物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

スナドラ845 ゲーミングスマホ「RAZER PHONE 2」が発売!RAZER CHROMA対応で背面ロゴがカスタム可能

RAZERから発表されたゲーミングスマホ『Razer Phone2』が各オンラインショップでも発売されました。120Hz駆動のディスプレイ、自由に変更できる背面ロゴライトが特徴のゲーミングスマホ。B19等を含む国内3キャリアプラチナバンド対応です。

Razer Phone2の主な特徴

Razer Phone2はゲーミングスマートフォンの開拓者であるRaze Phoneの2世代目。ディスプレイは5.7インチ ですが、初代と同様にアスペクト比16:9。縦長ディスプレイ全盛の昨今では珍しい。解像度は2K(2560×1440)と120Hz駆動は初代から継続。120Hz駆動のぬるっとした美しい動きは動きの速いゲームなどでは役立つでしょう。

SoC(CPU)は初代のSnapdragon835からSnapdragon845に強化されています。メモリ8GB、ストレージ64GBは同じ。高負荷時の熱対策として大型の放熱システム(Vaper Chamber)も採用されました。

初代から大きく変わったのはRAZER CHROMAと呼ばれる背面ロゴのLEDの色を変えられるシステムが追加された点。アプリから1680万色のカラー設定が出来、そしてゆっくり明滅させたりといったシーンも設定も選べます。
カラーはミラーブラック、ステインブラックの2色。共にブラックですが、ミラーのほうは鏡面、サテンのほうは強固な素材になっています。※サテンブラックは後から販売予定。

また初代からの進化という点では、IP67防水防塵に対応。またワイヤレス充電にも対応しました。オプションですが、こんなクールな充電器もあります。(私はメインがGalaxy Note9だけどこの充電器だけ欲しいぐらい)
また日本で使う上で気になる周波数帯ですが、LTE ドコモ B19,au B18,ソフトバンクB8といったプラチナバンドをサポートしますので安心です。
*FDD-LTE: 1/2/3/4/5/7/8/12/13/14/17/18/19/20/26/28/29/30/32/66/71、TDD LTE: 38/39/40/41、TD-SCDMA: 34/39

全体的に初代のブラッシュアップ版というイメージですが、RAZER CHROMAや防水やワイヤレス充電などあらゆる面で細かく改良/機能追加しているにも関わらず、初代の197gから189gと8gの軽量化も図られています。反面、見た目の大きな変更点がないのはやや残念。

主要スペック

価格

ETORENでの価格は115,300円+送料。ETOREN販売ページ : Razer Phone 2 64GB Black (8GB RAM) 【SIMフリー】
ETORENだと輸入消費税がかからない(価格に含まれている)ので、あとは送料だけでいいというのが分かりやすくて良いです。しかも2-3日で届くのであっという間に手に入れられます。

ETORENでは日本人スタッフ対応や、修理の際は国内の拠点に送るだけでいいなどのメリットがあり、サービスと総額のトータルで見るとETORENはオススメです。ページ自体もリニューアルされ、日本語で見やすくなり、また日本円表示/決済できるなど、かなり日本向けに改善されています。

ETORENについての細かい点は下部にある関連ページをご覧下さい。

関連ページ

・公式ページ : RAZER PHONE 2
・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全
・ETORENトップページ :海外最新商品をいち早くお届け!【Etoren.com】

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top