物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【クーポンで269.99ドル!】プラチナバンド対応も!Xiaomi『Mi Note 2』5.7インチ 両サイドエッジ ! Snapdragon821+6GB RAMを搭載したハイエンド端末

※GearBestで使えるクーポンコード追加しました!(最下部)

中国のスマートフォンメーカーXiaomiは、Mi 5s/Mi 5s Plusを発売したばかりですが、更にフラッグシップスマホとなる「Xiaomi Mi Note2」を発表しました。Xiaomi Mi Note 2画面サイズは5.7インチ フルHD解像度。しかし最大の特徴は「両サイドエッジディスプレイ」。Xiaomi Mi Note 2エッジディスプレイによりベゼルレスとなり、またホームボタンもあるため、正面から見るとほぼGalaxy S7 Edgeと見分けが付かないぐらい。(もちろん画面サイズがS7 Edgeは5.5インチで若干違うが)Xiaomi Mi Note 2ディスプレイは5.7インチフルHD(1920×1080)で、OLED(有機EL)ディスプレイで素晴らしい鮮明度が期待出来る。

またスペックは、SoC(CPU)がSnapdragon821,RAM は4GB/6GB、ストレージは64GB/128GBとハイエンド。AnTuTuベンチマークスコアは発表されていませんが、Snapdragon821という事で、軽く13-14万ぐらいは行くと思われます。

カラーはシルバー、ブラックの2色。

気になる価格は、中国国内価格では以下の通りで、だいたい4万円強~5万円。スペック比で見たら安いもののXiaomiとしてはやや高めの価格設定。それでもSnapdragon821搭載機+Galaxy S7 Edge風の端末が4万円ちょいという価格で買えると考えれば充分安いでしょう。ただいつものようにXiaomi端末の実際の販売価格は、約+1万円以上からスタートが多く、国内価格に近づくのは3-4ヶ月後と言った感じなので、最初は更に高めだと思われます。

RAM ストレージ 価格 日本円換算
4GB 64GB 2799RMB 約43,000円
6GB 128GB 3299RMB 約51,000円

Global LTE対応で、B18,B19もサポート!

中国国内版とInternational版の存在があるようで、しかもそのInternational版はGlobal LTEサポートを打ち出しています。Xiaomi Mi Note 2そのLTE周波数帯サポートは莫大で、全部で37バンドもサポートし、B8(ソフトバンク)、B19(ドコモ)、B18(au)と言った日本のプラチナバンドもサポートされるっぽい。Xiaomi Mi Note 2 Xiaomi Mi Note 2もしこれが本当に使えるレベルなら、日本のメーカーがぶっ飛ぶだけでなく、HUAWEIやASUS、ZTEといったお買い得感のあるSIMフリースマホを展開している外資メーカーにも相当打撃があるはず。(技適の問題は引き続きあるが)

主要スペック

  • CPU :Snapdragon 821 クアッドコア2.35GHz
  • RAM+ROM: 4GB+64GB / 6GB+128GB
  • ディスプレイ : 5.7 inch Full HD (1920 x 1080) OLED(有機EL)ディスプレイ
  • OS: MIUI 8 (Android 6.0ベース)
  • バッテリー : 4070mAh
  • カメラ: リア 2256万画素(SONY IMX318)  / フロント 800万画素
  • SIMサイズ: Dual sim Dual Standby, nano SIM x2
  • microSD: 無し
  • USB : USB Type-C interface
  • WiFi /Bluetooth :802.11 a/b/g/n/ac 、Bluetooth4.2
  • サイズ/重量:  156.2 x 77.3 x 7.6 mm / 166.0g
  • ネットワーク: 4G(Global LTE VERSION) : FDD LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B18/B19/B20/B25/B26/B28/B29/B30
    TD LTE B38/B39/B40/B41
    WCDMA B1/B2/B4/B5/B8
    CDMA BC0/B1/B10/B15
  • その他 : 指紋認証センサー/ NFC

写真で見る「Mi Note 2」

Xiaomi Mi Note 2 Xiaomi Mi Note 2 Xiaomi Mi Note 2 Xiaomi Mi Note 2 Xiaomi Mi Note 2 Xiaomi Mi Note 2 Xiaomi Mi Note 2 Xiaomi Mi Note 2 Xiaomi Mi Note 2 Xiaomi Mi Note 2 Xiaomi Mi Note 2 Xiaomi Mi Note 2 Xiaomi Mi Note 2 Xiaomi Mi Note 2

販売情報

価格的にはまだ高いのですが、概ね128GBモデルが65,000円前後、64GBモデルが53,000円前後となっています。Xiaomi Mi Note 2 4G Phablet - 4GB RAM 64GB ROM4ショップの比較をしています。ちなみに GearBest/ Everbuying /GeekBuyingの128GBモデルは、日本のプラチナバンドをサポートしているGlobal Versionをプリオーダーできる。(価格はGlobal版のもの) 全体的にGearBestとGeekBuyingがお買い得価格です。発送は12/15以降でどのショップも横並びです。

セールスサイト 4GB RAM+64GB ROM 6GB RAM+128GB ROM
GearBest ¥52,980 ¥65,446
Everbuying $534.49 $656.06
Geekbuying $511.99 $633.99
Banggood ¥58,824 ¥70,588

買うならGlobal Version版が間違いなく良いでしょう。

クーポン情報

■GearBest

GearBestで使える、4GB RAM + 64GB ROM版のクーポンコードを頂きました。
一時期5万円後半ぐらいが普通でしたが、クーポンコードでめちゃくちゃ価格が下がってきました。LTE B19ををサポートするグローバルバージョンではありませんが、後継機が発売され、価格的には非常に魅力的です。型落ちとは言え、Snapdragon821機ですから、性能的にはハイエンドですよ。

269.99ドルクーポンコード : Xmas087 (限定50台 / 2017年12月9日 0:00~使用可能)
289.99ドルクーポンコード : XiMN2 (限定500台)
289.99ドルクーポンコード : note2hs (限定300台)

GearBest販売ページ: Xiaomi Mi Note 2 – 4GB RAM 64GB ROM


同じくGearBestで使える、6GB RAM + 128GB ROMバージョンのクーポンです。329.99ドルクーポンコード : gpnote2 (限定200台)

GearBest販売ページ: Xiaomi Mi Note 2  – 6GB RAM 128GB ROM 

関連記事

・Xiaomi公式ページ : 小米Note 2
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・GeekBuyingの紹介 : GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・Banggoodの買い方ガイド :Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 基本的なことですみません。教えて下さい。
    中華スマホが非常に良いので、購入を検討していますが、
    タブレットがそうであるように、
    中華スマホは購入時点でディスプレイに保護フィルムが
    貼ってあるのでしょうか。
    ないとすれば、ガラスフィルムが国内でも販売されるでしょうか。
    ケースは販売されると思いますが。
    Xiaomi MIXとNote 2
    Huaweiの11/3発表の製品
    OnePlus 3後継機(未発表)
    を候補に考えています。
    また、ソフトのアップデートは日本にも降ってくるのでしょうか。
    また、故障時は、そのまま終了でしょうか。
    修理無理?
    Huaweiなら国内販売してくれれば、他機種同様に故障サポートが
    つくと思うのですが。

    • ご質問ありがとうございます。

      中華スマホは購入時点でディスプレイに保護フィルムが
      貼ってあるのでしょうか。

      >>あるものと無いものがありますが、あったとしてもオマケ程度です。
      Xiaomiは基本的にはありません。

      ないとすれば、ガラスフィルムが国内でも販売されるでしょうか。
      >>こればかりは販売されてみないと私にも分かりません。
      Amazonなんかだと売っている時もあります。
      ただ基本的には売ってたらラッキーぐらいで考えて下さい。
      本来は輸入するものです。(国内で端末が売っていないので)
      GearBestなどのショップやAliExpressなどでも売ってますが、無料配送だと1ヶ月強の日数が掛かりますので、できるかぎり端末と同時購入するほうが良いと思います。

      また、ソフトのアップデートは日本にも降ってくるのでしょうか。
      >>これもあるものと無いものがあり、ショップROMだと降ってこないことが多いです。
      そこに不満があるなら、自分で公式ROM焼きするしかありません。

      また、故障時は、そのまま終了でしょうか。
      >>GearBestなどでも修理は受け付けてくれます。保証はだいたいのショップで1年間あります。
      ただサポートは英語での対応ですし、修理品をショップまで海外発送することが必要です。また配送料は自分持ちのことが多いです。
      ここは保証規定をよく読んで頂く必要があります。

      この面倒さをある程度緩和してくれるのが、ETORENという輸入通販ショップかなと思っています。
      ETORENは、日本語(日本人)サポートがありますし、修理も国内拠点に発送するだけでいいので便利です。
      私もかなりETORENから買ってます。

      OneplusやXiaomi端末の取り扱いもあります。(今後発売されるものについては分かりませんが)

      良かったらこの記事を参考にしてください。
      https://butsuyoku-gadget.com/etoren/

      ちなみにHUAWEIの11/3発表と噂されるMate9は、日本でも発売して欲しい機種ですね。(私もロックオン中(^_^;))

      • ご教示くださりありがとうございます。
        買うならETORENにしようと思います。
        ガラスフィルムとケースが確保できてからですね。

        まずは11/3のMate 9 Proの発表を待ちます。

        忘れていました。大本命を。
        Google Pixel XLの日本発売です。
        初回国に日本がなかったのは幸運です。
        最初にハードのバグ出ししてもらって、まともになってから
        日本で発売してもらえばいいです。
        早くても12月で十分です。

        さらにダークホースの、Nexus 7 2016になるはずであったと噂の、
        Huawei Mate 8 MaxベースのGoogle版が
        12月に発売されるかもしれません。
        発表は、あるとすれば11月中でしょう。

        これが出たら最高です。
        まさに、Xperia Z Ultraの真の後継機と言えるでしょう。
        Sonyが出さないのは本当に悲しいです。

        今後も中華スマホと高精細中華タブレットの情報をよろしくお願いします。

        • 私もMate9 Proを待ってます。
          5.9インチ、ホームボタン、デュアルレンズカメラと、私が欲しいスペックが揃っているので、プラチナバンド対応なら間違いなくメイン機です。

          Google Pixel XLは「意外といいよ」という声が広まってますね。日本でも発売されて、実機見ることができれば、結構評価は上がる気がしてきました。

          mate8 MaxのGoogle版! そんなのあるんですか! その名前だけでかなりそそられますね(汗)

          • すみません、誤記です。
            ×mate 8 max ○P8 Max
            もっともnexus終了とともにプロジェクトも終了かもしれませんが。

            とりあえず明日午後10時のhuawei発表が楽しみです。

            ついでに全然リリースされないMediaPad M3 8.4についてなんとか言ってほしいですね。
            買いたくて一日千秋の思いで待っているのに。

          • 確かに、MediaPad M3はどうしたんでしょうかね・・・
            明日のPM10時は、Huawei Mate 9 Proを正座して私も待ってます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top