物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【実機レビュー】小型なのにPD 29W「RAVPower10000mAhモバイルバッテリーRP-PB186 」レビュー~Surface Laptop3もSwitchも充電できるか試してみた

RAVPowerから発売されているPD対応10000mAh「RAVPowerモバイルバッテリーRP-PB186 」を買ってみました。

RAVPower RP-PB186 PD 29W モバイルバッテリー レビュー

PD出力29Wで10000mAhで小型軽量でスマホだけでなくPC/Switchなども充電できる良さが魅力で買ったのですが、期待通りの活躍を見せてくれました。

PB186を選んだ理由と主な特徴

RAVPowerモバイルバッテリーRP-PB186 (以下PB186)は10000mAhのモバイルバッテリー。

更にUSB PD 3.0に対応し、最大29Wでの充電が可能。USB PDモバイルバッテリーで29W以上のものは20,000mAhの大型で重いのものが大半ですが、PB186は10,000mAhで普段使いにも使えるコンパクトさが魅力。重さもわずか187gで、一般的なスマートフォンとほぼ同じぐらいの重さです。

私の場合、ラップトップPCをSurface Laptop3に乗り換えたのですが、その理由はちょっと調べたところUSB PDモバイルバッテリーで充電が可能そうである点でした。公式ではPD充電はOKと謳っておらず当然Surface Cennect端子で充電しろって事なんですが、ラップトップPCのACアダプタ持ち歩くのはかさばるし、場所によってはコンセントがない可能性もありますしね。

ノートPCの充電で10000mAhは少なく感じますが、私の場合は充電は頻繁ではなく、モバイルバッテリーは万が一の際のバックアップとして使いたいと考えています。ですがその為に20,000mAhのモバイルバッテリー(手持ちのは400gもある)を持ち歩くのは非効率。Surface Laptop3は通常使用で6-8時間程度は使えているので、出番はあくまで満充電忘れとか、ちょっとした出張等で足りなくなる可能性があるときだけで、「バッテリー切れを30分か1時間延長させたい」程度。その為容量も10000mAhあれば充分と考えていました。むしろこのPB186が使えるからSurface Laptop3乗り換えを決断したところもあったので、活躍してくれなければ困るのですけどね。

仕様
サイズ:約 111 x 51 x 25 mm
重量:約 187 g
バッテリー容量:10000mAh / 36.3Wh
充電時間:3.5時間(18W出力以上のPD対応USB-C充電器で充電した場合)
⼊⼒ポート:USB-Cポートx1 (USB-C:⼊出⼒兼⽤仕様)
出⼒ポート:2 ポート (USB-C、USB -A)
USB-Cポート⼊⼒ (PD対応) :最⼤18W (5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A)
USB-Cポート出⼒ (PD対応) :最⼤29W (5V/3A, 9V/3A, 12V/2A, 14.5V/2A)
USB-Aポート出⼒ (QC 3.0対応):最⼤18W (5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A)
合計最⼤出⼒:最⼤29W (USB-Cポート PD 18W+USB-Aポート 5V/2.1A)

開梱と外観

パッケージはとてもシンプル。RAVPower RP-PB186 PD 29W モバイルバッテリー レビュー

同梱物は本体とマニュアル、USB Type-Cケーブル、それとキャリングケース(袋)となっています。

RAVPower RP-PB186 PD 29W モバイルバッテリー レビュー

マニュアルはマルチランゲージで日本語もあります。 RAVPower RP-PB186 PD 29W モバイルバッテリー レビュー

外観~小さいは正義

早速使ってみました。やはり全長11cmの本体はかなりコンパクトで手のひらにすっぽりと収まります。実際に持ってみても187gは非常に軽い。

RAVPower RP-PB186 PD 29W モバイルバッテリー レビュー

USBポートはUSB Type-CとUSB Type-Aの2つあり、2ポート同時に使えます。PDと書いてあるUSB Type-C側はUSB PD 29W、iSmartと書いてあるUSB Type-A側はQuickCharge 3.0の18W充電が可能。RAVPower RP-PB186 PD 29W モバイルバッテリー レビュー

但しトータル出力が29Wなので、2ポート同時充電を行うとPD側が11Wまで落ち込むのでその点は注意が必要。このあたりの仕様は上にも書きましたし、本体にも書かれている。RAVPower RP-PB186 PD 29W モバイルバッテリー レビュー

側面には残量確認ボタンと残量LEDがあり視覚的にもあとどれぐらい使えるかが分かりやすい。

RAVPower RP-PB186 PD 29W モバイルバッテリー レビュー

Surface Laptop3やSwitchも充電できるか

私の一番の心配事であったSurface Laptop3の充電をまずは試してみました。
ドキドキしながらも接続しましたが、あっさりと充電状態に。

RAVPower RP-PB186 PD 29W モバイルバッテリー レビュー

ぐいぐい充電が進むわけではありませんが、PC自体を使っていなければPB186が100%状態の時に+20%強程度補充してくれる感じです。Surface Laptop3は公称11.5時間ですが私の使用環境だとだいたい7-8時間ぐらい。10000mAhで25%ぐらい回復するとして、2時間弱の動作延長が可能という感じです。

ちなみにUSB PD充電のSwitch Liteも当然充電できました。

RAVPower RP-PB186 PD 29W モバイルバッテリー レビュー

総括と価格

Surface Laptop3に関しては、出張/旅行時にACアダプタ無しで行けるとまではいけませんが、あくまで補完的な使い方ならOKそうです。USB Type-Cで29W以上なら充電は可能そうなので、Surfaceしか充電できない純正ACアダプタを持っていくより、USB PD対応のUSB充電器を持っていけば、PC/モバイルバッテリー/スマホと充電できる為、そちらのほうが汎用性がありますね。

毎日他のデバイス用の充電器としても持ち歩く事も考えると、10000mAhと言う容量と重さはとてもバランスが良く、更にPCの充電「も」可能である点で、PB186は最高のモバイルバッテリーと言えます。

価格はAmazonで4399円(ブラックは4299円)。タイムセールにもたまに出てくるので更に500円ぐらい安く買えるときを狙うのも良いでしょう。※ブラックのみ500円OFFのクーポンがあります。数量限定だと思いますのでお早めに。

Amazon販売ページ

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PC

More
Return Top