物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

QUickCharge 3.0対応『KYOKA 10000mAh モバイルバッテリー』買ってみた! 速いは正義ですよ

QuickCharge 3.0対応「KYOKA 10000mAh モバイルバッテリー」を買ってみました。

高校生の息子がiPhone離脱し、Galaxy Note8デビューを果たしたのですが、その目的の一つが「急速充電」でした。そのため、持ち歩くモバイルバッテリーもQuickCharge対応が良いというので、こちらを買ってみたのでレビューしていきます。(息子用と私用で2個購入)

主な特徴

バッテリーは10000mAhの大容量で普通のスマホなら2-3回はフル充電できます。形状としては板チョコのような薄型ではなく、多少厚みのあるものですが、その分コンパクトに来ています。

2ポート出力で、QuickCharge 3.0の出力はそのうち1つだけ。入力はmicroUSBとLightningコネクタがあります。息子の場合まだiPhoneの充電デバイスもあるので、ある意味便利かなとチョイスしました。

開梱と外観

同梱品は、バッテリー本体とマニュアル、microUSBケーブルだけ。

マニュアルに日本語はありませんが、バッテリーだし困ることもないでしょう。

入出力ポート部分、オレンジのUSB端子がQuickCharge対応、ブラックは5V-2.1A出力。入力はmicroUSB/Lightningの2系統です。できればmicroUSBではなくUSB Type-Cだったらより汎用性はあるんですが・・・要は持ち歩くケーブルの種類は減らしたいので、Galaxy Note8とかのUSB Type-CのスマホだとmicroUSBを持ち歩くのは余計ですし。ただそれなら他の買えって事ですし、10000mAhもあれば充電機会も少ないし今のところデメリットには感じていないです。また9V-2Aまでの充電もできるのも魅力です。

使ってみた

丸い電源ボタンをダブルクリックすると、簡易的な懐中電灯代わりにもなります。モバイルバッテリーではよくある機能ですが、2-3個LEDが付いた超簡易的なものではなく、側面全体が光るのでスマホのフラッシュLEDを使ったものよりやや明るく結構使えます。息子は学校から戻る際に近道で細い道を通るらしいのですが、照明が少なくて階段とかで真っ暗な中では「念のため」とスマホを使って照らしていたようなのですが、今後はこのバッテリーが使えると喜んでいました。

充電性能は、やはりQuickcharge 3.0は速く、30分ぐらいで60%以上は充電されるのでめちゃ助かっています。実際XZ1 Compactは6V越えで1.5A程度で充電していました。

総括と価格

2ポート両方ともQuickcharge対応ならとか、microUSBがUSB Type-Cだったらもっと良かったのになぁという点はありますが、基本Quickchargeしか使わず、時々同時充電したいときだけ2ポート目を使うわけだし、あまり無いものねだりをすると価格も上がるので、とりあえず満足しています。(息子も)

充電せずにそのまま寝落ちして朝起きたらバッテリーが20%ぐらいだった・・・みたいなことが恥ずかしながらなんどかあるし、移動時間とか待ち時間長くてスマホ使いすぎたなんてときもQUickCharge 3.0対応のこのモバイルバッテリーがあれば、30分とかで半分以上は回復してくれるのは助かります。

価格も2800円程度で、この金額の割にはデザインも野暮ったくないし、10000mAh程度でQUickCharge 3.0対応のモバイルバッテリーを探しているならお勧めです。

Amazon販売ページ :KYOKA 10000mAh モバイルバッテリー

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top