物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【18.99ドルクーポン追加】Mi Bandと違い直接USBに挿せるスマートバンド「Xiaomi Redmi Band」発売中~20ドル台とリーズナブル

※セール/クーポン情報を最下部に追加しました。

中国のXiaomiからスマートバンド『Xiaomi Redmi Band 』が発売されています

Xiaomiと言えばMi Bandシリーズがありますが、若者向けブランドとも言うべきRedmiにおいてもスマートバンドを発売するXiaomiの意欲の高さは凄い。そしてRedmi BandにはMi Bandシリーズにはない魅力もあります。

Xiaomi Redmi Band の特徴

Redmi BandはMi Bandシリーズとはデザインを変え、スクエア型のディスプレイが特徴のスマートバンドです。

ディスプレイは1.08インチで220×128解像度のカラーTFT液晶。Mi Band5はAMOLEDディスプレイの為、差があるようにも感じますが、TFTのほうが太陽光下でも明るく見えるというメリットもあるので、このあたりは使用環境による好みでしょう。ディスプレイ下にはタッチセンサーを備えています。

使い勝手の面でMi Bandシリーズとの最大の違いは、本体のラバーバンドを外すとUSB端子が現れてダイレクトに充電が出来る点。Mi Bandシリーズでは必ず充電ケーブルが必要でしたが、Redmi Bandではケーブル要らずという点はかなりメリットが大きい。ケーブル必須の場合、ちょっとした小旅行でもそれを持って行く必要もあるけど、「無くすリスク」もあり気を遣うものですが、そうした小さな面倒くさい事から解放されるのは個人的には凄く有り難い。
(実はMi Band4で充電ケーブル無くしました)

このRedmi Bandですが、その他一般的なスマートバンドにできる事は一通り出来るようになっています。

  • スポーツモニタリング(ランニング/サイクリング/ウォーキング等)
  • ヘルストラッカー(心拍/睡眠/歩数等)
  • スマホからの通知
  • 音楽コントロール

また、5ATM(5気圧)防水も付いているので、水中でも使用可能。

バッテリーライフは14日でMi Band5と同じですね。基本的に1-2週間は充電不要というのは楽です。

気になる日本語表示ですが、中国版では不可のようで英語には変更可能のようです。Banggoodの販売ページには、iOSでは中国語から変更不可、AndroidならOKと書いてあります。なおグローバル版の発売も予定されていて、そちらは恐らく日本語もOKになりそうな感じがしています。MI Bandとはスマホ側のアプリが違うようですが、最近のXiaomiなら日本語化してきそうな気がします。

Mi Band5ではなくRedmi Bandを買うメリットはUSBポートに直差しできるぐらいで、もしかしたら少ないかも知れません。ただ個人的にはスクエア型のディスプレイはスタイリッシュで、Mi Band5の丸い形よりは遙かに大人向きだしおもちゃっぽく見えないのが好きです。

スペック

Xiaomi Redmi Band
ディスプレイ 1.08インチ 220×128 TFT
バッテリー 130mAh
バッテリーライフ 通常使用 : 14日間
GPS
防水 5気圧防水(5ATM)
機能 バイブレーション: あり
ヘルストラック: 心拍,歩数,座りすぎ,睡眠.運動計測
重さ 13g

価格

Banggoodでは29.99ドルで販売中。

販売ページ

販売サイト 有償配送費用 配送会社
Gearbest 5.9ドル Priority Line 10-35営業日配送
Banggood 7.06ドル Japan Direct Mail 10-20営業日配送
ETOREN 主にFedEx 1-3営業日配送
Geekbuying 6.25ドル JP Priority Line 4-9営業日配送

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページで最新価格をチェックできます。

配送オプションですが、買うなら有償配送がお勧めです。通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はEMS/DHL等のExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。概ね4-10営業日で届く予定で、大手国際配送業者なので安心感があります。ちなみにEMSの場合は遠隔地配送料=Remote Area Feeも掛かりませんので、地方の方には特にお勧めです。

セール/クーポン情報

Banggoodで使えるクーポンです。

18.99ドルクーポンコード : BGJPM4C18

Banggood販売ページ

最新割引クーポン情報はこちら
Gearbest Banggood

関連ページ

・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」
・GeekBuyingの紹介 : GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More
Return Top