物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【実機レビュー#1】Snapdragon 821搭載『Xiaomi Mi 5S』 開梱~外観チェック編

Xiaomiの フラッグシップスマホ 『Xiaomi Mi 5S』のレビューです。Xiaomi Mi 5S今回はGearBest様よりサンプルをご提供頂いてのレビューです。

Xiaomi Mi 5Sの細かい情報は下記ご覧くださぃ。

紹介記事: Snapdragon821を搭載した『Xiaomi Mi 5S』発売! 価格は3万円台~と相変わらずコスパ抜群

Mi 5SはSnapdragon821を搭載したXiaomiのフラッグシップで、3GB RAM + 64GB ROMと4GB RAM + 128GB ROMの二つのモデルがあります。今回レビューしていくのは低スペック板の3GB RAM版となります。

今回は第一回目のレビューという事で早速開梱からレビューしていきたいと思います。Xiaomi Mi 5S フォトレビュー

主要スペック

まずは主要スペックをおさらい。 Snapdragon821機はまだ市場にほとんど出ておらず、現行では最高スペックレベル。Mi 5Sは先代のMi 5と同様、5.15インチでフルHD解像度の液晶を搭載。Mi5との違いはハード的には背面ガラスからメタルボディに変更されたほか、ホームボタンが物理ボタンからタッチセンサー式に変更されたのが大きな違い。サイズ以外はデザインも変わっており、フルモデルチェンジしています。

  • CPU :Snapdragon 821 クアッドコア2.15GHz
  • RAM+ROM: 3GB+64GB / 4GB+128GB *ストレージはUFS2.0
  • ディスプレイ : 5.15 inch Full HD (1920 x 1080) 428ppi
  • OS: MIUI 8 (Android 6.0ベース)
  • バッテリー : 3200mAh
  • カメラ: 1200万画素 リア / 400万画素 フロント
  • SIMサイズ: Dual sim Dual Standby, nano SIM x2
  • microSD: 無し
  • USB : USB Type-C interface
  • WiFi /Bluetooth :802.11 a/b/g/n/ac 、Bluetooth4.2
  • サイズ/重量:  145.6 x 70.3 x 8.25 mm / 145.0g
  • ネットワーク:2G: GSM 2/3/5/8; CDMA: BC0
    3G: WCDMA B1/2/5/8; TD-SCDMA: B34/39
    4G: FDD-LTE: B1/3/5/7/8, TDD-LTE:38/39/40/41
  • その他 : 指紋認証センサー/ NFCXiaomi Mi 5S フォトレビュー

Xiaomi Mi 5S 開梱

Xiaomi Mi 5Sの箱を開けていきます。Mi 5Sの外箱は過去のXiaomi端末のカラフルな端末写真入りではなく、「mi」の文字のみ。Xiaomi Mi 5S フォトレビュー側面のXiaomi Mi 5Sのロゴ。箱表面のデザインといい、この5Sのロゴといい既視感がします。Xiaomi Mi 5S フォトレビュー箱を開けて端末を取り出します。今回提供頂いた端末カラーはシルバーです。Xiaomi Mi 5S フォトレビュー端末を取り出すと、マニュアルがある。Xiaomi Mi 5S フォトレビューマニュアルの下には、このような箱があり、ここにUSB急速充電器とUSB TYPE-Cケーブルが入っている。なお側面にはSIM取り出しピンも収められている。Xiaomi Mi 5S フォトレビュー箱から取り出した同梱品。Xiaomi Mi 5S フォトレビューUSB急速充電器は、QuickCharge対応で、5V-2.5A/9V-2A/12V-1.5A出力ができる。コンセントタイプは日本でも使えるのでありがたい。Xiaomi Mi 5S フォトレビューマニュアルは当然ながら中国語。Xiaomi Mi 5S フォトレビュー

外観チェック

ここからは外観チェックをさくっとしていきます。

正面は上部にカメラ、下部にナビゲーションボタンがあり、真ん中はタッチセンサー式のホームボタンです。
Xiaomi Mi 5S フォトレビューあいかわらず発色が素晴らしく、フルHDの5.15インチディスプレイは美しい。ベゼルレスではありますが、ディスプレイ周辺にMi5同様黒縁は残ります。それでも最小限レベルと言って良いでしょう。Xiaomi Mi 5S フォトレビュー下部のホームボタン周りと、USB TYPE-C端子。ホームボタンはタッチセンサー式で、iPhone7の圧力感知式のソリッドステートボタンのようなものではなく、ボタン部がわずかに凹んだ単にタッチタイプのもの。指紋認証センサーも兼ねている。Xiaomi Mi 5S フォトレビュー左側面にはSIMスロットのみ。Xiaomi Mi 5S フォトレビューSIMはnano SIM x2のデュアルSIMで、Mi5同様に4G + 3G DSDS(Dual SIM Dual Standby)にも対応。Xiaomi Mi 5S フォトレビュー上部にはイヤホンジャック。
Xiaomi Mi 5S フォトレビュー右側面には電源/ボリュームボタン。配置はMi5と同様で、電源ボタンが真ん中付近に近づいていて使いやすい。Xiaomi Mi 5S フォトレビュー背面。Mi5との違いはここが一番顕著で、メタルボディになりアンテナラインがアクセントになっている。iPhoneのDラインのようですが、感度優先だとどうしてもこのラインになってしまうとどこかのメーカーの方が言ってました。Xiaomi Mi 5S フォトレビュー背面の仕上げ・質感はとても高い。Mi5のガラス/セラミックの背面も綺麗だったが、メタルボディになっても質感は損なっていない。ただ10万円近い端末達と比肩しうるかというと、ミドルレンジ機並の質感ですが、価格を考えれば充分以上のデザインと質感はある。Xiaomi Mi 5S フォトレビュー両サイドは丸くラウンドしていて持ちやすい。ちなみに背面上部にはNFCが搭載されているのですが、マーク等の目印は無い。
Xiaomi Mi 5S フォトレビューFelica自体はサポートしていないと思うので、日本でこのような使い方はできないでしょうが、Bluetooth機器のNFCペアリング等では役立つと思う。Xiaomi Mi 5S フォトレビュー

今回はファーストレビューとして、ざっと開梱から外観チェックまでやってきました。ハイエンド機並の性能を持ちながら、価格は3万円台という事を考えると、相変わらず費用対効果が高い端末です。次回はもうちょっと使ってみてから、第2回レビューをご紹介します。

Xiaomi Mi 5S の購入方法

このXiaomi Mi 5Sは、GearBestで38,301円という価格で発売しています。※価格は記事作成時点 / 3GB RAM+64GB ROM版Xiaomi Mi 5S GearBest

GearBest販売ページ: Xiaomi Mi5s 4G Smartphone 3GB RAM 64GB ROM

まだ発売直後という事もあり、価格は若干高めですが、それでもSnapdragon821機がこの価格というのは充分安い。

GearBestからの輸入送料は4-9営業日で届く日本郵政配送(GearBestの配送方法ではPriority Lineという名称)は無料。それより早く届く高速配送の「Expedited Shipping」(DHL)は、わずか406円と激安なので、是非ともこのオプションを付けましょう。
通常の無料配送では15-20営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月かかります。すぐ欲しい方はこのExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。4-7営業日で届く予定で、配送もDHLやUPSなどの有名国際配送業者となる為、安心感があります。

GearBestでの購入方法などは、下記記事に取り纏めていますので、参考にしてください。
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top