のケースでは運送保険は937円。基本的に日本にはFedEx(かその委託業者)が配送してくれるのですが、国際輸送では信頼度はかなり高いFedExですから「保険」までの心配は要らないかもと個人的には思います。但し、全てにおいて絶対大丈夫というわけではないので、心配ならチェックを入れましょう。

続いて配送先の入力です。事前にETORENアカウントを作成しておくか、ここで配送先を入力します。ここでは後者の場合を例にします。上のお客様情報は名前とメールアドレスを入れます。ここの名前は漢字でもOKです。

但し以下赤の点線枠にあるところは「ローマ字入力」が必要です。「英語での住所表記を確認する」をクリックすると、入力例が表示されるので、それを参考に入力しましょう。入力が完了したら右側にある「支払いへ進む」をクリックします。

続いて支払い方法の指定です。クレジットカードか、銀行振り込み、PayPal払いから選びます。

選んだら「会計」をクリックします。これで注文は完了です。

銀行振り込みの場合は、あとから指定したメールアドレス宛に「銀行振り込みの連絡」というメールが届くので、そこに記載されている銀行口座に振り込みをすればOKです。振り込み時にちょっと注意しなければならないのは、ETORから始まる注文番号を「振り込み人名の前」に記載しておくことです。忘れやすいので注意してください。

配送経過

ETORENから発送されると、配送会社のトラッキング(追跡)情報ももらえます。

日本への配送は主にFedExで、以下は配送から到着までの経過ですが、こんな感じでステータスの追跡が可能です。

4日かかっていますが、土日を挟んでいたため、実質的には翌営業日配送です。平日なら関東では概ね翌々日(月曜発送、水曜着とか)に届くことが多いです。

荷物の状態

FedEx(或いは委託業者)から荷物を受け取った状態です。この時、ETORENは輸入消費税込みの価格なのでお金のやり取りが発生しません。他業者(Expansys等)だと、ここで数千円ぐらい支払いが発生するか、後から振り込み用紙が届いたりしますので面倒です。

開封すると以下のように綺麗に梱包されています。日本国内の配送と同レベルの丁寧さです。海外輸入を多くしている方は「日本と同レベル」がどれほど凄い事なのか分かると思いますが、外箱が汚れているだけなら良いのですが、箱が潰れたり、中身の箱も汚れていたりはまぁ普通です。商品が正しく動けばいいじゃないというお国も多く、これだけ綺麗な梱包をしてくれるとそれだけで嬉しい。私も「動けば良い」という派なのですが、しっかりとした梱包とユーザーに不快感を与えない姿勢は誰にでも歓迎されるものです。

私がETORENをよく使う理由はこの安心感と追加料金のない明瞭会計さだから。あとはサポートも日本語だし、修理対応も国内輸送(東京の平和島の倉庫に送る)だけでいいので楽だし、返送費用も安くていいから。海外から輸入するというリスクを極限まで減らしてくれているのが本当に気持ちが良いのですよ。

関連記事/サイト

Etoren日本公式サイト


 

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 重箱の隅をつついて回る KEI

    代替機は「容易』されない
    「用意」では?

LEAVE A REPLY TO 重箱の隅をつついて回る KEI CANCEL REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top