物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

10インチ399ドルの廉価版「Microsoft Surface Go」発表! 日本の価格はちょっと高いぞ

Microsoftから廉価な10インチ2in1タイプの「Surface Go」が発表されました。

日本でも発売されます

Surface Goの特徴

Surface Goは価格がなんと399ドルという異例の安さで発表されました。
ディスプレイはキックスタンドタイプの10インチで解像度が1800×1200。Surface Proなどと同様に3:2のアスペクト比を保っています。
CPUはIntelのPentium Gold 4415Y Dual Core 1.6GHzです。Pentiumなので過度な期待はできませんが、Celeronの上、Core i3の下という位置づけですから、悪くないレベルにはあるでしょう。

メモリは4GB/8GB、ストレージは64GB eMMC/128GB SSD/256GB SSDから選択可能。

399ドルは当然4GB RAM+64GB eMMCという中華タブかというぐらいの低スペックなので、ここは8GB/128GB SSDにしたいところです。

インターフェースは、USB Type-C/microSD/Suface Connect/3.5mmイヤホンジャックと、USB Type-A(フルサイズUSB)が無いのがやや難点。LTEモデルもオプションで選択可能です。

タイプカバーキーボードは他のシリーズ同様に別売りで、99ドルです。基本的にタイプカバーあってのSurface Goだと思うので、最小構成で500ドルPCという事になりますね。

重さは本体が521g、タイプカバーの重量は分かりませんが、Surface Pro用が310gですから、セットで800g程度になると思います。そこそこの性能のミニノートPC(2in1タブレットだけど)が、800gという超軽量さは魅力的。ライトワーク主体となる学生とか、キータイプが多いような使い方の人には良さそうなPCで、こういうデザイン性も兼ね備えたPCが増えるのは良い傾向です。近々日本でも発売予定との事なので、欲しい方は楽しみに待っていましょう。

個人的にはUSB Type-Aが一つでもあれば欲しかったですね。

詳しい動画は以下参考になると思います。

 

主要スペック

日本での発売

399ドルという衝撃的な価格で発表されましたが、日本でも正式にローンチされ、国内では64800円(税別)~という残念価格に。法人向けは52800円、教育機関向けが47800円。

個人向けはちょっと高すぎですね。これOffice搭載だからという面もありますが、この価格はやや萎えます。Office無しモデルがあればいいのに。

これにタイプカバーキーボード1万円ちょい、スタイラスペンが1万円ぐらいですから、税込みだとトータルで9万円ぐらいでしょうか。最小構成価格でこの価格で、メモリ8GB+128GB SSD版は82800円~となっていて、そこそこ性能を上げると軽く10万円超えです。そうなるとSurface Proのローエンドのほうにも手が届く。そうやって悩ませること自体Microsoftの狙いなのかもしれないとすら思ってしまいます。

関連リンク

・マイクロソフト公式ブログ : Meet Surface Go, starting at $399 MSRP

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top