物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

常時点灯なのにバッテリー1年持つ防水スマートウオッチ『NO.1 F2』発表! これは欲しい~

中国のスマートウオッチ/スマートバンドメーカーのNO.1から、新製品情報を頂きました。

NO.1はF1というスマートバンドを発売したばかりですが、今回は「NO.1 F2 Smartband Watch」です。ガーミンが出しているアウトドアスマートウオッチに近い感じで、タフネス+スポーツ/アウトドアのデータ取得/スマホとの連携ができるというものです。ただガーミンとの違いはGPSを持っていない点で、GPSロガー的な使い方はできないのがちょっと残念ですが、NO.1だけにきっと格安で提供してくれるに違いありません。ディスプレイは「Always On=常時点灯」です。これは魅力的でほぼ普通の時計と変わらず、且つSMS/メール/電話などの通知までしてくれるので助かります。

またライフログとして歩数系/睡眠計等もサポートします。但しF1にはあった心拍数モニターはありません。睡眠データはさすがにこのごつい時計を毎日着けて寝るのは厳しいので「そういう機能もあるよ」レベルでしょうけどね。バッテリーの持ちはなんと1年。Bluetoothでスマホと連動してそれほど本当に持つのかわかりませんが、本当なら凄い。ただバッテリーはボタン電池のようで、充電式ではありません。恐らく交換可能なのでしょうが、防水性能(IP68 30m防水)もありますので交換方法が簡単である点が気になりますね。(一応上記画像の中に”Simply replace the battery”と書いてあるので交換は容易そう)

主要スペック

  • CPU :German Dialog DA14580 (the world’s lowest power ring chip)
  • ディスプレイ : Always On 1.1インチ ディスプレイ
  • 防水防塵 : IP68 30m防水
  • 充電 : なし CR2450ボタン電池
  • 心拍数計測 : 無し
  • その他計測: 睡眠、歩数計、カロリー
  • 通知 : 電話 / SMS / Appからの通知
  • バイブレーション: あり
  • カラー: Black, Blue, Green
  • サイズ:  62 x 56 x  16.8mm / 80g

写真で見る『スマートバンド F2』

バッテリー長持ちでスマホからの通知だけいいシンプルさ

スマートバンドF1は大成功だったようで、そのシリーズの第二弾としての今回ご紹介したF2は、これまたシンプルに「モノクロだけど画面はAlways On。バッテリー1年持つし凄いでしょ? SMS/メール/電話などの通知もあるぜ。おまけに30m防水だ。」と、割り切り感満載。

いや、これでいいと思う。

正直、数日しかバッテリーが持たないスマートウオッチは実用性が厳しい。画面はAlways OFFだし。私を含めそう思っている人も多いと思います。
NO.1 F2は、カラー液晶を捨て、その機能性だけを継承してIP68 30m防水をつけた。特に画面が常時点灯で1年間ももつのは凄い事(まぁ普通の時計なら当たり前だけどさ)。

これだけで買う価値があります。

価格と発売時期はまだ未定ですが、No.1さんからの情報を頂き次第更新していきます。

もし発売されたら真っ先に使ってたみたいと思います。

関連ページ

・メーカー公式サイト : No.1 smartband F2
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 和風総本家

    Bluetooth接続状態で、一年とは言わないけど仮にちょっと考慮して半年持つとしてもこの世の電池とは思えないんだけど・・・未来製品すぎる・・・

    確かに昔から道端で売ってるようなデジタル腕時計って一年以上つかえてる記憶しかないけど、それ+Bluetoothってそんなに電力使わないようには思えないぜ!

    実際発売したら直径20cmだったりして

    • 私も本気で1年持つとは考えないですが、話半分としても凄いなとは思いますね。
      頻繁に通知があってバイブレーションがあれば、結構減るはずなので。
      それでも同じチップを使用している同社のスマートバンドF1は実使用で2-3週間は使えるので、数ヶ月というのはもしかしたら?という気もします。
      F1の場合は、常時心拍数計測をしているのでF2よりは遙かに消費電力は多いはずです。ただ電池が違いますから一概に比べられないですが。

      メーカー曰く「通常で1年、スタンバイだけならそれ以上・・・」という謳い文句がどこまで本当か、使ってみたいですね。

      ちなみにチップのGerman Dialog DA14580 は、超超低消費電力で業界では有名なチップらしいです。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top