物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

デカイ!スマートウォッチなのに2.4インチVGAディスプレイ搭載「TICWRIS MAX S」発売~AndroidOSで自由度高いし国内3キャリアプラチナバンド対応と全てが異色

スマートウォッチメーカーのTICWRISから、スマートウォッチとしてはかなり大型な2.4ディスプレイ『TICWRIS MAX S』が発売されました。

AndroidOS搭載で、特大画面がありnano SIMも搭載できするので、ほほ小型スマホみたいな変態レベルのスマートウォッチです。

TICWRIS MAX Sの特徴

TICWRIS MAX Sはスマートウォッチなのに2.4インチと特大ディスプレイを備え、しかも解像度は640×480とVGA。

横幅、65mmです。ちなみにSが付かないMAXは75.2mm幅で、ディスプレイサイズは2.86インチもあります。こちらは先に発売されていたのですが、今回紹介するMAX Sはそれでも”小型化”されたモデルというわけです。

ディスプレイ側面には、2つの物理ボタンもあるので、操作性は良さそうですね。

カメラはサイドに2MP、フロントに8MPのカメラが付いています。主にサイドは撮影用。フロント側もカメラとしてだけでなくフェイスアンロックにも使えます。

バッテリーはなんと2,000mAhもあり、まさに小型スマホ並です。ただバッテリー持続時間は通常使用で40時間、ライトユースなら60時間となっており、基本的には毎日充電が必要です。

SoC(CPU)はMediaTek MT6739と1年前ぐらいのローエンドスマホレベル。そこにメモリ3GB、ストレージ32GBという構成です。

スマートウォッチとしてはGPS、心拍センサー、歩数計などのトラッキングができ、通知はアプリやメール/通話も可能。これだけの大画面なので、Google Mapも見やすい。

OSはAndroid 7.1.1を搭載しています。その為Google Playから好みのアプリをインストール可能。
スマートウォッチだと解像度によりレイアウトの関係で使えない/使いづらいアプリも出てきますが、640×480というVGAなら、ある程度そうした使えないアプリの存在は薄まりそうです。

更にnano SIM x1が装着できるので、単体でネット接続も可能です。

対応周波数帯は以下の通り。凄い事に、4G LTEはソフトバンクB8だけでなく、ドコモB19,au B18の国内3キャリアプラチナバンド対応です。

4G FDD-LTE:B1/3/5/7/8/11/133/18/19/20/21/28
TDD-LTE:B38/40/41/42

一応公開されているのは4G帯だけなのですが、恐らく3Gにも対応していると思われます。

販売ページ

主要スペック

TICWRIS MAX S
ディスプレイ 2.4インチ 640×480 IPSディスプレイ
バッテリー 2000mAh
バッテリーライフ 通常使用 : 40時間
スタンバイモード : 60時間
GPS GPS/AGPS/GLONASS
防水 IP67
機能 ヘルストラック: 心拍,歩数,睡眠
通知:アプリ,テキストメッセージ,通話,メール
重さ 70g
カメラ サイド : 2MP
フロント : 8MP
OS Android 7.1.1
ネットワーク 4G FDD-LTE:B1/3/5/7/8/11/133/18/19/20/21/28
TDD-LTE:B38/40/41/42
WiFi: 802.11a/b/g/n
その他 CPU : MT6739
RAM+ROM : 3GB+32GB

価格

TOMTOPでは特価セール中で、価格は16193円(149.99ドル)です。

TOMTOPが非常に有り難いのは送料。6-9営業日配送の免税配送というオプションが無料です。

他の中国オンラインショップでも配送無料はありますが、配送日数が20-30営業日と1-2ヶ月後になるので、TOMTOPのように概ね1-2週間程度で届く配送サービスが無料なのは有り難いです。

販売ページ

関連リンク

・公式サイト : TICWRIS MAX S
・ TOMTOPでの買い物の仕方~日本語もあるので輸入も比較的簡単~会員登録から商品が届くまで

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメント

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top