物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

OPPO 「realme 5i」発売~クアッドカメラにスナドラ665に5000mAhバッテリーで1.5万円以下の衝撃価格

中国のスマートフォンメーカーのOPPOからRealmeブランドスマホ「realme 5i」が発売されました。

OPPO realme 5iの主な特徴

realme 5iは6.5インチの低価格スマートフォン。セールなら1.5万円程度で、そもそも新興国市場向けrealmeブランドらしいスマホとなっています。

その為ディスプレイ解像度はHD+(1600×720)。水滴タイプの小さいノッチが付いています。

しかし低価格と侮ることはできません。なんと背面にはクアッドカメラ。f1.8の12MPレンズ、118度の超広角8MPレンズ、2MPのポートレート、2MPのマクロと画素数は抑えめですが、機能をしっかり割り振り、「安いスマホはカメラがなぁ」と言われないような作りになっています。

基本スペックもなかなか良く考えられていて、SoC(CPU)はSnapdragon665。SD665はXiaomiのグローバルスマホMi A3にも採用されていますが、AnTuTuベンチマーク(v8)は17万点前後でチープな性能ではなく充分なパワーを持ったミドル機。

メモリは4GBでストレージは64GBです。microSD も256GBまでサポートするので、容量的には余裕が持てます。

バッテリーも大容量で5000mAh。

30日のバッテリーライフは言い過ぎと思いますが、YouTube 19時間が本当ならかなり凄い。

また防滴レベルではありますが、防水も考えられているのもありがたい仕様です。

150ドル程度でよくぞここまで詰め込んできたと褒めたい。

対応周波数帯はですが、4GはSoftBank系プラチナバンドのみ対応。B1/B3がdocomoでは使えるので首都圏では電波の掴みも良いはずです。

3G:WCDMA:B1(2100)/ B5(850)/ B8(900)
4G:FDD-TLE:B1/B3/B5/B7/B8 /B20 / B28
TDD-TLE:B38 / B40 / B41(2535-2655MHz)

カラーはグリーン/ブルーの2色となっています。

OPPOはこのRealmeシリーズにかなり力を入れているように見えますが、realme 5iのようなローモデルにも4眼カメラやSD665のミドルSoC採用、更に大容量バッテリーなど「安いなり」ではなく「使える」レベルのスペックを持ってくるあたりはかなり本気度を感じます。これをやられるとUMIDIGIやUlefone、Oukitelなど中小スマートフォンメーカーはかなりキツいはずで、そういった小さい中華スマホメーカーが頑張っているのが好きな私としては少しモヤモヤしてしまいます。

主要スペック

OOPO Realme 5i 価格 スペック

価格

Banggoodでは発売記念キャンペーンとして、最初の499台までを139.99ドル(14,930円)で販売中です。

販売ページ

関連ページ

・公式サイト : Realme 5i
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全


コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top