物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

超ハイスペックゲーミングスマホが7万円~「ASUS ROG Phone3」海外SIMフリー版がETORENで発売

ASUSのゲーミングスマートフォン『ROG Phone3』の海外SIMフリー版がETORENで発売されました。

・ETOREN販売ページ: ASUS ROG Phone 3 5G ZS661KS SIMフリー

ROG Phone3の特徴

ROG Phoneも遂に3代目。スナドラ865+、5G対応、3眼カメラ化、更なるクーリングシステムの採用など超ハイエンドながら7万円そこそことお買い得価格です。

ディスプレイ

ディスプレイは6.59インチフルHD+(2340 x1080)とROG Phone2のQHD+からは解像度が落ちました。しかし、ゲームメインで考えると過度な解像度アップはむしろ処理低下になるし、実用性を重視しての変更でしょう。

リフレッシュレートは144HzとRedMagic 5と同じで最高レベル。ディスプレイタイプは発色の良いAMOLEDディスプレイなのは先代と同様です。

ノッチはなく上下にベゼルがあり、フロントカメラは24MPです。

またインディスプレイ(画面内)指紋認証リーダーも搭載されています。

SoC(CPU)/RAM/ストレージ

SoC(CPU)はSnapdragon865+ オクタコア Max3.1GHzと現時点で最上。

メモリは12GB/16GB版があり、ストレージは128GB/256GB /512GBの3タイプ。

L/RタッチボタンとRGB LED

ウルトラソニックエアトリがーと呼ばれるL/Rタッチボタンは引き続き採用されています。

また背面のROGロゴカラーを変えて点灯させることも引き続き可能。

クーリングシステム

ROG Phone3自体はヒートシンクを6倍の大きさにし14%の冷却効率改善を果たしています。
更に付属のAeroActive Cooler 3を使うと4℃も本体温度を下げることが可能。

カメラ

背面カメラは先代の2眼から3眼レンズとなりました。

画素数はかなり高く、 64MP(f/1.8)、13MP (125度広角)、5MP (マクロ4)という構成。

バッテリー

ROG Phone3は画面サイズも重量もROG Phone2と全く同じなのですが、バッテリー容量も6,000mAhで変わらず、大容量です。

対応周波数帯はプラチナバンド& 5G対応

海外SIMフリー機で一番気になる対応周波数帯は以下の通りです。

ROG Phone3にはA Version/B Versionの2つがあり、恐らくAが日本向けです。

ETORENで最初に発売されたモデルZS661KSとなり、B Versionです。
周波数帯は共に5Gまで対応。N77/N78/N79はdocomo/au/SoftBankの3キャリアが使う周波数帯です。
また4Gプラチナバンド対応はA Versionであればdocomo B19/au B18/ソフトバンクB8と3キャリアで対応。
B VersionはSoftBank B8のプラチナバンドのみ対応です。

A Version
5G (Bands N1, N2, N3, N5, N28, N41, N66, N71, N77, N78, N79)
FDD-LTE (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 30, 32, 66, 71)
TD-LTE (Bands 34, 38, 39, 40, 41, 42, 48)
WCDMA (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 6, 8, 19)
B Version
5G (Bands N41, N77, N78, N79)
FDD-LTE (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 20, 28)
TD-LTE (Bands 34, 38, 39, 40, 41)
WCDMA (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 8)

・ETOREN販売ページ: ASUS ROG Phone 3 5G ZS661KS SIMフリー

主要スペック

ROG PHONE 3
ディスプレイ 6.59インチ フルHD+ (2340 x 1080) AMOLED
リフレッシュレート 144Hz
SoC(CPU) Qualcomm Snapdragon 865+(Plus) オクタコア3.1GHz
メモリ+ストレージ 12GB/16GB LPDDR5
128GB / 256GB /  512GB UFS3.1
OS Android 10 with ROG UI
カメラ ・バック
64MP(f/1.8)
13MP (125度広角)
5MP (マクロ)
・フロント
24MP
バッテリー/充電 6000mAh /QC4.0 PD3.0 30W充電
WiFi/Bluetooth Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.1
SIMスロット nano SIM x2
デュアルスタンバイ
microSD 無し
対応周波数帯 A Version
5G (Bands N1, N2, N3, N5, N28, N41, N66, N71, N77, N78, N79)
FDD-LTE (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 30, 32, 66, 71)
TD-LTE (Bands 34, 38, 39, 40, 41, 42, 48)
WCDMA (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 6, 8, 19)
B Version
5G (Bands N41, N77, N78, N79)
FDD-LTE (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 20, 28)
TD-LTE (Bands 34, 38, 39, 40, 41)
WCDMA (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 8)
サイズ 171 x 78 x 9.85mm
重さ 240g
カラー ブラック
その他 ・USB Type-C
・サイドマウントUSB Type-C
・画面内指紋認証センサー
・デュアルフロントスピーカー

価格

ETORENでの販売価格は、12GB+128GBが70,900円。(記事作成時点の価格)

このスペックで7万円は正直安いですね。

その他モデルあります。

入荷待ちとなっていますが、これは出荷予定日が8月13日となっている為で、注文は可能です。

配送料は1944円で、1-2営業日で出荷、概ね1-3営業日で日本まで届きます。

・ETOREN販売ページ: ASUS ROG Phone 3 5G ZS661KS SIMフリー
*但し価格は為替とセールで随時変更となりますので、最新価格はETORENでご確認ください。

ETORENだと輸入消費税がかからない(価格に含まれている)から総額も安く、その上、日本人スタッフ対応や、修理の際は国内の拠点に送るだけでいいなどのメリットがあり、サービスと総額のトータルで見るとETORENはオススメです。ページ自体もリニューアルされ、日本語で見やすくなり、また日本円表示/決済できるなど、かなり日本向けに改善されています。

ETORENについての細かい点は下部にある関連記事をご覧下さい。

関連リンク

・公式サイト : ROG Phone3
・購入方法 : ETORENで海外SIMフリー版スマホやタブレットを購入する方法~買ってから届くまで
・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全
・ETORENトップページ :海外最新商品をいち早くお届け!【Etoren.com】


コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More
Return Top