物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

国内版より安い~ASUSゲーミングスマホ「ROG Phone5」グローバル版が海外オンラインストアで発売

ASUSのゲーミングスマートフォンASUS ROG Phone 5グローバルバージョンが各オンラインストアから発売されました。

ASUS ROG Phone 5 ZS673KS グローバルバージョン

ゲーミングスマートフォンらしくディスプレイも大きく、バッテリーも大容量、背面もRGBライトで光り、最上のスペックでゲームを楽しめるようになっています。グローバル版はB19等日本のキャリアプラチナバンド対応で国内版とほぼ遜色ないスペックです。

ディスプレイとデザイン

ASUSの最高位ゲーミングスマートフォンはROG Phone4を飛ばしてROG Phone5となりました。

ディスプレイは6.59インチから6.87インチと大型化し、サムソン製AMOLEDディスプレイです。
リフレッシュレートはなんと144Hzとスマホでは最高レベル。

外観デザインは基本的にはROG Phone3と似ていてROGロゴがRGBライトで点灯したり、オプションのクーラー等を取り付ける事ができます。

ただ他社のゲーミングスマートフォンよりはデザイン的には大人なイメージで、過度に派手すぎず子供じみた雰囲気がないので、誰が使っても恥ずかしくない点は好印象です。

SoC(CPU)/RAM/ストレージ

SoC(CPU)は当然ながら最上位のSnapdragon 888オクタコア Max2.84GHzとなっています。

AnTuTu v8ベンチマークだと74万点前後と言われていて、ROG Phone3の65万点前後から大幅アップしています。

メモリはグローバル版は8GB/12GB/16GB(国内版は12GB/16GB)、ストレージは128GB/256GB UFS3.1 。

カメラ/指紋認証リーダー

カメラは3眼のトリプルレンズで、6,400万画素 広角カメラ (メインカメラ)、1,300万画素 125度超広角カメラ (2ndカメラ)、それに500万画素 マクロカメラ (3rdカメラ)という構成。

バッテリーと急速充電

バッテリー容量は6000mAhと大容量で、他デバイスにも充電できるリバースチャージ(10W)も可能です。

また急速充電はUSB PD3.0 65WとほとんどノートPC並の大電力充電が可能。

ゲーミングスマートフォンだけにバッテリー食いは大きい為、この容量なら充電回数は減らせる可能性もありますね。

ゲーミングアクセサリ

オプションではありますが、クーラーを筆頭にゲームパッドなども発売されます。

対応周波数帯は5G対応

海外SIMフリー機で一番気になる対応周波数帯ですが、5Gまで対応しています。

4GはB19(ドコモ)、B18(au)、B8(ソフトバンク)と3キャリアプラチナバンド対応。楽天モバイルのB3もサポート。
5GもN77-79と国内キャリアをサポートしています。

3G: WCDMA: B1, B2, B4, B5, B8
4G: FDD-LTE: B1, B2, B3, B4, B5, B7, B8, B18, B19, B20, B26, B28
TDD-LTE: B34, B38, B39, B40, B41, B42, B48
5G: N28, N41, N77, N78, N79; N1, N3, N7, N8, N20, N38

グローバル版の型番はZS673KSで、日本国内でもSIMフリー版として発売されているモデルが同型番なので、差異はほぼ無いと思います。

主要スペック

ROG PHONE 5
ディスプレイ 6.87インチ フルHD+ (2448×1080)
AMOLED(有機EL)
リフレッシュレート 144Hz
SoC(CPU) Qualcomm Snapdragon 888 オクタコア2.84GHz
メモリ+ストレージ 8GB/12GB/16GB LPDDR5
128GB/256GB UFS 3.1
OS Android 11 with ROG UI
カメラ ・バック
64MP(f/1.8)
13MP (125度広角)
5MP (マクロ)
・フロント
24MP
バッテリー/充電 6000mAh /QC5.0/PD3.0 65W急速充電
10Wリバースチャージ
WiFi/Bluetooth Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.2 / NFC
SIMスロット nano SIM x2
デュアルスタンバイ
microSD 無し
対応周波数帯 2G: EDGE/GPRS/GSM: 850, 900, 1800, 1900MHz
3G: WCDMA: B1, B2, B4, B5, B8
4G: FDD-LTE: B1, B2, B3, B4, B5, B7, B8, B18, B19, B20, B26, B28
TDD-LTE: B34, B38, B39, B40, B41, B42, B48
5G: N28, N41, N77, N78, N79; N1, N3, N7, N8, N20, N38
サイズ 173*77*9.9mm
重さ 239g
カラー ブラック/ホワイト
その他 ・USB Type-C
・画面内指紋認証
・イヤホンジャック あり
・ステレオスピーカー/Hi-Res/クアッドマイク

価格

ROG Phone5はASUSのオンラインストアで発売されていますが、12GB +256GB版が99,800円。

しかし海外オンラインストアではもう少し安く買えます。
*特にBanggood等はよくクーポンもでるので国内版よりはかなり安く買えます。

Banggoodでは販売がスタートしており、8GB+128GB版の価格は699.99ドル(77,903円)です。

10-15日配送のJapan Direct Mailがたったの138円です。
Banggood販売ページ

12GB+256GB版は92,371円。
Banggood販売ページ

またETORENでも発売されており、TENCENT Version 12GB+128GB版が84,600円~と比較的リーズナブルです。

ETOREN販売ページ : ROG Phone5

セール/クーポン情報

Banggoodで使えるクーポンです。

グローバル版 8GB+128GB
689.99ドルクーポンコード :   BGASR5128
Banggood販売ページ

グローバル版 12GB+256GB
819.99ドルクーポンコード :  BGASR5256
Banggood販売ページ

関連リンク

・ASUS公式サイト : ROG Phone5
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・ETOREN紹介: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全

 

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top