物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

タブレットもタフネスに! 10.1インチAndroidタブ「OUKITEL RT1」発売~IP68/69K防水防塵タフネスタブレットが2万円強

スマートフォンメーカーのOUKITELから、初の10.1インチAndroidタブレットとなる「OUKITEL RT1」が発売されました。しかもなんと”タフネス”タブレットです。

IP68/69K防水防塵タフネスタブレットはどのような特徴なのか見ていきます。

OUKITEL RT1の主な特徴

タフネスタブレットと言うとパナソニック「TOUGHPAD」「TOUGHBOOK」シリーズがありますが、ほぼ業務用と言って良く、10万~20万円超の価格帯です。

しかしOUKITEL RT1は2万円台と超低価格で発売されています。

ディスプレイは10.1インチ1920×1200のWUXGA解像度でフルHD以上と高解像度。

SoC(CPU)はMediaTek Helio P22 8コア 2.0 GHz で、T40 Plus、iPlay40シリーズのように流行のUNISOC T618ではありません。AnTuTuベンチマークv8 スコアは8-9万点程度、v9なら10万点越えといったところで、決してパワフルとは言えず、エントリー性能です。

メモリは4GBで、ストレージは64GBとこちらもエントリー機なりの性能。microSDが使え128GBまで搭載できます。

バッテリー容量は10000mAhと大容量で、売れ筋のTECLAST T40 Plusなどが6000-7000mAh程度です。連続動画再生でも22時間も使えますので、バッテリーライフを気にする方でも必要充分。

充電は9V-2Aの18Wの高速充電対応になっています。T40 Plusなどではまだ5V-2.5Aの11W程度でしたので、倍とまではいきませが、かなり充電は早くなっています。

インターフェースとしては、USB Type-C端子と3.5mmイヤホンジャック、4スピーカー、nanoSIM+microSDで、必要なものは揃っています。

WiFiは5GHz/2.4GHz帯をサポートし、2G/3G/4Gのモバイルネットワークもサポート。
そして4G LTE周波数帯は日本ではなんとSoftBank系のB8とdocomo系のB19のプラチナバンド対応。
プラチナバンド対応だと電波は掴みが良く、日本では使い勝手に大きく作用します。WCDMA: 1/8
FDD: B1/B3/B7/B8/B19/B20

マイナス面もあり、大容量バッテリーや、タフネスな外観(恐らくラバー)の影響で重さが850gです。
10インチ台のタブレットだと概ね500g程度なので+350g。
ただタブレットを外で使うとなればカバーが必要ですし、そうしたカバー要らずで衝撃にも強いという事を考えれば、それほど重くは無いとも言えます。

性能面ではエントリー向けなのがややネックな面もありますが、IP68/69K防水防塵性能という事は水中でも使えるレベルの防水なので、キャンプやアウトドアに持ち出して、雑に扱っても安心感があるという面は大きなメリット。

価格も2万円台前半というのはかなり魅力的です。

主要スペック

製品名 OUKITEL RT1
ディスプレイ 10.1インチ 1920×1200 WUXGA IPS
CPU MediaTek MT8768WA Helio P22 8コア 2.0 GHz
メモリ 4GB
ストレージ容量 64GB
OS Android 11
カメラ フロント: 16MP
バック : 16MP
ネットワーク IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth V5.0
GSM: 2/3/5/8
WCDMA: 1/8
FDD: B1/B3/B7/B8/B19/B20
インターフェース USB Type-C、microSD(128GBまで)、nano SIM
、イヤホンジャック
バッテリー 10000mAh / 9V-2A 18W急速充電
重量 850g
サイズ 251.2mm*170mm*14.5mm
その他 4スピーカー

価格

Banggoodでは発売直後のセールで、21,948円で販売中です。但し販売台数毎に価格が2.3万円程度まで上がる仕組みのため、欲しい方はお早めに。

最新価格はこちらをご覧ください。
販売ページ

配送は10-15営業日配達のJapan Direct Mailがなんと無料です。

最新割引クーポン情報はこちら
Banggood最新クーポン

関連ページ

・公式サイト : Oukitel RT1
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More
Return Top