物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

自動圧縮と空気入れができるコンパクトエアーポンプ「PACUM」が3000円台でクラウドファンディング中

自動圧縮と空気入れができるコンパクトエアーポンプ「PACUM」がKickstarterでクラウドファンディング中です。

旅先でトランク内を圧迫する衣類達をぎゅっと圧縮したり、浮き輪に空気入れたりが出来ちゃいます。

Kickstarterクラウドファンディングサイト

PACUM の特徴

PACUMは簡単に言ってしまうと、電動で空気抜きと空気入れができるデバイスです。ただそれだけなのですが、PACUMは小さくてパワフル、そしてUSB電源で動きます。大きさ的には小型のモバイルバッテリーぐらい。これなら旅先に持っていっても困りません。

パワフルさですが、こんな圧縮袋を1分で自動圧縮し、勝手に止まるようになっています。圧縮している間に立ち会う必要はありません。

掃除機を使った圧縮でもここまで差がある。(これはちょっとおおげさ風ですが)

また空気入れ機能もあり、浮き輪やボールにも入れられるので、夏の家族旅行で毎回「パパ膨らませて-」と言われる面倒くささから解放されます。

電源はUSBでモバイルバッテリーからもOK。PACUM自体はUSB Type-C端子で抜き差しもしやすいのが良い。

家族旅行やビジネスで出張がある方などは私服や下着類がかさばって、ちょっとしたお土産が入らないといった経験があると思います。そんなとき圧縮袋を持っていけば良いわけですが、圧縮するのに体重かけてぴっちりするまで空気抜くのが大変じゃないですか?(私は以前は出張三昧でしたので、チェックアウト前日によくやってました・・・)

また空気入れもねぇ・・・お父さんなら分かると思いますが、夏の旅行とかで浮き輪膨らませたり、空気抜いたりが面倒じゃないですか。だいたいパパの仕事なので。小さいのならいいのですが、大きめのやつだと肺活量が半端ない。私は昨年2家族で1週間泊まり込みでリゾートに行っていたのですが、毎日苦痛でした。はい。

Kickstarterクラウドファンディングサイト

クラウドファンディング

Kickstarterでのクラウドファンディングですが、既にゴールを達成しているのでプロジェクトがキャンセルされることはありません。(つまり確実に受け取れる) 発送は2019年6月の予定。

金額はSuper Early Birdのスタンダードパックが香港ドルで259ドル。日本円だと3600円ぐらい。USB Type-Cケーブル、各種アダプタ、圧縮袋x1が付属しています。圧縮袋は50x50cm。

圧縮袋は2.5ドUSD=19.5HKDで追加可能です。2袋欲しければ+39HKDを合計金額に追加すればOK。

全体的なコストとしてはアーリーバードスタンダードパックで3600円、送料は79香港ドル(1107円ぐらい)でトータル4700円ぐらい。機能的には似たようなものがAmazonで4800円ぐらいで売られている(ただサイズが大きそう)なので、トータルパッケージで考えると結構安い買い物(というか出資)だと思います。私も旅は多めなので、迷わず出資しました。

Kickstarterクラウドファンディングサイト

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top