物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Windows10 PCでPS4をリモートプレイをする方法~簡単・快適プレイ~

広告

PlayStation4(以下PS4)が2016年4月6日にシステムバージョンアップ(ver 3.5)されました。Windows10 PCでPS4をリモートプレ
このバージョンでは、PCでのリモートプレイが出来るようになったのです。

え?それがどうした?
いやいや、今まではSONYのタブレットとPS Vitaでしかリモートプレイが出来なかったわけです。
つまり、ソニー製品の囲い込みがあったわけで・・・それをMacでもWindowsでもPCであればメーカー問わず開放というのはなかなかソニーも思い切った対応をしてきましたというわけ。

と言う事で、早速試してみました。予想以上に簡単・快適ですよ~
Windows10 PCでPS4をリモートプレ

用意するもの

事前に必要な機材を確認。以下ソニーのサイトからの抜粋です。Windows10 PCでPS4をリモートプレ

PCとPS4は最低限必要として、デバイスとしてはDUALSHOCK4(コントローラー)と、USBケーブルが必要です。また、PSNアカウント、WiFi環境を用意しましょう。今回私はSurface Pro3を使いました。

Windows PCの場合は、OSがWin8.1かWin10以上が必要です。残念ながらWindows8/7を含むそれ以前のPCはサポートされていません。Win10は今のところ無料アップグレード中ですので、上げておくことをお勧めします。

PS4をバージョン3.5にアップデートする

既にバージョン3.5にしていない方は、PS4を起動すると、既にアップデート待ちになっていると思います。もしまだの方はアップデートを実行するか、アプデ待ちにもなっていない人は強制的に更新をかけてみてください。

Windows10 PCでPS4をリモートプレ

PS4リモートプレイをダウンロード/インストールする

PS4本体のバージョンが3.5になったら、次はPCに「PS4リモートプレイ」をダウンロードしてインストールしていきます。

リモートプレイをしたいPCを起動し、ここからダウンロードサイトに行き「PS4リモートプレイ」をダウンロードします。*画像クリックでもダウンロードサイトに移動します。Windows10 PCでPS4をリモートプレあとはダウンロードしたファイルを開き、インストールしていきます。

Windows10 PCでPS4をリモートプレ

次へ次へと進んでいけばすぐにインストールは完了します。以後はSurface Pro3(Windows10)での動作となります。

完了後はデスクトップに「PS4リモートプレイ」のショートカットが出来ますので、ダブルクリックして開きましょう。Windows10 PCでPS4をリモートプレ

PCとDUALSHOCK4を接続する

DUALSHOCK4の充電端子はmicroUSB端子となっています。ここにUSBケーブルを接続し、PCのUSB端子に繋ぎます。(DUALSHOCK4の充電ケーブルがそのまま使えます)Windows10 PCでPS4をリモートプレ 接続が完了すると、DUALSHOCK4のLEDが点灯します。Windows10 PCでPS4をリモートプレ

PS4リモートプレイに接続する

ここからはいよいよPS4リモートプレイに接続していきます。PS VitaやXperia タブレットでリモートプレイを経験済みの方であればある程度同じですが、PC版は設定がちょっと違います。

以下の画面となるので、「設定」をクリックします。

Windows10 PCでPS4をリモートプレ

以下赤丸の「PlayStation network サインイン」をクリックします。
Windows10 PCでPS4をリモートプレ以下画面になるので、①PSNのサインインIDと②パスワードを入力し、③のサインインをクリックします。Windows10 PCでPS4をリモートプレ すると以下赤枠のようにサインイン名が入り、PSNのログイン出来たことが確認できます。問題無ければ、「OK」をクリックします。Windows10 PCでPS4をリモートプレ

下記画面に戻るので、「はじめる」をクリックします。Windows10 PCでPS4をリモートプレ

PCからPS4を探しに行きます。同じLAN環境内であれば、簡単に接続は終わります。Windows10 PCでPS4をリモートプレ接続が完了すると、以下のようにPS4の画面がPC上に表示されます。基本操作は全てコントローラー(DUALSHOCK4)となります。
Windows10 PCでPS4をリモートプレ

上記画面ではWindowsタスクトレイが残っていますが、全画面表示も可能です。

ゲームプレイしてみた

フォールアウト4 をプレイして見ました。
Windows10 PCでPS4をリモートプレ

Surface Pro3の解像度が高すぎる部分があり多少ぼやける所はありますが、ゲーム自体はとても快適だし、画面は綺麗です。少しだけ画面が引っかかるような事がありましたが、この辺は今後のバージョンアップで安定化されていくと思います。

低スペック中華タブでも動く(いちおうね)

「快適なのってSurface Pro3だからでしょ」という可能性もあったので、中華タブレットでも試してみました。

機種はOnda oBook10というCherry Trail世代のAtomCPUのタブレット。一応キーボードとドッキングしてPCのようになっていますが、中身は安いタブレットです。Windows10 PCでPS4をリモートプレ 実はこのPS4リモートプレイは「推奨スペック」が非常に高いのです。Windows10 PCでPS4をリモートプレ

Core i5 2.67GHz以上となると、なかなかノートPCでは高額なものになってくる。けどCore i5 560M自体は2010年のCPUなので、昨今のCPUの進化ならいけるかも・・・と試してみました。

同じようにフォールアウト4 をリモートプレイさせてみました。一応1時間くらいプレイしてみましたが、Surface Pro3と遜色無いレベルでは動きます。Windows10 PCでPS4をリモートプレ

ただSurface Pro3であった「画面が引っかかる」というか、Onda oBook10では明らかに処理落ちと言う感じのカクカクしたことがたまに起きます。少しだけ頻度が増えた感じですね。

タスクマネージャーで見てみると、CPU使用率が50-70%の間を行ったり来たりして相当頑張っているように見えます。Windows10 PCでPS4をリモートプレ

プレイ出来ないほど酷いという事はなく、複雑な処理が入るときだけ、すこしカクつくというレベルで、少なくともフォールアウト4 は普通にプレイ出来ます。まぁXperia タブレットなどでもちょっと前のものではリモートプレイが動くわけですから、性能的にはPCでもそれほど問題無いんでしょうね。

まとめ:PCでのリモートプレイは充分使える

実は私はXPERIAではないAndroidタブレットでPS4リモートプレイを密かに使い込んでいたのですが、それだとOTGケーブル経由でDUALSHOCK4を繋いだりと面倒でした。

これがWindows10 PC/ノート/タブレットでプレイできるとなると非常に便利。デスクトップPCでもリモートプレイできるので、自宅内の他の部屋で大画面プレイもできますし。(我が家はPS4がメインTVに接続されているので、家族がTVを見ている間はPS4が出来ないのです)

またノートPCでプレイできると、充電しながらコントローラーが使えるというメリットもあり、リモートプレイが長時間になってもバッテリーを気にせずに使えます。

このPS4リモートプレイだけのためにXperiaタブレットを購入しようかと考えていた時期もあり、Windows(Mac)でのリモートプレイ解禁は本当にSONYの英断です。

関連サイト/リンク

・PS4リモートプレイ:ダウンロードサイト
PS4を外出先でも遊べる! リモートプレイでPS VITAはPS4 portableのように使える

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 通りすがりのbiblio

    PS3の時はVAIO専用ソフトウェアでの対応でしたけど、ここ数年のXPサポート終了等の買い替えで今は世界規模で所持PCのスペックが底上げされているでしょうからこういう対応は本当に嬉しいですね。

    ‥自分はPS4を持っていないのでネットの反応を見るくらいしか出来ませんけど(・_・;)

    • ほんとそうですね。まぁSONY自体がVAIOを切り離してしまい、PC部門を持っていないので、ユーザーを囲い込む必要が無くなったのが一番の要因でしょうが、嬉しい事です。もちろんスペックも底上げされているのもありますね。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top