物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【安っ!199.99ドル】Helio P60搭載6.3インチスマホ『 UMIDIGI F1』発売! 5150mAh大容量バッテリー/4G B19等国内3キャリアプラチナバンド対応

※セール/クーポン情報を最下部に追加しました。

中国のスマートフォンメーカー UMIDIGIから6.3インチの大型ディスプレイを搭載した『UMIDIGI F1』が発売されました。

Helio P60搭載、4G B19対応等、大容量バッテリーなど見所の多いスマホです。

UMIDIGI F1の主な特徴

UMIDIGI F1は6.3インチの大型ディスプレイを持つスマートフォン。ノッチが小さい水滴ノッチタイプとなっています。解像度は2340×1080でアスペクト比は19.5:9。

SoC(CPU)はMediaTekのHelio P60で、性能的にはSnapdragon660と同等レベルと言われていますので、かなり期待が持てます。

メモリは4GBですが、ストレージは128GBを搭載。6GBメモリが欲しい所ですが、現実的には4GBでも充分かと思いますので、ここは価格とのバランスなんでしょうね。

バッテリー容量も5150mAhとかなり大容量。

背面カメラは16MP+8Mのダブルレンズカメラで、絞り値はf/1.7と低照度の夜間や室内にも強いタイプを搭載しています。

そしてこのF1はUMIDIGIお得意のグローバルモデル。そのため、UMIDIGIはZ2やOneシリーズなどと同様に国内3キャリアLTEプラチナバンド対応です。

3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /6 /8 /19
3G: TD-SCDMA 34 /39
4G: TDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /25 /26 /28A /28B

カラーはレッド/ブラック/ゴールドの3色。

フェラーリF1への許可は取っているのか?が気になるという点はさておいて、個人的には「これかなり良いんじゃないの?」というスペック/デザインです。プラチナバンド対応だし、大容量、大画面で「こういうの欲しかったのよ」という方も多いのでは無いでしょうか? 気になる価格は後ほど書きますが、概ね200ドル後半の予定です。

主要スペック

価格

Banggoodでは219.99ドルで販売開始。この価格なら相当リーズナブルです。Banggood販売ページ

以下は記事執筆時点でのその他サイトも含めた価格比較です。

販売サイト 価格 有償配送費用 配送会社
GearBest 239.99ドル  3.43ドル Expedited Shipping 7-10営業日配送
Banggood 219.99ドル 9.01ドル EMS 7-15営業日配送
ETOREN 主にFedEx 1-3営業日配送
Geekbuying DHL

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページに行けます。
価格はあくまで記事作成時点でのものですので、最新価格は直接サイトで確認してください。(セール等で思いの外安くなっている場合もあります)

配送オプションですが、買うなら有償配送がお勧めです。通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はEMS/DHL等のExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。概ね4-10営業日で届く予定で、大手国際配送業者なので安心感があります。ちなみにEMSの場合は遠隔地配送料=Remote Area Feeも掛かりませんので、地方の方には特にお勧めです。

セール/クーポン情報

GearBestで199.99ドルでセール中です。この価格なら充分安いですね。3-8営業日配送のExpedited Shipping(主にDHLが配送)が2.05ドルなのもオトクです。

GearBest販売ページ

またBanggoodでも同様に199.99ドルでセールとなっています。但しBanggoodはEMSでの配送が10.28ドルと若干高め。

Banggood販売ページ

関連ページ

・公式ページ: UMIDIGI F1
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 99$クーポンになってますよ

    • あ!ご指摘ありがとうございます!
      99.99ドルのクーポンなのは合っているのですが、説明不足でしたので、追記しました(汗)

  2. 以前紹介されていた、CHUWIのHI BOOK PROの記事を偶然拝見した事が切欠で当該機種を購入し、その後も度々ガジェット選びの参考にさせて頂いてます。
    先日も貴サイト記事を拝見し、DOOGEEのBL12000ProやElephoneのA5などを不慣れながらも個人輸入にて購入し愛用しております。
    さて、この度もUMIDIGIのF1が発売されると聞き、年明け早々にBanggoodでプレオーダーして発送を待っていたのですが、発送予定日になっても発送の連絡が入らず、本日再度確認してみましたら注文ページでの状態は在庫切れとなっていました。Amazon経由で購入された方には既に到着して、その評価も上々な為、期待が高まってはいるのですが、何分にも早期から予約した商品がセラーからは何の連絡もなく在庫切れで発送されないという事態に遭遇した事がありませんので、返金を申し込んで他のセラーから購入するか、そのまま再入荷するのを待つのかどちらが賢明なのか判断がつきませんので、大変恐れ入りますが管理人様のお知恵を拝借できましたら幸いです。

    • 初めまして。当サイトを参考にして頂きましてありがとうございます。

      UMIDIGI F1の納期の件ですが、「返金を申し込んで他のセラーから購入するか、そのまま再入荷するのを待つのかどちらが賢明なのか」
      これは非常に悩ましい所ですね。私も何度も経験があります(汗)

      とりあえずはBangoodのサポートに連絡するのが良いでしょうね。正確な納期確認をしてみましょう。(既にしたのかもしれませんが)
      「購入当初の発送予定日を過ぎている。いつ発送か?正確な日程を教えて欲しい。あまり遅いならキャンセルする」ぐらいを英語で書いて問い合わせるといいでしょう。とりあえずはそれ目安で判断できると思います。

      しかし残念ながらちょうどいま中国は旧正月で、Banggoodも含め2/10頃までショップ/セラー/その倉庫/配送業者も恐らくは全てお休みです。
      つまりF1もそれまでは発送されないし、質問してもサポートも返信が来ないかもしれません。
      ただキャンセルにしても待つにしてもサポートに問い合わせてその返信待ちをするしかないので、これが現状打てる手かなと思います。

      ざっと他のセラー見ましたが、Amazon でも2/27頃と書いてあり、GearBestも2/25-3/2あたりの発送のようなので、(予想ですが)初期ロットが売り切れてしまい、2ndロットが2/25頃あたり出荷されるという事なのかもしれませんね。それ以前に欲しければ1stロット在庫を持っている所を探すか、待つかの二択。
      Banggoodサポートの返答次第ですが、2/25頃入荷、そこから発送してくれるみたいな感じなら、仕方ないですが私なら待ちますね。

      ※私の体感ですが、Banggoodは比較的在庫管理/発送は早い方だと思います。GearBestは入荷見積もりが甘く、予定より待たされる事も多いです。

      • 懇切丁寧なアドバイスを頂きありがとうございました。御指導頂きました通りのメールを本日banggoodのサポート宛に送信しましたが、目下中華圏では春節の休業に突入している事もさることながら、以前も購入予定の商品についての質問(当該商品、LEAGOO S10の商品説明ページの使用可能言語の欄に日本語が無かったので、XiaomiやLenovoの様に日本語はサポートされていないのか?)を問い合わせても一向に返事が無く無視状態だった経験もあって、やや不安が残ります…。

        • なるほどそうだったんですね。あまり返信なければご一報ください。
          よろしければ私とつながりがあるBanggoodの中の人に聞いてみますよ。

          • ご無沙汰してます。大変遅くなりまして恐縮ですがお気遣いありがとうございました。私の注文した製品は3月中旬に漸く発送された様です(とはいえ、追跡で確認しますと実際には注文ステータスが発送済になってから2週間後にシンガポールで発送の受付がなされた様で、そのタイムラグが少し気になりますが)。
            恐らくは初回生産ロットが早々に完売した為に、販売開始直後に注文を行ったものの第二生産ロットまで待たされたのだと思いますが、待っている間にAmazonでも普通に買える様になり、また、上位バージョンのF1Playが発売間近になったりして、やや興醒めしてしまった事は否めませんでした。

          • コメントありがとうございます。返信遅くなってスミマセン(季節外れの風邪で長期ダウンしてました、、、いまもなんですが)
            F1はやっと・・・という感じですね。
            いまでこそなんとなく想像できるのですが、F1 Playが発売されるからF1の生産は絞っていたのかもしれないです。というかもともと増産のつもりも無かったのかもしれませんね。思いの外F1が売れたので慌てて増産したので遅れていたような気がします。

コメント

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top