物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

『OnePlus 6』 先代のOnePlus5T大幅に向上した性能/耐水/背面ガラス採用ハイエンドスマホ

中国のスマートフォンメーカーOnePlusが『OnePlus 6』を発売しました。

OnePlus 6の主な特徴

ハイスペック+ハイコスパの代名詞とも言える待望のOnePlus 6の登場です。

OnePlus5Tから大きく変わった点としては、まずはディスプレイでしょう。6.28インチと変則的な19:9縦長ディスプレイとなり、ディスプレイは流行のノッチデザインへと進化しました。解像度はフルHD+(2280×1080)。トレンドを逃さない姿勢はさすがです。

SoC(CPU)は当然のようにSnapdragon845でハイエンドを継続。メモリは6GB/8GBと先代同様に選択でき、ストレージは64GB/128GBに加えて256GB版も選択可能です。

カメラは背面ダブルレンズカメラは変わらず。16MP+20MPで共に絞り値F/1.7と低照度でも明るく撮れます。フロントの16MPも変わらず。

大きな進化としては、防滴レベルの防水性能を持った点。IPxxというう規格適合レベルは公開されていませんが、浸水しない構造にしたと書いてあるので、防滴レベルと予想されます。なんだ防水じゃないのかという感じもしますが、突然の雨や、机に置いておいたらコーヒーこぼしたといったトラブルにも慌てなくていいというメリットはかなり大きいです。

もう一つ個人的に大きな進化だと思うのが、背面がガラス仕様に変わった事です。OnePlusは歴代マットカラーで派手さを抑えたデザインでした。これはこれでシックでいいものの高級感という意味ではややもの足りない所があったのも事実。OnePlus6では、カラーがミッドナイトブラック(マット)、ミラーブラック、シルクホワイトとあり、後者2つは光沢感のあるつややかな背面となっています。

なお、6.28インチとかなり大きくなった印象を持つOnePlus 6ですが、サイズ的にはOnePlus5Tとほぼ同サイズに収めているのも地味に凄い所で、それだけディスプレイベゼルを削って、ディスプレイ面積を増やしている努力は素直に感心します。

主要スペック vs OnePlus5T

イメージ/フォト

価格

GearBestで予約販売(プリセール)がスタートしています。
気になる価格は、6GB RAM+64GB ROM版が620.08ドル(69783円)です。*5/28-5/31以降出荷

GearBest販売ページ : OnePlus 6 4G Phablet 6GB RAM International Version

関連ページ

・公式ページ : OnePlus 6
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・TOMTOP買い物ガイド :TOMTOPでの買い物の仕方~日本語もあるので輸入も比較的簡単~

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 滅茶苦茶安いっすね。
    これはどれを買うか悩みますわ

    • 性能とデザインクオリティアップでお値段据え置きという感じでお得感は半端ないですね。

      • 流石にプレオーダーの価格は高めですね。
        発売後にセールでどこまで落ちるか期待ですね

        • GearBestは高いけど、GeekbuyingとBanggood(クーポン)はまずまず安いですね。
          まぁー他社が安ければ、GearBestもすぐ追従すると思いますよ。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top