物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【20% OFFクーポン有】KKmoonの『59キー超薄型 ミニ Bluetoothキーボード』レビュー!

Advertisements

今回は、Stooctam様にサンプルをご提供いただきまして、KKmoon Bluetooth59キーボードレビューします。KKmoon Bluetooth59キーボード

このキーボードのいいところは、タブレットケース兼タッチパッド付きキーボードとなっているところ。7-8インチのWindowsタブレットなんか使っていると、どうしてもキーボード入力装置がほしかったり、タッチパッドがあれば楽なのになぁという場面も多いのが実情。ということでこんなのあったら便利だなぁを現実化したキーボードです。。

キー配列としては、英語59キーボードとなっています。

開梱

箱から取り出したところ。外箱には何も書かれてなくシンプルです。KKmoon Bluetooth59キーボード

同梱物は、キーボード本体と、USBケーブル、マニュアルです。KKmoon Bluetooth59キーボード

マニュアルは英語です。KKmoon Bluetooth59キーボード
59キーボードなので、1-9などのキーがF1当のファンクションキーと兼用となっています。
そのあたりの互換表が載っていますね。
また、ペアリング方法も載っていますので、方法は簡単とはいえ、英語を読む必要はあります。

外観と機能

製品としては、ケース+キーボードという構成になっています。KKmoon Bluetooth59キーボードこの写真の左側にあるのがキーボード、右側がタブレットケースの固定部。

キーボードは取り外しができます。KKmoon Bluetooth59キーボード

また面白いのが、キーボードはケースと磁石でくっつくようになっており、このように縦にしてもずれ落ちたりしません。KKmoon Bluetooth59キーボードこれ、よく考えられてますね。ケースから外しても使えるし、ケースと一緒に使うことも容易にできるのが便利。

キーボードの右下には電源スイッチと、電源/CAPS LEDがあります。また側面にはmicroUSB端子があり、このように充電が可能です。KKmoon Bluetooth59キーボード

ケース側はゴムバンドでタブレットを固定するようになっています。
今回は、TECLAST X80 Pro(8インチWindows/Androidタブレット)を装着してみました。KKmoon Bluetooth59キーボードKKmoon Bluetooth59キーボード

固定自体はかなりタイトで、タブレットをはめ込んでしまえば、ずれたりすることはないですね。

ただタブレットによっては、ゴムバンドが電源/ボリュームボタンと干渉してしまうこともあるので、ちょっとバンドのひっかけ方を調整する必要があります。X80 Proはかろうじてかわせました。KKmoon Bluetooth59キーボードKKmoon Bluetooth59キーボード

ケースの背面は、折り曲げることでスタンド構造になっています。KKmoon Bluetooth59キーボードKKmoon Bluetooth59キーボード

ペアリングは簡単

タブレットとペアリングしないと使えないので、まずはペアリングです。KKmoon Bluetooth59キーボード

キーボードの電源を入れて、「FN」+「C」を押します。するとキーボード側はBluetoothペアリングモードになります。

次に、接続したいタブレットのOSで、Bluetooth機器の検索をすると、キーボードが見つかるので、あとはペアリングするだけ。KKmoon Bluetooth59キーボードFn+Cはマニュアルを見ないとわからないので、ここだけ注意が必要ですが、わかってしまえば簡単です。

キーボードとタッチパッドの使い勝手

本品は7-8インチタブレット用のの薄型キーボードですが、使い勝手はどうでしょうか。

キーボード自体は薄型にもかかわらず、しっかりとした打鍵感があります。8インチサイズなので、どうしてもキー自体が小さいという問題はありますが、それでも十分打ちやすい。KKmoon Bluetooth59キーボード

タッチパッドもパッド自体がかなり小さいですが、カーソル移動、クリックボタンは違和感なくちゃんと稼働します。
マルチタッチの反応が今ひとつではありますが、このサイズのキーボードにタッチパッドもついているというだけで、私には十分かと思います。過度な期待はこの価格ではしてはいけないでしょう。

日本語入力は、Windows10でしか試していませんが、IMEのOn/OffはAlt+Fn+Qで切り替えができます。ちょっとここが面倒で、Fn→Altの順に押すと、ここにショートカットが割り当てられていて、メーラーが自動起動してしまいます。よって、Alt→Fn→Qの順で押さないといけない。やや面倒です。

実際、この記事を書いてみていますが、長文をずっと書き続けるのはきついかな。
ただちょっとしたメール、LINE程度なら全く問題ない。
配列もこのサイズにしては変な位置にあるキーも少なく、ある程度なれれば使えます。

まとめ: これだけの機能で3000円未満は安い!

7-8インチ用の薄型Bluetoothキーボードとして、かなり完成度は高いと感じました。

59キーなので、数少ないキーでのやりくりですから、ノートPCと同じようにはいかないものの、8インチタブレットを使いこなすうえでは十分な機能と操作性です。

私の場合、8インチの中華タブレットを持ち出す際、このKKmoonのキーボードとセットで持ち歩いています。ちょっとしたメールや、Googleで調べものする際にも、Windows10タブとしてキーボードがあるとないのでは全然生産性が違ってきます。

タブレットケースとしても使えますので、8インチタブレットを持っているなら、あると便利なキーボードですよ。

価格も記事作成時点ではセール価格として2,800円(関東へは送料無料)でした。この価格でキーボード+タッチパッド+ケースの機能が手に入るならお買い得でしょうね。

20% OFFクーポンあります

stooctam様より、物欲ガジェット.com読者向けに20% OFFクーポンを頂きました。

クーポンコード : Z36X4A28 (利用期限 : 2016年9月30日まで)

欲しい方はご活用ください~

関連サイト/リンク

・Amazon販売サイト :KKmoon 59キー 超薄型 ミニ Bluetoothキーボード 

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top