Warning: getimagesize(/home/k-ueda-f10/public_html/butsuyoku-gadget/wp-content/uploads/2018/07/screenshot_77-600x537.jpg): failed to open stream: No such file or directory in /home/k-ueda-f10/public_html/butsuyoku-gadget/wp-content/themes/dp-magjam/functions.php on line 1050
1万円ちょいで買える「ディスプレイ内蔵360° 4Kビデオカメラ」がなかなか面白い | 物欲ガジェット.com

物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

1万円ちょいで買える「ディスプレイ内蔵360° 4Kビデオカメラ」がなかなか面白い

安価でディスプレイ一体型の360度カメラが発売されました。

220度の広角レンズを前後に持つ事で、4K 360度カメラとして機能します。

特徴

縦型の見た目は一見ボイスレコーダーのような風貌ですが、真ん中にディスプレイ、上部表裏にカメラx2を備えた珍しい形の360度全天球カメラです。

RICOH THETAにディスプレイを付けたようなデザインですね。そのTHETAにしてもInsta360にしても「撮っている間の映像が見れない」のは確かに難点で、撮ったあとから「余計なものが映っていた(自分の手とかね)」とがっかりすることもあります。そういう意味ではディスプレイ有りは役立ちそう。

360度カメラの性能としては、一応4K撮影が可能です。一応と書いたのは、4K 15fpsだからで、せめて30fpsは欲しかった所です。そのため、実際にはフルHD(1920×960)の30fpsというのが現実的な使い方でしょう。

個人的には、これをドライブレコーダー代わりに使えないかなと思ってます。今の車にはドラレコは付いているのですが、前方向だけなんですよね。最近は追突だけでなく煽り運転もあるので後ろも録画したいのですが、そうなるとリアウィンドーにも配線回さなきゃいけないので・・・単純ですけどこういう360度カメラで後方もある程度カバーしてくれるのなら、、、映像が引いた絵であってもとりあえず保険屋と警察が判断できる材料ぐらいになれば有効かなとか思ったりしています。

スペック的にはmicroSDが32GBまでなど、若干弱いですが、価格的にも1万円ちょいですし、結構面白そうなアイテムです。

仕様:
レンズ:220°広角
焦点距離:f = 0.88mm±5%
絞り:F2.0
スクリーン:2.0 “LCD
ビデオ解像度:4K(3840 * 1920)15fps、2.7K(2880 * 1440)25fps、FHD(1920 * 960)30fps
写真の解像度:8M、5M、2M
フォーマット:JPG(写真)、H.264(ビデオ)
AWB:Auto、Daylight、Cloudy、Tungsten、Flourescent、
光周波数:50Hz、60Hz
LCDオフ:30秒、1分、3分
電源OFF:OFF、1/3 / 5min
言語:英語、中国語
外部ストレージ:8G〜32GB TFカードをサポート(別売)
バッテリー:内蔵1200mAh充電池
バッテリーランタイム:(1920 * 960)/ 30fpsビデオモードで約1時間続きます
互換性のある電話システム:Android 4.2 / iOS 7.0以上の場合
インタフェース:マイクロUSB
アイテムサイズ:13 * 4.7 * 1.5cm / 5.1 * 1.8 * 0.6インチ
アイテムの重さ:100g / 3.5oz
パッケージサイズ:16.3 * 13.3 * 4.5cm / 6.4 * 5.2 * 1.8inch
パッケージの重量:342g / 12.1oz

価格

価格はTOMTOPで105.99ドル=11786円セール中です。

TOMTOP販売ページ

TOMTOPでは無料配送があり、12-25営業日の配送時間を覚悟する必要はあるものの配送料は0円です。そんなに待てないという方はエクスプレス配送がオプションで選択できます。1113円掛かりますがで4-10営業日で届けてくれますよ。

関連ページ

・TOMTOP買い物ガイド :TOMTOPでの買い物の仕方~日本語もあるので輸入も比較的簡単~

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More
Return Top