物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

『htc Desire 626』実機レビュー (外観偏)ツートンカラーのお手頃スマホ

広告

htc日本のイベントに参加したという記事を書きましたが、その後実機をお借りするとができました。

今回お借りできたのはhtcが久々に日本で発売するSIMスリー機「htc Desire 626」です。
そこでDesire 626の開梱の儀と実機レビューをさせて頂きます。htc Desire626 実機レビュー

Desire635は、29,800円という低価格なSIMフリースマホ。
価格はエントリーレベルてすが、かっこかわいいツートンカラーのデザインや性能はエントリーでは無いなかなかの実力派です。

開梱の儀と同梱物

早速開梱。htc Desire626 実機レビュー

マニュアル、USB-ACアダプタ、USBケーブル、ヘッドホンと基本的なところは揃っています。htc Desire626 実機レビュー

で、私が感心したのはマニュアル。htc Desire626 実機レビュー
ちゃんと対応周波数帯が載っている。

Ascend Mate7やGoogle nexus6のあっさりとした同梱物になれていた私としては驚きでした。

SIMの挿入方法もしっかり載っているし。htc Desire626 実機レビュー
さすがは365日サポートセンターを持っているhtc。
SIMフリー初心者が買っても安心な親切さには感心しました。

本体前面

今回お借りしたのはマカロンピンクというカラー。htc Desire626 実機レビュー
他にはマリーンブルーというカラーもあり、そちらもなかなかかっこいい。
イメージはこちら。2015-10-18_10h38_30

ピンクは女性向け、ブルーは男性向けという感じですね。

もちろん女性がブルーをしようしてもかっこいいと思う。

端末としての機能面では、フロントにスピーカーがある点が目立つ。一見ステレオスピーカーのようだが、実はモノラル。でも音はかなりイイです。htc Desire626 実機レビュー
スピーカーの性能としては後述するが、スマホを動画・音楽プレーヤーとして見た場合、とても有効でした。

あとはカメラがありますね。htc Desire626 実機レビュー
フロントのカメラは500万画素。自撮り用(セルフィー)としては一般的な画素です。

背面

背面には1,300万画素カメラがあります。htc Desire626 実機レビュー

個人的な好みですが、カメラ周りにまでツートンカラーを採用している点は、htcのこの端末へのこだわりが感じられて好きです。htc Desire626 実機レビュー

材質はプラスチックで、ツルツルテカテカ仕上げ。
指紋はとっても目立つ。htc Desire626 実機レビュー

日常使っていると、気になって端末をフキフキする機会は多くなるだろう。
かと言って傷も気になるので、カバーは必須。
純正のドットビューカバーもあるので活用するといいだろう。

側面

右側面には、電源ボタン、ボリュームボタンがあります。htc Desire626 実機レビュー

電源ボタンは左手で握った時に丁度人差し指の位置に来るようになっていて押しやすい。
ボリュームボタンは薄くて使いづらそうなイメージだったが、実際押してみると適度なクリック感もあり、予想外に使いやすいので驚いた。htc Desire626 実機レビュー

反対側の左側面はSIM/microSDスロットがある。htc Desire626 実機レビュー

このスロットカバーは指で簡単に開けられ、交換が容易。
SIMスロットですら爪で開けられるところは簡単で助かる。htc Desire626 実機レビュー

SIMスロットは2つあるように見えるのが、真ん中のスロットははめ殺しで使えない。

日本国内でデュアルSIMで運用するケースはあまり考えられないので、これは別に問題ないでしょう。

ボトム側

microUSBポートが底面右側にある。htc Desire626 実機レビュー
位置的に右側にずれているのは一般的では無いが、使用上不便があるわけではないし問題ない。

トップ側

ヘッドホン端子がある。htc Desire626 実機レビュー
一般的な位置だが、逆に言えば使いやすい配置。
個人的にはヘッドホン端子は実用上、上部に配置するしかあり得ないと思っている。

ヘッドホン単体でみれば下部でも問題ないが、充電しながらヘッドホンを使用するとなると、下部から2本ケーブルが出るのは使いづらい。

当たり前だけど奇をてらわない配置は本当に使いやすい。

Desire 626実機レビュー外観編まとめ

同梱物や外観のレビュー主体の今回だが、それだけでも「いやーよく出来てるな-」と感心する。

ツートンカラーの端末は安っぽさを感じない綺麗な仕上がりだし、ボタン配置もとても使いやすい。5インチのスマホとしては四隅の角が丸くなっているのでとても持ちやすい。

マニュアルは丁寧だし、、、、と、文句を付ける部分が非常に少なくて書いていて困るぐらい。

これが29,800円のクオリティーかと本当に驚く。

女性やSIMフリー初心者には最適な1台になると思う。

次回のレビューでは、実際操作してみてどうかといった「Desire 626を使ってみた偏」をお送りする。

PS:購入はhtcのダイレクトショップでも購入できるが、amazonでも販売開始。
台数限定のドットビューカバーセットでオトクです。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top