物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

iPad mini クローン『TECLAST M89』7.9インチタブレット~ファースト・インプレッション

TECLAST から発売された7.9インチ iPad mini クローンサイズの「TECLAST M89」をBanggood様からご提供頂きましたのでレビューしていきます。

TECLAST M89の主な特徴

TECLAST M89はいわゆるiPad mini クローンタブレットサイズの7.9インチ 4:3アスペクト比のAndroidタブレット。解像度はiPad mini 2~4のQXGA(2048×1536)と同じ。4:3のディスプレイは横幅が広めで漫画リーダーなど電子書籍リーダーとしての相性がいいです。ディスプレイはOGS/IPSディスプレイです。基本性能もまずまず高く、SoC(CPU)はMediaTek MTK8176で、TECLASTで言うとT10/T8、XiaomiだとMi Pad3と同じミドルレンジです。T8のAnTuTuベンチマークはVer6で81296でしたので、今のVer7のベンチマーク結果だと恐らくは9.7万点ぐらいで充分なレベルはあると予想されます。

メモリは3GB、ストレージは32GBとほどほどですが、タブレットだとネットとか電子書籍リーダーとしてという使い方が多いですし、ライトユース用なら充分です。

主要スペック

同梱物&外観

TECLASTは外箱が新しいデザインになりましたね。同梱物は、USB充電器、USB Type-Cケーブル、microSDトレイ取り出しピン、マニュアルです。USB充電器は日本で使えない形状なので、アダプタを使うか、別途USB充電器を用意する必要があります。M89本体前面。横ベゼルは太くも無く細くも無くというレベル。驚くことは無いけど不満も無い(同じ事繰り返してるか・・・)。いわゆる普通と言う事です(汗) 上部にインカメラがあり、物理キーは無し。7.9インチ  4:3アスペクト比で2048×1536解像度のディスプレイは発色も良く視野角も高いのでとても美しく見えます。左側面にはmicroSDトレイがあります。こんな感じでスマートフォンと同じようにトレイを取り出す事でmicroSDを挿入できるようになります。ちょっと話が戻りますが、ディスプレイはOGSなので段差が無いのも良いところ。ちょっと謎なのがこの上部で、ここにmicroHDMI、デュアルスピーカー、USB Type-C、3.5mmイヤホンジャックと端子類が揃っています。端子は良いとしてスピーカーが上部にあるというのは結構珍しい。ただ使用上は「こちらが上」と決めつける事なく回転させて使えばいいので実害は少ないかなと思います。(電源/ボリュームボタンの位置が操作しづらくなりますが) M89は廉価なタブレットではありますが使い勝手のいいUSB Type-Cの採用はかなりのプラス要素です。

右側にはその電源/ボリュームボタンがあります。これも結構上のほうにある、、、特にボリュームボタンは相当上にあり普通に持っていると電源/ボリュームボタンは届かない位置。この配置はiPad mini を真似ていると思うのですが、本家のほうはホームボタンがあるからある程度手が届かなくても良いものの、ホームボタンがないM89でこの位置だと結構遠いので苦労します。ただスピーカー位置と同様にタブレットは回転させて好きな方向で使うものという概念からすると、なんとかなります。

背面はメタル素材でがっちりしてます。質感も高く、150ドルぐらいと結構安い価格で販売されていますが、決して安っぽいタブレットには見えない。背面上部には8MPのカメラがあります。タブレットのカメラなのであまり期待できませんが、メモ撮り程度なら充分です。

実重量と使用感

実重量を計測してみました。公式サイトでは342gですが、実際は346gとわずか4g差。このあたりは誤差の範囲内でしょう。

7.9インチのiPad mini クローンとしてはこの重さは悪くない。iPad mini 4は300g切りなので、それよりは50gほど重いわけですが、同じ7.9インチのASUS ZenPad3は320gですから、iPad mini が軽すぎるだけ。

実際手に持って使ってみても、「重いなぁ」と感じる事はなく、充分コンパクトで持ちやすい。手の大きさは男性としては普通レベルの私ですが、片手でも持てるしブラウジングとかはやりやすい。

開梱レビューまとめ

ファースト・インプレッションとして開梱~外観と使用感、重量と見てきました。

縦画面でスタンダードな位置で持つと、電源/ボリュームボタンが上過ぎる、デュアルスピーカーが上にあって音が上に抜けてしまうという若干変態なタブレットなので、最初は「なんだこれ」と驚くと思います。ただ実際は動画閲覧なら横画面で持てば良いし、横だと本当に使いやすい配置になります。
「きっとTECLASTが想定しているのはこういう事なんだ」と自分を納得させていました。

タブレットとしては大きな驚きはありませんが、150ドル程度のタブレットという事を考えると、メタルボディの質感は高いし、QXGAのアスペクト比4:3のディスプレイは充分綺麗。そして片手サイズのタブレットとしてはまずまず軽量だしと高い次元で「使いやすい」が詰まっているタブレットだと思います。

次回のレビュー後編では、ベンチマーク性能や、電子書籍漫画リーダーとしての使い勝手などを試してみます。

TECLAST M89の価格

記事作成時点の価格ですが、Banggoodでの価格は149.99ドル(17229円)。

Banggood販売ページ

送料はJapan Direct Mailが無料で、わずか3-8営業日で届きます。

セール/クーポン情報はこちらに追記していくので、こちらも併せてチェックしてみてください。

【セールで149.99ドル】久々のiPad mini クローン!7.9インチ『TECLAST M89』発売~MTK8176搭載のミドルレンジタブレット

Banggoodでの購入方法などは、下記記事に取り纏めていますので、参考にしてください。

・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top