物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【クーポン追加】ゲーミングデザインの10.1インチ Androidタブレット「CHUWI Hi Pad」発売

中国のタブレット/PCメーカーのCHUWIから10.1インチ タブレット『CHUWI Hi Pad』が発売されました。

CHUWI Hi Padの特徴

CHUWI Hi Padは10.1インチのAndroid 8.0タブレット。

デザインが大きな特徴の一つで、スペースファイターにインスパイアされたと書いてありますが、ZTEのゲーミングスマホ nubia RedMagicからインスパイアされたのは間違いないだろうという感じ。ただぱくりインスパイアされたことを除けば、タブレットにもこういう遊び心のあるデザインを取り入れてくれたのはグッジョブです。

ディスプレイは10.1インチのWUXGA(1920×1200)。段差がなく発色がいいOGSディスプレイとなっています。

CPUはMediaTek Helio X27となかなかの高性能。最近だと同じ10.1インチのTECLAST T20が同じX27を採用しています。AnTuTuベンチマーク(ver7)では12万点ぐらいのスコアなので、タブレットでは充分ミドルハイクラスと言えるでしょう。ただゲーミングスマホのように28万点とかのレベルでは当然ないし、液冷とかも当然搭載されていないようなので、ゲームに対する過度な期待はしない方が良いでしょう。CHUWI Hi Pad 価格 タブレット

メモリは3GB、ストレージは32GBと最近のタブレットとしてはやや少なめ。ストレージはmicroSDで128GBまで補強可能です。バッテリーは7000mAhと10インチクラスとしてはまずまず多い方で、一般的な使い方なら10時間は使えると謳っています。

価格は後ほど書きますが、概ね150ドル前後と性能、デザインを考えるとかなりリーズナブルと言えるでしょう。

同じCPUを載せたTECLAST T20は200ドルオーバーですし、2K解像度やSIMフリーとかも要らない(WUXGAでも解像度的には充分)なら、Hi Padはかなり魅力的ですね。

主要スペック

価格

気になる価格は、GearBestで149.99ドル=17024円でセール中。(記事作成時点)

送料はPriority Line(5-9営業日配送)が0.1ドル=12円とほぼ無料レベルです。

GearBest販売ページ

以下、各販売サイトの価格を比較です。

販売サイト 価格 有償配送費用 配送会社
GearBest 149.99ドル 0.1ドル Priority Line 5-9営業日配送(国内配送は佐川急便)
TOMTOP DHL
Banggood Japan Direct Mail 3-9営業日配送
Geekbuying EMS

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページに行けます。価格はあくまで記事作成時点でのものですので、最新価格は直接サイトで確認してください。(セール等で思いの外安くなっている場合もあります)

ちなみに通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はExpedited Shipping=高速配送などののOptionを付けましょう。4-7営業日で届く予定で、配送もDHLやUPSなどの有名国際配送業者となる為、安心感があります。GearBestのPriority Lineは発送後は5-9営業日で届き、日本国内では佐川急便が配達してくれます。BanggoodのJapan Direct Mail も同様です。

セール/クーポン情報

GearBestで使えるクーポンです。

145.99ドルクーポンコード: GB&TAHiPad

GearBest販売ページ

関連ページ

・公式ページ :  CHUWI Hi Pad

・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 : GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By アヤしいガジェット大好きな人

    少々高くなっても良いので、RAM4GBストレージ64GBで出して欲しかったですね。あと、ゲーミングタブレットを名乗るならば、欲を言えばディスプレイは高リフレッシュレートのもので。
    最近のAndroidOS自体が肥大化していて常に多量のRAM領域を占有してしまう上にゲームアプリもRAMを大幅に確保してしまう為にゲーム起動中に徐々に動作が不安定になったりするのでRAMが3GBだと足りなくなるかも知れませんし、画像データや音楽データならばいざ知らず、内蔵ストレージに比べて格段に速度の遅い拡張ストレージにゲームアプリをインストールして運用するのは厳しいでしょう。
    そして、ゲーミングタブレットでプレイするゲームは画面切替の速いディスプレイでこそ快適に遊べる様に思いますので、メーカーさんにはこれらの事情を汲んで頂きたかったですね。

    • 価格的にもゲーミングタブレットはやはり無理がありますね。3GB RAMもコスト的な判断でしょうし。
      とはいっても、100ドル台の性能としてはかなりいいので、無理してゲーミングタブレットとして推さなければいいのにと思います。まぁーでも群雄割拠の中華タブレットの中では、明確なセールスポイントが欲しいのでしょうけど。
      きっとこれは試し打ちみたいな機種なので、Hi Padがそこそこ売れれば、ハイエンドモデルの投入もあるかもしれないですね。

  2. By アヤしいガジェット大好きな人

    ゲーミングタブレットのコンセプトからは外れますが、この機種よりもむしろ同社製品のHi9 Plusの方がゲームのプレイには快適かも知れませんね

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top