物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

「Blackview a100」写真撮影をするために開発されたバリュープライススマートフォン/Helio P70搭載で179.99ドルで発売 : PR

多くのメーカーはスマートフォン市場の競争に勝つために、実用性だけでなく見た目の美しさにもこだわった製品を開発しています。
例えば最近発売されたセラミック製バックカバーを備えたXiaomi Mix 4が注目されています。またOPPO Reno 5 Proのきらびやかなバックカバーをも注目されていて、この新しいカバーは「Reno Glow Design」と呼ばれています。
そして同様の取り組みは、最近発売されたBlackview A100でも、こちらもきらめきのあるバックカバーが付いています。

きらめくバックカバー

Blackview R&Dチームのエンジニアは、A100のバックカバーはポリカーボネート製で、難燃性と耐衝撃性を備えていると言っています。Blackview A100では、バックカバーの技術をさらに向上させるために、真空蒸着技術を採用。これにより、バックカバーは金属のように光沢があり、太陽光の下で輝きを放ちつつ、4Gやワイヤレスの無線信号を通すことができます。さらに、A100のバックカバーにはテクスチャーが刻まれており、日の光を浴びると輝きを放ちます。

強力なカメラ性能

Blackview A100の最大の魅力は、誰でも美しい写真が撮れるカメラを搭載していることです。デュアルピクセルオートフォーカス(DPAF)を搭載し、より速く、より正確にピントを合わせることができます。通常、動きのある被写体を撮影するときにカメラのフォーカスを合わせるのは難しいのですが、A100のカメラは瞬間的にフォーカスを合わせます。そして動きの激しい被写体を前にしても、写真の質を落とすことなく、カメラのフォーカスを保ち、一瞬一瞬を切り取ることができます。
また、8メガピクセルの広角カメラを搭載しているので、広い範囲の被写体を1枚の写真に収めることができます。さらに、12メガピクセルのリアカメラには、1.4μmの大型ピクセルを採用したソニーIMX362センサーが搭載されており、低照度下での撮影に威力を発揮します。
A100のカメラのもう一つの特徴は、VCM(Voice Coil Motor)システムです。オートフォーカスの再計算と補正の速度を速めるクローズドループVCMシステムにより、Blackview A100は0.03秒という速いフォーカシングスピードで動作し、以前のBlackviewスマートフォンで撮影されたものよりも遙かに良い写真が撮れます。
更にA100は1秒間に10枚の写真を撮影できるバーストショットを実現。スケートボードやスカイダイビング、ダンスをするときにも、魅力的な写真を撮ることができ、写真撮影の楽しみが広がります。
さらに、このA100のカメラはHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応。異なる光の間のコントラストの詳細を維持することで、透明感のあるポートレートを撮影することができます。さらに、A100にはスタンドアウトモードが搭載されています。これは、カメラが焦点を当てた被写体だけをカラーで残し、その他の被写体はモノクロで残すというものです。

その他の仕様

カメラや外観以外にも、もちろん基本的な性能もしっかりしています。
ディスプレイは6.67インチFHD+ 1080×2400と高解像度の大画面を搭載し、魅力的で没入感のあるディスプレイです。
そして6GB RAM+128G ROMとCPUにはMediaTek Helio P70チップセットが内蔵。高速化と低消費電力化により、スムーズで優れたパフォーマンスを実現しています。また、4680mAhの大容量バッテリーを搭載し、6~7時間の連続使用、19時間の連続通話、480時間の連続待受を可能にしています。さらに、A100は、Android 11.0をベースにしたDoke OS 2.0システムと、Cold Room、System Manager、Game ModeなどのBlackviwe社が独自に開発したアプリを搭載しており、不要な電話やポップアップをブロックします。

価格と発売時期

Blackview A100は、OPPO Reno 5 Proと同様の技術を用いたバックカバーを採用しながらも、より低価格を実現しています。より安く価値のあるスマートフォンが欲しいと思っているなら、Blackview A100は有力な、そして最良の選択肢になると思います。
Blackview Officialでは、A100の価格は179.99ドルで販売中です。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top