物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

11000mAhバッテリー搭載『OUKITEL K10』発売!背面牛革仕様+クアッドカメラ+HelioP23などてんこ盛り

OUKITELが超大容量バッテリーのスマートフォン「OUKITEL K10」を発売しました。

大容量バッテリー搭載スマホでは既にDOOGEE BL12000 Proが発売されていますが、ほぼ同時にOUKITEL K10も発売と、かなりこのカテゴリも賑わってきました。

DOOGEE OUKITEL K10の特徴

OUKITELはもともと、K10000、K10000 Pro、K10000 MAXなど、10000mAhのバッテリー搭載シリーズを持っていましたが、K10ではついに11000mAhになりました。

ギネスレコードのDOOGEE BL12000 Proには及びませんが、11000mAhもあれば実使用面ではほぼ差が無いと言っても良いのではないでしょうか?実際、動画の連続再生時間は25時間と同じですしね。

大容量バッテリーを搭載していると充電時間も気になりますが、K10はなんと5V/5A充電が可能(MediaTek PumpExpress)。11000mAhがたったの2.25時間で充電完了してしまう。2A、3Aぐらいまでだった急速充電技術が一気に5Vになるとちょっと心配な面もありますが、11000mAhが普通のスマートフォンと同じぐらいの時間で充電完了してしまうのは凄い。SoC(CPU)はMediaTek Helio P23で、これはライバルのDOOGEE BL12000 Proと同じ。AnTuTuベンチマークは概ね7万点前後とミドルレンジで、メモリが6GB、ストレージが64GBあり、バッテリー重視のスマホの割には必要充分。

ディスプレイは6.0インチで16:9の縦長ディスプレイ。解像度はフルHD+(2160×1080)と充分高解像度。

カメラも前後にダブルレンズカメラを搭載しているクアッドカメラ仕様。前面は13MP+8MPで恐らく8MP側は広角なんだと思います。(公式ページには記載なしですが、前面のダブルレンズカメラはだいたい標準/広角の切り替え式なので)。背面は21MP+8MPで、背景をぼかしたいわゆるポートレートモードやワイドアパーチャモードでの写真が撮れます。

このあたりのスペックはDOOGEE BL12000 Proと似ているのですが、USB Type-Cを採用している点はこちらのほうが優れています。

K10はそういったスペック面に加味して、背面にオーストラリア産の子牛の牛革(Real calf leatherと書いてある)を採用しています。

質感は実際触ってみないとなんとも言えませんが、フェイクレザーではなく本革なのであればある程度期待できそうです。この革仕様は、K10の前モデルになると思われるK10000 Proでも採用されていたので、驚く事ではないのですが、こうして他社との差別化を目指そうとしている姿勢はほんと好きです。

主要スペック

製品 OUKITEL K10
ディスプレイ 6.0インチ フルHD+ (2160×1080)
アスペクト比18:9
CPU MediaTek Helio P23 2.0GHz,Octa Core
メモリ 6GB
ストレージ 64GB
OS Android 7.1
カメラ 背面 21MP + 8MP
前面 13MP + 8MP
バッテリー 11000 mAh
ネットワーク Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.0
SIMスロット nano SIM + nano SIM
デュアルスタンバイ
microSD 有り : 最大128GB
3G/
4G(LTE)
2G: GSM 900/1800/1900MHz
3G: WCDMA B1/B8
4G: FDD-LTE B1/B3/B7/B8/B20
サイズ 16.74 x 7.85 x 1.35 cm
重さ 283.5g
その他 ・USB Type-C
・指紋認証センサー
・Face ID
・NFC
カラー ブラック/ゴールド
サポート言語 日本語 :不明

フォト/イメージ

価格

気になる価格は、GearBestで本来は299.99ドルのところを249.99ドル=28430円で数量限定でセール中。(記事作成時点の価格)

直接的なライバルであるDOOGEE BL12000 Proは269.99ドルで特別セールしていますので、それよりも20ドル安いことになります。

最初の1000ロットは2/1、次の1000ロットは2/8の出荷となるそうで、早く欲しい方は早めに注文しておいた方が良さそうです。

GearBest販売ページ

以下、各販売サイトの価格を比較です。今のところGearBestだけですが、他ショップも販売され次第随時追加予定です。

販売サイト 価格 有償配送費用 配送会社
GearBest 28430円 1153円 Priority Line 5-9営業日配送(国内配送は佐川急便)
TOMTOP DHL
Banggood EMS 7-15営業日配送
Geekbuying EMS

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページに行けます。価格はあくまで記事作成時点でのものですので、最新価格は直接サイトで確認してください。(セール等で思いの外安くなっている場合もあります)

ちなみに通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はExpedited Shipping=高速配送などののOptionを付けましょう。4-7営業日で届く予定で、配送もDHLやUPSなどの有名国際配送業者となる為、安心感があります。GearBestのPriority Lineは発送後は5-9営業日で届き、日本国内では佐川急便が配達してくれます。EMSは国内では日本郵便が配達してくれます。

関連ページ

・公式ページ : OUKITEL K10

・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 : GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top