物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【レビュー】4Kホームプロジェクター「XGIMI HORIZON Pro」~よく分からん妻でも買いたくなるほど一度使うと戻れない美麗さと没入感

プロジェクターメーカーのXGIMI Technology様から4Kホームプロジェクター「XGIMI HORIZON Pro」をお借りしましたのでレビューしていきます。

4Kが表示できるだけでしょ?とか侮っていたら断然の性能に感動してしまいました。プロジェクターなのに美麗画面だし、高機能、静粛性の高さ、音の良さ、全てが「ああプロジェクターってこんなにも進化しているのか」と驚く製品でした。

主な特徴

HORIZON Proは、4K画質(デフォルトで3840×2160)で最大300インチまで投影できるプロジェクター。
ちなみにProが付かないHORIZON(無印)もあるのですが、そちらはフルHDまでとなっています。

HORIZON Proは2200ANSIルーメンと高輝度で、これは昼間のリビングでも使えるレベルの明るさ。

明るさだけでなく、自動台形補正や障害物を避けて投影する障害物回避機能も搭載。その為、投影場所をかなり自由に設定できます。

6秒の高速起動と、システム的にはAndroid TV 10.0が採用されているます。その為、単体でYouTube/Amazonプライムビデオ/DAZN等が見れますし、アプリもGoogle Playストアから自由にインストール可能です。

リモコンにはGoogle Assistantが搭載されているので、「OK, Google」で動画を探せるし、操作自体も「音量あげて」とかもできちゃいます。

更にDolby Audio/dtsに対応し、本体にはharman/kardon製の8W x2スピーカーを搭載しているので、臨場感のある360度サラウンドを体感出来るようになっています。

プロジェクタースペック
ディスプレイ DLP
解像度 標準 : 3840×2160(4K)
最大 : 4096×2160
輝度 2200 ANSI ルーメン
ランプ LED
ランプ寿命 25,000時間
映像 X- VUE 2.画像エンジン
MEMC,HDR 10, HLG
映像サイズ 30インチ~300インチ
基本性能
RAM 2GB
ストレージ 32GB
OS Andtoid TV 10.0 OS
Chromecast Built-in
Google Assistant
画面適応技術 高速起動
自動台形補正(垂直:±40°,水平:±40°)
インテリジェント画面調整
インテリジェント障害物回避
オートフォーカス
接続ポート DC x 1
HDMI 2.0 x 2
USB 2.0 x 2
LAN x 1
Headphone x 1
OPTICAL x 1
ネットワーク WiFi: 802.11a/b/g/n
Bluetooth 5.0
サウンドシステム Dual 8W Harman / Kardon スピーカー
DTS-HD & DTS Studio Sound
Dolby
サイズ 208.4*218.4*136.2mm
重量 2.9kg

開梱と外観

同梱物はACアダプター、リモコン、マニュアルとシンプルです。

マニュアルはわかりやすく解説されているので、プロジェクターが初めてという方にも安心。

ACアダプターは結構大きいです。20,000mAhのモバイルバッテリークラスの大きさ。ただ基本的にはプロジェクターは据え置くことが多いので、大きくても最初にセットしてしまえば困る事は無いと思います。

リモコンもシンプル。HORIZON Pro自体がAndroid TV 10.0に対応しているので、Google Assistantボタンがあるのが特徴的です。円形の十字カーソルキーと真ん中の決定ボタンなど、Amazon Fire StickTVとかに使い慣れている人には全く違和感なく使えます。

本体上部には、電源/ボリューム/一時停止&再生キーがあります。基本的にはリモコン操作がメインになるので、このボタンを触ることは少ない。ただリモコンが操作不能になったときなどには有用です。

前面&側面。

反対側にはリモコン受光部。ただリモコン自体はBluetooth連動するので、ここに向けていなくても問題無く動作します。側面にはharman/kardonのロゴの入ったスピーカーが配置されています。

下部は4つのゴム足と、真ん中には三脚やスタンド、固定金具等を付けるネジ穴(1/4インチ)があります。この穴を使って、テーブル上だけでなく好きな位置に取り付けが出来る。

ゴム足部は僅かですが高さ調整が可能です。とは言っても1-2cm程度。昔のプロジェクターはこの足で台形補正とかしていましたが、HORIZON Proは投影機能として台形補正があるので、こんなことで調整しなくてもOK。(むしろゴム足としてでなく足を取って、金具等に取り付けるネジ穴として使うのでしょうけど)

背面には入力ポートがぎっしり。OPTICAL、USBx2,HDMIx2,RJ45(LAN)、Audioと豊富な入力ポート類となっています。例えば基本的にはPCはHDMIに繋げ、もう一つのHDMIにはPS4/5を繋げておき、リモコンで入力切り替えして使い分けるなんてことも余裕です。 個人的にはUSB Type-C端子があれば完璧だった。

セットアップ

基本的にAndroidOSなのでセットアップはスマホのような感じで進みます。もちろん日本語も選択できるし、Googleアカウントにログインすればアプリをインストールできます。

開梱→電源オンしてすぐに使えるわけでは無いものの、このアプリのインストールが完了にはWiFiに接続してだいたい15分ぐらい放置で使える様になります。

設定等は全てリモコンで簡単にできます。ソースの変更、自動補正設定や輝度やをシーンに合わせて変えるなど、全てがリモコン一つでできるので、とても簡単です。

恐ろしく美しい4K映像

起動した画面はこのように各アプリや動画が並んで、アマプラやNetFlix、DAZNを普段から利用している方には親しみやすい配置。

デフォルトでインストールされるAmazonプライムビデオもアカウント連動すれば難なく見れるようになります。

試しにYouTubeで4K動画を再生してみますが、、、

非常に明瞭で、発色がよく、これがプロジェクターの映像という事を忘れるほど美しい。私がこれまで見てきたプロジェクターの中でダントツに綺麗。
まさに映画館にいるような感じ。
投影しているのはただの壁なのに抜群に綺麗。
部屋の電気は消していますが、上の写真のように窓のカーテンは閉めていない明るさなのに、映像は充分な輝度を保っています。

映像でここまで綺麗なので、明るいシーンが多いアニメはより際立って綺麗で、お気に入りのアニメを大画面で見れた娘は大興奮でした。

harman/kardonのスピーカーで映画館気分

続いて映画等々も見てみましたが、harman/kardonのステレオスピーカーも迫力充分。
プロジェクター内蔵スピーカーというと、おまけ程度なものもある中、HORIZON Proはharman/kardon製です。

設置した部屋は6畳程度なのですが、この部屋の壁に映し出して妻と2人で映画/ドラマ(ネトフリでウィッチャー)をみたのですが、普通に映画館気分が味わえました。

まさに「これぞホームシアター」が体感できるわけで、これって単純に凄いと思います。
ヨドバシカメラ等の家電量販店にはホームシアター体感スペースみたいなものがよくありますが、それがHORIZON Proならこれ1台で良いわけです。

我が家では普段から50インチTVで映画見てましたが、まったく違う臨場感に妻と一緒に素で「これ、、すごいわー」と感動です。

自動台形補正は超便利

天井から投影面と並行に吊り下げない限り、テーブル等の上に置けば必ず映像が台形になります。
HORIZON Proでは自動で台形補正をしてくれます。

このような感じでテーブルじょうの HORIZON Proと壁面が並行では無い場合、投影映像は点線のようになりますが、投影された映像はきちんとした長方形です。これは非常に便利で、プロジェクターの設置場所を「きっちりと並行に」しなくても良いので、気楽に場所選びができます。今日はこの部屋、明日は別の場所と固定化しなくてもいいのは融通が利いて助かります。

障害物も自動で避けてくれる

また障害物に関しても台形補正と同様に自動で避けます。試しに意地悪でこんな投影角にしてみましたが、、、

自動で障害物を避けて、投影範囲の中で映像を綺麗に補正してくれます。

PCやスマホゲームも大画面で楽しむ

HORIZON ProにはAndroid TV OSを搭載しているので、アマプラやDAZN/YouTube等の動画配信サイトの動画等を見ることが多くなりますが、PCやスマホ、ゲーム機等を大画面で見るのにも適しています。遅延を30msに抑えるゲームモードも搭載しているので、PS4/PS5等の激しいゲームでも低遅延で楽しめます。

スマホと繋いでウマ娘も当然余裕です。縦1mの大画面でメイショウドドウのドジっぷりも見れちゃう。

PCと繋いでも当然4K画像は鮮明です。自宅内で使いましたが300インチまで対応しているので、会議室でも全然余裕で使えます。

総括

音も良い、映像も4Kで抜群に綺麗、自動台形補正や障害物回避で置く場所も選ばない。
AndroidTV 10.0搭載だから、いちいち入力ソースを用意しなくても、YouTube/アマプラ等なら本体だけで完結する。

全てにおいて驚きをもたらしてくれるプロジェクターでした。

初見で「すごっ」と感じる製品というのは、確実に購買意欲に繋がります。我が家も真剣に検討するぐらい悩みました。そう難点をあえて挙げるとすれば価格。

Amazonでは176,880円という価格で、おいそれとは買えない金額。ただそれでも真剣に検討するほど価値がある。HORIZON Proがあれば、いまの50インチ液晶TVより、100インチぐらいのサイズで、遙かにTVの臨場感と没入感超えられる。

お財布を握っている妻はかなり海外ドラマ好きで、HORIZON ProでTV画面を超えた体験をしてしまうと引き返せないと言っていました。このあたりがお財布に厳しいはずの妻でも「予算確保を考えてしまう」ほど。
このようにHORIZON Proは私のようにガジェットをいろいろ見ている人以外にも、「いやぁ欲しいね」と思わせる魅力は間違いなくあるプロジェクターです。

価格

XGIMI HORIZON Proは楽天市場及びAmazonの公式ストアにて発売中。

共に販売価格は176,880円となっています。

但し、楽天市場、Amazon共に以下のキャンペーンを開催しています。

【楽天市場】
※ 10/8(金)12:00~10/11(月)1:59で楽天市場XGIMI-STORE
お買い物マラソン開催!HORIZON Proが10,000円オフ+9998円のデスクトップスタンド(先着30台)

楽天市場自体で買い物マラソンも開催しているので、そのポイントも還元があり更にお買い得です。
欲しい方はお見逃し無く!

楽天市場XGIMI公式ストア : XGIMI HORIZON Pro

【Amazon】
※ 10月10日(日)
HORIZON Proを15%OFFで購入できるAmazon期間限定セールが実施されます。

Amazonにて176,880円で販売中ですが、更に15% OFF(26,532円オフ)ですから約15万円で購入できます。

こちらも価格的にはお買い得です。

Amazon販売ページ

関連リンク

メーカー公式サイト : XGIMI HORIZON Pro

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top