物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【レビュー】「eMeet Luna Lite」~オンライン授業やリモートワーカーに~約5600円と破格値 電話/Web会議専用スピーカーフォン

eMeetからオンラインや電話会議用のビジネス用スピーカーフォン「eMeet Luna Lite」をeMeet様からお借りしたのでレビューします。

コロナウィルスの影響で在宅授業やリモートワーカーもかなり増えていて、電話会議/通話をする頻度も高まっています。ただZoomやMicrosoft Teams、Skype等のでの電話やビデオの会議/オンライン授業をしたこと有る方にはわかると思いますが、PCやスマホで会議すると音質がいまいちなんてことも多い。そんな時はこのような専用のスピーカーフォン(マイク+スピーカー)の出番です。

eMeet Luna Liteの特徴

eMeetは聞き慣れないメーカーですが、HUAWEIやHarman、TCL等の企業からドロップアウトした人達が作った中国の会社です。

eMeetではOffice CoreというBluetoothスピーカー兼会議用マイク/スピーカーシリーズを出していましたが、このLunaで新しい製品名となっています。

Luna Liteは3つのマイクで360度集音を可能としています。形状からも想定できるようにテレビ/Web会議といった際に会議室などで多人数(5-8名程度)で使われる事を想定していますが、もちろん1人でもOK。
更に”Voice AIテクノロジー”という機能を搭載し、”周囲の話し声や電話の呼び出し音、コピー機やエアコンのノイズ、キーボード音など、会議を妨げる雑音を抑制”することが出来るようになっています。

つまり声以外の音をできるだけシャットアウトして、会議/講義に集中できるようにしてくれます。また発信者の声を特定して、その声だけを増幅して相手につたえる機能もあり、とにかく電話やオンライン会議/講義等に特化しているわけです。

有線/無線(Bluetooth)が使え、PCだけでなくスマートフォン/タブレットにも接続が可能。2600mAhのバッテリー搭載で15時間使えます。

同梱物と本体周り

開梱。

同梱物はAUXとUSB Type-Cケーブル、マニュアルとなっています。

マニュアルは日本語版もあり、迷うことはありませんね。

Luna Lite本体はこのように7つのボタンとスピーカー部、上部に5つのLEDがあり、ステータスとボリュームが分かるようになっています。

USBで接続するとこのようにLEDが点灯してバッテリー残を知らせてくれます。

ボタンは真ん中にマイクのOn/Off(ミュート)、その左右にボリューム、右側にはBluetoothボタンと電源ボタン。
左には通話開始/終了、そして一番左はノイズリダクションボタンとなっています。

サイド側はUSB Type-C、Lineアウト/イン、ロックです。ロックは盗難防止用ケンジントンロックが付けられるようになっていて、会社内の会議室でワイヤーケーブルで繋いでおくもの。小型でワイヤレスで使えるので勝手にどこかに持っていったりしないようにという配慮。自宅では必要ないですが、さすがはビジネス用。

使ってみた

使い方は簡単で、USB Type-Cケーブルか、BluetoothでPCやスマホと接続するだけ。

早速Zoomでの会議とLINEで使ってみました。私の場合、会社内ではなく一般的なマンション宅からなのですが、この部屋の外は線路で電車が通る度にそこそこノイズが入る環境です。

スピーカーフォンなので、相手の声はPC経由よりはクリアだし、こちらの声もノイズリダクションボタン使って使用してみましたが、相手からは「比較的クリアに聞こえる」と言われてました。

Luna Liteの目の前で話して良好だったので、試しに4-5mまで離れましたが、多少声を張って話せば問題無く聞こえています。なので会議や講義で発言する際に、Luna Liteのマイクに近寄って話す必要はなく、近くで立ったり歩きながらでも会議は可能でした。ただ基本的にはLunaに近づいて話す方がよりクリアなのは間違いない。

またBluetoothで接続する事でケーブルレスで使うことも可能。

Bluetoothで無線化することで、PCはデスク、Luna Liteは持って移動しつつ会議を続行なんてこともできます。自宅の部屋で在宅ワークで会議、その間に中段することなくドリンクとりにリビングの冷蔵庫にいくなんてこともできるわけで、無線化するととても楽。

音も一般的なBluetoothの距離範囲内なら途切れること無く、有線とあまり変わらずに会話できます。有線の場合は充電しつつ使えるメリットもありますので、状況によって好きな方を選べます。

Win10 PCとの接続だけでなく、スマホ(Android)と接続してLINE電話でも試しましたが、家族や友達とテレビ電話的な事をした際も音声のストレスが無く使えるのは良いところです。

まとめ

電話/ZOOM会議やオンライン授業等でお互いの声をこもらずにはっきり聞けるのはさすが専用機です。
聞きづらくて「すみませんもう一度お願いできますか。」というのが何度もあると、流れを止めてしまいますし。

このスピーカーフォンは以前も同じようなものをレビューしていますが、PCスピーカーと内蔵マイクとは段違い。
一度使えば「あーいいね。これ。こういうのが欲しかった」となります。会議室等でこういうものが専用機として置かれているのにはこういう理由があるのかと理解できるデバイスです。しかもLuna Liteはたった7,999円で販売されているリーズナブルさ。

ヘッドセットのほうが会議中の相手の声が部屋に漏れないので、家族と一緒ならそちらのほうがいいのですが、仕事部屋があるとか、一人暮らしとかなら、Luna Liteのようなスピーカーフォンのほうが、耳をフリーにしてくれるので仕事や勉強が楽です。

このLunaの価格はAmaoznでは7,999円で販売中。
更に30% OFFクーポンも販売ページにあり、5,599円まで割り引き中です。

Amazon販売ページ

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More
Return Top